秋台風 おかしなスパン 感じ取り

職場の空気が変わった。
昨日まで、どうにか親切だった人が、攻撃に転じた。
管理者もそれに乗る。
疲れてるなら、帰ったらと言われた。
わたしは疲れたなんて言ってない。
このパターンは覚えがある。
どうすれば乗り越えられるのか。
暗い顔をしていては、火に油を注ぐ。
おそらくたんたんと、媚びず、平然と、
覚えてろよあいつら。

この句も読まれています。

百日草 頭支えて 夏を越す 百日草は、かわいい。茎のわりには大きな頭。 焼けるような日差しにも元気。
磯の香の 強し黒海苔 炙る(あぶる)とき... 寿司用の海苔を、軽く炙って、おにぎりを包む。 パアーッと磯の香りが広がる。 春が近いと感じる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
薄暑かな 教習所には 蜃気楼 なんという暑さ。 これが五月だろうかと思う。 自動車学校の道路の先には、ゆらゆらと蜃気楼。 暑いなあと思う。 暑いだけで、疲れる。...
春一番 幸せ吹いて ひとときの 私は天から降るもの、吹く風がすべて好きです。雨もいろいろЖ時雨、五月雨、梅雨、霙。そして霧、霞。台風も雪も。 生暖かい風が強く吹いて、春が来たと教えます。風に吹かれて、一瞬現実を忘れることができるような気がします。 気分転換は恐ろしく下手なんだけど、少しだけ、ひと時だけだけど、気持ちが高揚するのです...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください