秋台風 おかしなスパン 感じ取り

職場の空気が変わった。
昨日まで、どうにか親切だった人が、攻撃に転じた。
管理者もそれに乗る。
疲れてるなら、帰ったらと言われた。
わたしは疲れたなんて言ってない。
このパターンは覚えがある。
どうすれば乗り越えられるのか。
暗い顔をしていては、火に油を注ぐ。
おそらくたんたんと、媚びず、平然と、
覚えてろよあいつら。

この句も読まれています。

遠 く あ り 学 舎 ( まなびや) の 花 あ の 子 ら に... 小川小学校 下里分校 2014 / koziro 学校は遠くに、心の奥のメダルのように、輝いていたり、塗りつぶしていたり、小学校から幾つかの学校に行ったけれど、結局残ったのは、ひとつだけ。 あとは、音信不通。 行かなきゃよかったところもある。 忘れてしまえ、忘れてしまえ。 今のわたしが、わたしかも...
何事も なかった街が 流れ行く 誰が苦しもうと、死のうと街は流れる。いつものように。わたしの苦しさも悔しさもどうでもいいこと。みんな知らないこと。知ったところで、どうでもいいこと。...
春の宵 すみれねずみの ぬくい雨 いつまでも暮れない春の宵。 生あったかい風が吹く。 そぼそぼと雨が落ちてきた。 すみれねずみ色の雨、群青ではなく、桜色でもなく、...
花冷えの 小さな家を 爪先立ち 桜が、ずいぶんと早く咲いた。 この寒さ、床をはだしで歩くことできず、 靴下を取りに行くのは、面倒。 したがって、バレリーナのように、爪先立ちで、踊るように歩く。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です