秋台風 おかしなスパン 感じ取り

職場の空気が変わった。
昨日まで、どうにか親切だった人が、攻撃に転じた。
管理者もそれに乗る。
疲れてるなら、帰ったらと言われた。
わたしは疲れたなんて言ってない。
このパターンは覚えがある。
どうすれば乗り越えられるのか。
暗い顔をしていては、火に油を注ぐ。
おそらくたんたんと、媚びず、平然と、
覚えてろよあいつら。

この句も読まれています。

リップサービス せずと決めたり 吾亦紅(われもこう)... ついつい雰囲気を読んで、和やかにできるよう気を使う癖がある。 人は皆そこに付け込む。 余計なことはいっさい言わないことにした。 どんよりしようが、張り詰めようが知ったことではない。 ただ黙々と自分の仕事を片付けるだけ。...
石蕗の 黄(き)寒空に 色を投げ 紅葉もおおよそ散った今では、庭に咲く花は石蕗だけ。 季節にふさわしからぬ鮮やかな黄色。 丸い葉っぱから精いっぱい首を伸ばしたように咲く。 晴れと曇りの中間くらい、昨日と変わらぬ今日が暮れる。 iPhoneからの投稿...
時雨ても 十一月の 誕生日 別に誕生日が好きなわけではない。十一月が好きなのである。日一日と冬に向かっていくこの季節が、一年で一番好き。みんな誕生月って好きなのかな。美容院に行った。...
「七人の侍」「十三人の刺客」 「十三人の刺客」を先に観た。面白かった。稲垣吾郎の殿様、残虐で狂気。理屈も納得のいくものだし、分かりやすいうえに、わくわく感あり、胸がすっとするし、迫力あるし。「七人の侍」これもその時代のものとは思えない、ひとつひとつ、ことの背景から心象に至るまで、さすが天下に名を轟かせた名作。こちらも引き込まれ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください