福子の 職場 いじめられ日記(2)

福子の職場は支店です。そう遠くない
ところに本店があります。本店では研
修もあります。本店の組長は団塊世代
の女子で、やり手です。ただ何故か福
子のことをとても嫌っています。理由
はよくわかりません。わたしが生意気
だと思われてのことでしょうか。もう
半年以上も前のこと、わたしは本店で
研修を受けました。「あんた、人を信
じたことある?」組長に満座の中で罵
倒されました。研修から事務所に帰っ
た瞬間少しわけがわかりました。
ボスは目を輝かせて「どやった?」つ
まりわたしが組長にどれだけやられた
か確認したかったのでしょう。すぐさ
ま書かされた研修報告書を、息を呑ん
で喜びに震えながら読む様子が脳裏に
焼きついてはなれません。ボスは何を
どう報告したのか、組長にわたしを叩
かせたのです。自分では言いたくなか
ったのでしょう。あの笑顔が、あの人
の人となりです。そんなものと思われ
るかもしれませんが、小さなところに
その人の真髄が表れるものです。人を
さけずんではいけないと思うのです。

この句も読まれています。

雪 だ る ま 生 き 辛 き 世 よ 子 ど も ら よ... 新学期が始まった。 日本のあちこちで、子どもの自殺が続いている。 死ぬほど辛いのだろう。 まだ子ども。 いじめは加減を知らない。 徒党を組む。 学校はあてにならない。 相談したがために、なお一層酷いことになった話もよく聞く。 相談を取り合わない教師もいる。 信じがたいことに、いっしょになって、いじめ...
寒雲の どこまで空か 海荒れて 一面の冬の雲、灰色の海は波荒く、うねるようで恐ろしい。 いつもなら見えるはずの小島も見えず、たたきつける波のしぶきだけ白い。 冬の海は見ていて、すごい、飽きない。...
秋時雨 冷たきままに すすき濡れ 秋の雨は冷たい。 まだ準備の整わない山に里に、しょぼしょぼと雨が降ります。 まだ準備の整わないすすきが、寒いままに濡れそぼるのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です