福子の 職場 いじめられ日記(2)

福子の職場は支店です。そう遠くない
ところに本店があります。本店では研
修もあります。本店の組長は団塊世代
の女子で、やり手です。ただ何故か福
子のことをとても嫌っています。理由
はよくわかりません。わたしが生意気
だと思われてのことでしょうか。もう
半年以上も前のこと、わたしは本店で
研修を受けました。「あんた、人を信
じたことある?」組長に満座の中で罵
倒されました。研修から事務所に帰っ
た瞬間少しわけがわかりました。
ボスは目を輝かせて「どやった?」つ
まりわたしが組長にどれだけやられた
か確認したかったのでしょう。すぐさ
ま書かされた研修報告書を、息を呑ん
で喜びに震えながら読む様子が脳裏に
焼きついてはなれません。ボスは何を
どう報告したのか、組長にわたしを叩
かせたのです。自分では言いたくなか
ったのでしょう。あの笑顔が、あの人
の人となりです。そんなものと思われ
るかもしれませんが、小さなところに
その人の真髄が表れるものです。人を
さけずんではいけないと思うのです。

この句も読まれています。

初夏の 夜風にのせて ジャスミンの... y夜も暑い日が続く。一足飛びに夏が来た。寝るときは窓は開けっ放し。すこし寒いくらいがい い。布団にくるまって寝るのが好き。むっとするようなジャスミンの香りは、香りというより、むせ るようなにおい。「夏が来る」心構えをしなくてはならない。あの体温より高い気温。湿度。...
情 念 の 昇 り 崩 れ て 雪 女 あまりの愛情は、相手を息苦しくする。 オトコが引くのは、当たり前の反応だろう。 「もう一度逢いたい」 と思っても、時間が経つことを味方につけて、自分の気持ちに折り合いをつけ、あきらめるのが常道かと思うのだが、なんせ一途で、さらに人間ではない雪女の情念は、留まることを知らないというか、アタマに組み込ま...
梅雨出水 ダム放流の サイレン低く... 放流のサイレンは、消防車のそれとはちがう。ウーという低い音で、長く尾を引く。わたしは川のふちに住んでいて、年に何回か、このサイレンを聞く。なんとも不気味でもの悲しい。梅雨の低い空、降り続く雨に、不思議と似合う。...
追悼 伊藤通明 先生 伊藤通明先生 ・ 自句自註 「 曼 珠 沙 華 ほ う ほ う と 野 の 煙 出 し 」 先月亡くなった伊藤通明先生の昭和34年の作品。 わたしは縁がなく、お目にかかることがないまま、亡くなった。 気になった「野の煙出し」とは、現在の国立福岡東病院。 そのむかし結核療養所 清光園の火葬場の煙突か...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください