福子の 職場 いじめられ日記(2)

福子の職場は支店です。そう遠くない
ところに本店があります。本店では研
修もあります。本店の組長は団塊世代
の女子で、やり手です。ただ何故か福
子のことをとても嫌っています。理由
はよくわかりません。わたしが生意気
だと思われてのことでしょうか。もう
半年以上も前のこと、わたしは本店で
研修を受けました。「あんた、人を信
じたことある?」組長に満座の中で罵
倒されました。研修から事務所に帰っ
た瞬間少しわけがわかりました。
ボスは目を輝かせて「どやった?」つ
まりわたしが組長にどれだけやられた
か確認したかったのでしょう。すぐさ
ま書かされた研修報告書を、息を呑ん
で喜びに震えながら読む様子が脳裏に
焼きついてはなれません。ボスは何を
どう報告したのか、組長にわたしを叩
かせたのです。自分では言いたくなか
ったのでしょう。あの笑顔が、あの人
の人となりです。そんなものと思われ
るかもしれませんが、小さなところに
その人の真髄が表れるものです。人を
さけずんではいけないと思うのです。

この句も読まれています。

幸あれと 祈りをこめて お雛さま... 私にもお雛さまがあった。何にムカついたか、まま母に捨てられた。 ばあちゃんが買った。まあるい顔をしてた…。...
世 の 中 は 捨 て よ 捨 て よ と 更 衣 ( ころもがえ )... 1/8640 / Yosuke WATANABE / 渡邉 陽介 『断捨離』と言われ出して久しい。 身軽になって、ほんとうに好きなものに囲まれて、ときめいて日々送るのが、いちばん素敵なことらしい。 そのまんま、真に受けて、着るものが無くなった人がいるとか。 テレビでも雑誌でも見たけれど、収納の仕方...
鬼 門 に は 立 ち 塞 が り て 花 八 手... きもんには たちふさがりて はなやつで むかしは何処の家にもあった八手の木。 たいていは、勝手口近く。 子どもには、天狗の団扇のように、大きな葉っぱでした。 秋も深まるこの頃に、白くて丸い球を集めたような花を付けます。 地味なので、うっかり見逃してしまうことも多いものです。 日陰ばかりでは、花は咲...
春霞 鉄路の果ての 菜の黄色 線路はいい。遠くに菜の花畑。黄砂かかすみか、もやーっとして、もうというかようやく春が来た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください