福子の 職場 いじめられ日記(2)

福子の職場は支店です。そう遠くない
ところに本店があります。本店では研
修もあります。本店の組長は団塊世代
の女子で、やり手です。ただ何故か福
子のことをとても嫌っています。理由
はよくわかりません。わたしが生意気
だと思われてのことでしょうか。もう
半年以上も前のこと、わたしは本店で
研修を受けました。「あんた、人を信
じたことある?」組長に満座の中で罵
倒されました。研修から事務所に帰っ
た瞬間少しわけがわかりました。
ボスは目を輝かせて「どやった?」つ
まりわたしが組長にどれだけやられた
か確認したかったのでしょう。すぐさ
ま書かされた研修報告書を、息を呑ん
で喜びに震えながら読む様子が脳裏に
焼きついてはなれません。ボスは何を
どう報告したのか、組長にわたしを叩
かせたのです。自分では言いたくなか
ったのでしょう。あの笑顔が、あの人
の人となりです。そんなものと思われ
るかもしれませんが、小さなところに
その人の真髄が表れるものです。人を
さけずんではいけないと思うのです。

この句も読まれています。

野牡丹の 花の紫 姿やさしき 野牡丹は気取らず、そこにあって、気分よし 嫌いなひとは、いないだろうな。
秋 祭 り 過 ぎ て 浪 音 帰 り 来 し 海辺の町の秋祭り。 笛や太鼓の雅楽の合奏、三味線の音、屋台の呼び込みの声、ついでにいまだに 「親の因果が子に報い〜」の声と賑やかを通り越してけたたましい騒音。 終われば、潮が引くように静かになり、日常が戻り、いつものように聞こえるのは波音ばかり。...
木 守 り に あ れ や こ れ や の 神 頼 み... きまもりに あれやこれやの かみだのみ 柿やユズを収穫する際、木のてっぺんにひとつ実を残しておきます。 来年もたくさん実がなるようにという、まじないのようなものです。 ついでにあれやこれやも願かけし、まったく欲深いものです。 まじないと言っても、実際には鳥が食べることが多いです。 鳥に実り...
河童忌は 胡瓜の料理 夏は来ぬ 河童の好物はきゅうりらしい。 河童の奥さんになるには、胡瓜の料理を三十種もできないといけないと。 川はもう夏の水。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください