磯の香の 強し黒海苔 炙る(あぶる)とき

寿司用の海苔を、軽く炙って、おにぎりを包む。
パアーッと磯の香りが広がる。
春が近いと感じる。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

冬萌えや バサリと雪の 被さりて 地面の下では、着々と春の芽吹きの支度。 よく見ると、あちこちに、春が息をしている。 でもまだまだ寒さは、雪はこれから本番。 ようやく顔を出した、芽吹きにも容赦なくのしかかる。 それでも春は来る。 もう少しの辛抱。 iPhoneからの投稿...
水落とし 時待つ稲穂の 黄金色(こがねいろ)... 稲刈りの少し前になると、田んぼの水は抜かれ、稲はそれを知ったように 稲刈りの日を待つ。稲穂は垂れ、今年も豊作か。...
水 た た へ 植 田 に 映 る 雲 涼 し ようやく田植えも終わり、田圃周りは静かになった。 一面に張られた水に、夏の雲が映っている。 暑いのだけど、水に映る景色の涼しげなこと。...
黄 泉 の 人 勢 揃 い し て 霜 夜 か な... よみのひと せいぞろいして しもよかな 振り返れば、いろいろ。 後悔の連続。 今、逢っておかなければと思うものの、そんなときに限って、身内にいろいろあったりして、思うようにはいかなかった。 もっと話したいことがあって、凍えるような霜の降りる夜には、来てくれるような気がするものです。 こうや...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です