磯の香の 強し黒海苔 炙る(あぶる)とき

寿司用の海苔を、軽く炙って、おにぎりを包む。
パアーッと磯の香りが広がる。
春が近いと感じる。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

くぐもりて 轟き渡り 冬の雷 はじめは、飛行機の音と間違える。 お腹の底に響くような、冬の雷はそんなふうに現れる。 遠く遠くに、次第に近づいて稲光を伴うほどに激しくなる。 まったく稲光というものは、見事、飽きさせない。 冬の雷は夏とちがって、重く低い。...
心 し て 言 ふ て き か せ よ 彼 岸 へ と... こころして いうてきかせよ ひがんへと かんたんに成仏できる人ばかりではないと思うのです。 納得のいかない死に方に悔しくやるせない、やり場のない思いの仏も多いはず。 自分に落ち度のない事故、誤診のせいで命を落とした人、虐待の果てに殺された子。 心やすらかに浄土へ導かれますように。 この世に...
水を打つ 雨を見たさに 車停め 雨が好きです。一年中雨が続けばいい。 洗濯物など乾かなくともいい。街が濡れ、 木々が色を深くし、ふだんは目もくれないため池が 雨にたたかれて、なんとも情緒がある。 まるで水かさが増えているみたい。飽きない。 激しいあめも、しとしとといつ止むともしれない雨も どちらもいい。明日は家中を掃除する。洗濯も...
浜よりの 遠さ程よし 放生会(ほうじょうや)... 幼い頃、箱崎の海で泳いだというか、遊んだことがある。 黒い大粒の小石が多かったと記憶している。 水族館もあったと思うけど、記憶違いか。 確かめようにも、もう親もいない。 海からお宮までの参道には、当時から電車道や道路が突っ切っていたが、 その電車も小さくてよかった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください