石 蹴 り も 缶 蹴 り も な し か や つ り 草

いしけりも かんけりもなし かやつりそう

学校からの帰り道。

石や空き缶を見つけては交代で蹴りながら遊びながら、帰ったものです。

かやつり草は、今もそこここに健在ですけれど、穂先の一本一本を丸く外側にまとめて、傘を作って遊ぶ子などいるわけもない。

親も子も、みんな忙しい。

この句も読まれています。

喜 雨 で あ れ 列 島 縦 断 緑 な れ きうであれ れっとうじゅうだん みどりなれ 迎え梅雨というにもまだ早いのですが、今日明日は九州から東北まで強い雨が西から東へ走るという予報です。 しばらく雨のなかった大地は、からからに乾いており、これで息を吹き返すと思われます。 山も平地も、緑はいちだんとみずみずしく、直ぐそこに迫った田植え...
し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に... しめなわに みのりのいなほ そのままに 道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。 稲穂をそのまま。 くるりと巻いて止めただけ。 あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。 お米がそのまま実った状態ですから。 むかしの人が見たら、もったいない...
晴れの席 苦手なりしか 実山椒 知らぬ間に、赤くなってた実が裂けて山椒の実ができていた。 目立たない。とにかく目立たない、でも大きな仕事をする。 そんな人がいる。 わたしはそういうタイプの人の思いを紐解くことができず、 口先三寸の適当な人間の口車に、つい乗りそうになる。...
寒 夕 焼 水 平 線 を 発 信 源 用事を済ませて帰ろうと外に出た。 冬の夕焼け。 空気が冷たいから、より発色がいいような気がする。 出どころは海。 海の彼方から扇状に広がって、青空と雲を巻き込んで茜色。 もう間もなく早い夕暮れが迫る。 この空に逢えて、今日はよかった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です