石 蹴 り も 缶 蹴 り も な し か や つ り 草

いしけりも かんけりもなし かやつりそう

学校からの帰り道。

石や空き缶を見つけては交代で蹴りながら遊びながら、帰ったものです。

かやつり草は、今もそこここに健在ですけれど、穂先の一本一本を丸く外側にまとめて、傘を作って遊ぶ子などいるわけもない。

親も子も、みんな忙しい。

この句も読まれています。

う つ む き て 麦 踏 み 夕 陽 落 つ る ま で... うつむきて むぎふみゆうひ おつるまで 最近は麦を育てる農家は減ってきたようです。 長い間稲作の裏作として植えられてきたものです。 稲の刈り入れが済んだ田に、新たに畝を作って麦を撒きます。 麦は寒いときでも伸びるのです。 冬の終わりから、春のはじめにかけて、伸び過ぎないように押さえて、霜で浮き上が...
夏が来た じゃあまたねからの 生き地獄... 別れるときの、「じゃあまたね」ほど残酷な言葉はありません。 二度と会う気もないくせに、 それを十分感じ取りながらも、ついつい待ってしまう。 ついには掃除機の音が、電話のベルに聞こえてしまう。 忘れることのできない、長い長い、それこそ生き地獄なのです。                   遠い遠い記憶...
凍 滝 の 裏 の つ ら ら の 雫 か な ときどき通る、ダムに通じる、山道と言うほどではない 春先なら緑あふれる森林浴パワー全開の細い道。 このところのあまりの寒さに、山間の、滝と言えるかどうか それでも普段は一応水の流れ落ちる涼やかな音を立てている小さな滝はつららの結集のように姿を変えた。 すべてが凍りついたわけではなく、裏側の氷柱は完全...
荒 星 や 肉 親 の 縁 薄 き と て あらぼしや にくしんのえん うすきとて 年寄りが言う、迷信のような言葉や言い伝えは、若いころは馬鹿にしてろくに聞きもしなかったけれど。 人にはそれぞれ、持って生まれた「さだめ」なるものがあるらしいとのこと。 ジムで、友だちになった呑み屋のママがサウナで言っていました。 もしかしたら当たっているのか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください