石 蹴 り も 缶 蹴 り も な し か や つ り 草

いしけりも かんけりもなし かやつりそう

学校からの帰り道。

石や空き缶を見つけては交代で蹴りながら遊びながら、帰ったものです。

かやつり草は、今もそこここに健在ですけれど、穂先の一本一本を丸く外側にまとめて、傘を作って遊ぶ子などいるわけもない。

親も子も、みんな忙しい。

この句も読まれています。

我が思い 訴えるほど 鶏頭に似て ああだった、こうだった、相手が思い出せないほど、昔の小さな思い出を 一生懸命明るく言えば言うほど、わたしはみっともなくなっていく。 ちょうど今、農家の庭先に咲く、植えたわけでもない、咲くのを待つわけでもない、大きく咲けば咲くほど 頭でっかちの異様な形の、変に目立つ鶏頭のようです。 頑張れば頑張るほど...
え つ 漁 の 客 行 き 交 ふ て 船 頭 傘... えつりょうの きゃくいきこうて せんどがさ エツは、筑後川でしか採れない、うつくしい魚です。 形はナイフのように研ぎ澄まされています。 えつ漁は、五月から七月初旬までとされます。 絶滅危惧II類に指定されており、守っていかなければいけないのだそうです。 遥かむかし、筑後川の船着き場にいた、みすぼ...
一 村 を 滝 壺 に せ り 送 り 梅 雨 いっそんを たきつぼにせり おくりつゆ もう30年以上前の話です。 長崎豪雨。 あの年は、じとじとといつまでも梅雨が明けず、洗濯物は生乾き、乾燥機など無かった時代でした。 わたしは体調を壊し、以前経験した貧血だろうと勝手に決めて、市販の大瓶の真っ赤な錠剤を飲み干し、それでも良くならないものだから、...
気が合うと 思うたにもう 秋の風 この人とは仲良くなれると思って、すぐ裏切られることが二度続いた。なにをやっているんだろう、いい歳をして。 いままでそんなことはなかったのに。別に友達が欲しいわけでもないのに。馬鹿になったのか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください