短 日 や 飲 み 屋 早 め の 店 開 き

日が長いうちは、今頃からいいのかしらと思ったりもするが、日暮れが早いこのごろは、気分もゆっくりと、時期は早々と忘年会。
混まないうちに、予約が取れるうちに、女子会。
いくつになっても女子会は女子会。
オトコになるわけじゃないんだから。

この句も読まれています。

秋 の 空 サ ー カ ス の 唄 ア コ ー デ ィ オ ン... あきのそら サーカスのうた あこーでぃおん 小学校の低学年。 遠足は、春は武蔵寺で、藤の花、秋はいろいろ、三月のサヨナラ遠足は太宰府園の遊園地。 お決まりでした。 いくつもの鳥居を通り、最後の鳥居の手前で、当時、傷痍軍人と呼ばれた、もうその時ですら、戦争から二十年近く経っていたと計算するので...
梅 雨 湿 り 土 間 冷 え び え と ひ た ひ た と... 三和土というか、土間をご存知だろうか。 玄関が広くて、自転車も難なく停められる。 セメントで固めた愛想のないものである。 梅雨の湿りが影響するようで、ひたっと吸いつく感じがある。 今の家にはない。 玄関と裏口が繋がって、風が通るところもある。 冬は、この土間があるために、部屋が暖まらない。 でも、わ...
う ら ら か や 干 支 ( えと ) ま で 嘘 言 ふ 女 あ り... 年齢をふたつみっつ若く言う人は見たことがあります。 干支まで、ぴしゃりと嘘が言えるとは大したものです。 ふつうは、そこまでは考えていないから、うっと詰まるものですけど。 感心します。...
問うてから 答えに間のあり 春の月... 春の月、ぼんやりとおぼろ。 何か聞いて、しばらくして、返事のある、ぽやんとした人を連想する。 それはそれで、じゅうぶん魅力的です。 わたしは、ゆったりと、でもしっかりと考えてから答える、上品で誠実な人がすきです。 そうなりたいと、努力もしてはおりますが、道半ばというより、はるかです。 おっとりした印...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください