短 冊 の こ よ り は 出 番 生 身 魂

たんざくの こよりはでばん いきみだま

イキミダマとは、お年寄りを、尊敬の念を持って言う、俳句ことばです。

今、保育園や幼稚園の七夕の短冊や飾りは、どうやって竹笹に結びつけているのでしょう。

お年寄りの通うデイケアやデイサービスでは、昔ながらの「こより」を皆さん、といっても女性の皆さんに作ってもらっています。

ヨレヨレしないで、ピンと立つのがじょうずとされ、うまく出来るようになれば、イイトコにおヨメに行けると、女学校の先生に言われて、励んだけれど、ちっとも良くなかったなどと、人生の総括、恨みつらみを混ぜながら、おしゃべりに花が咲きます。

この句も読まれています。

さくらんぼ たまには人を 喜ばせ この季節になると、山形のさくらんぼと、アメリカンチェリーが並びます。 やっぱりさくらんぼがかわいい。買ったことないけど。...
誰読まぬ 百科事典に 春嵐 むかし、家に百科事典を、それも居間や玄関などの人目に付くところに、飾ることが 流行った時代がある。 子どもはあまり読まずに巣立ち、孫は見向きもしない。 それにもう、時代にそぐわないものになっているけど、 相変わらず同じところに鎮座ましましている家は、ある。 何十年の月日をこえ、巡る季節を過ぎ、何十回...
こ い つ と は 最 早 此 処 ま で 冬 薔 薇... こいつとは もはやここまで ふゆそうび 「あゝ、終わった」と心が決める瞬間があります。 もちろんわたしも「あゝ、終わった」とあちこちで思われてきたのでしょう。 親兄弟も同じこと。 わたしには、とっくに終わった妹が二人もいます。 ただ嫌いになったというだけではないのです。 この先付き合うと、自分のこ...
ほ と ば し る 秋 立 つ 山 の 湯 治 場 に... ほとばしる あきたつやまの とうじばに 病を抱えた人々が、温泉地で湯治と称して、自炊をしながら温泉に入ることで治療をすることは、昨今見かけなくなってはきましたが、有名な温泉地には根強く受け継がれているようです。 噴き出す湯気を持て余す山と湯治は相性がいいようです。 別府には、大学の温泉研究所な...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください