短 冊 の こ よ り は 出 番 生 身 魂

たんざくの こよりはでばん いきみだま

イキミダマとは、お年寄りを、尊敬の念を持って言う、俳句ことばです。

今、保育園や幼稚園の七夕の短冊や飾りは、どうやって竹笹に結びつけているのでしょう。

お年寄りの通うデイケアやデイサービスでは、昔ながらの「こより」を皆さん、といっても女性の皆さんに作ってもらっています。

ヨレヨレしないで、ピンと立つのがじょうずとされ、うまく出来るようになれば、イイトコにおヨメに行けると、女学校の先生に言われて、励んだけれど、ちっとも良くなかったなどと、人生の総括、恨みつらみを混ぜながら、おしゃべりに花が咲きます。

この句も読まれています。

梅雨を聞く 泥のごとくに 疲れいて... 待望の梅雨入りだというのに、からだはずぶずぶに疲れて、起きることさえつらい。布団のうえで、指を動かしてみる。寝返りをうってみる。からだが元気なら、あいつが言った事、情けなかったこと、悔しいことなど、頭に浮かんでは消え、浮かんでは消えするのに、ありがたいことに、なにも考えられない。人間は動物だから、自...
ツ ユ ク サ の 群 生 の あ り 廃 教 会... ツユクサ / houroumono いつの頃からか、使われなくなった教会。 屋根の十字架はそのままに、庭は秋の草 花の咲き乱れ。片隅にツユクサの群生を 見つけた。これほどの群生は、見たこと がない。今日はいい日だ。ツユクサの、 あの嘘みたいな青い色、服の色ならさぞ うんざりするだろうあの青。朝だけ...
秋惜しむ 蔦のもみじの 落ちぬ間に... 今の季節が一年で一番好きです。いじめに遭って、10年を超える歳月を勤めた職場を去ることにした今年でも、 この季節の空気は、しばし現実を忘れさせてくれます。壁に這う蔦がなんともいえない素敵な色に染まっていて わくわくします。どうぞこのまま。...
さっきとは 言うことがちがう スズメバチ... うちは残業はありませんからって言ったくせに、嘘ばっかり。五時半までなのに、六時十五分にならないと帰れない。六時頃になると、疲れて帰りたくなるんだけど、どうもそれがバレバレらしくて、そわそわされると気分が悪いって。三時過ぎたら、時計を見ないことにした。人が帰りだすまで。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください