短 冊 の こ よ り は 出 番 生 身 魂

たんざくの こよりはでばん いきみだま

イキミダマとは、お年寄りを、尊敬の念を持って言う、俳句ことばです。

今、保育園や幼稚園の七夕の短冊や飾りは、どうやって竹笹に結びつけているのでしょう。

お年寄りの通うデイケアやデイサービスでは、昔ながらの「こより」を皆さん、といっても女性の皆さんに作ってもらっています。

ヨレヨレしないで、ピンと立つのがじょうずとされ、うまく出来るようになれば、イイトコにおヨメに行けると、女学校の先生に言われて、励んだけれど、ちっとも良くなかったなどと、人生の総括、恨みつらみを混ぜながら、おしゃべりに花が咲きます。

この句も読まれています。

水 盤 に ま ず は 丸 い 葉 石 蕗 (つわ) の 花... Tsuwabuki / ototadana つわぶきの花、あざやかな黄色、素直な単純な形のいい花。葉は、丸い形で、とても魅力的で、花瓶に挿すときも、花器に活けるときも、この葉を使わない手はない。艶のあるきれいな緑色をしている。...
暮れぬ夜の 紫の空 黒い底 昼が長い。なかなか暮れようとしない空は、薄紫色、すこしずつ、すこしずつ濃くなる。 森は暗く黒く、底しれない色に変わっていく。小さいコウモリが集団で飛んでいく。 いい季節。...
廃 路 な ら 片 付 け 給 へ 夏 み か ん... はいろなら かたづけたまえ なつみかん 水害のあと、ああだこうだと大騒ぎした結果、廃線と決まったらしいです。 だたでさえ赤字路線で、でも他に交通手段のない地区を見放すとも言い出しづらく、洪水で線路や駅舎の一部が流されたのをコレ幸いに、沈痛な面持ちで、「やむなく…」と。 あの魅力的な単線を無くし...
裏 山 は 釣 瓶 落 と し に 鬼 と な る... うらやまは つるべおとしに おにとなる 山に沿って建てられた家々が地すべりの被害を受けました。 昼間は、あれこれとやることも考えることもたくさんあって忙しかろうと思われますが、釣瓶落としの秋の夕暮れには、裏の山はさらに大きく迫り、恐ろしいものにへんげするのではないか。 隣町には、こんなところは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください