短 冊 の こ よ り は 出 番 生 身 魂

たんざくの こよりはでばん いきみだま

イキミダマとは、お年寄りを、尊敬の念を持って言う、俳句ことばです。

今、保育園や幼稚園の七夕の短冊や飾りは、どうやって竹笹に結びつけているのでしょう。

お年寄りの通うデイケアやデイサービスでは、昔ながらの「こより」を皆さん、といっても女性の皆さんに作ってもらっています。

ヨレヨレしないで、ピンと立つのがじょうずとされ、うまく出来るようになれば、イイトコにおヨメに行けると、女学校の先生に言われて、励んだけれど、ちっとも良くなかったなどと、人生の総括、恨みつらみを混ぜながら、おしゃべりに花が咲きます。

この句も読まれています。

人の世は 水割りの氷 春の宵 水割りの氷もそう。あるところまでは、そのまま溶けるが、くるっとひっくり返るところがある。それがいつかわからない。  ...
死 刑 あ り 宇 美 刑 務 所 の 金 木 犀... しけいあり うみけいむしょの きんもくせい 死刑が出来るということは、刑務所のランクとしては、相当高いということでしょう。 過去には、死刑執行後になって冤罪と言われ、今も騒がれている事件もあるようです。 化学の進歩で、当時のDNA鑑定が当てにならないものだったと、今になってあきらかにされたという恐...
夾 竹 桃 浮 世 の 義 理 は 欠 き て 咲 く... Nerium oleander / 夾竹桃(キョウチクトウ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 夏真っ盛り。 近所の公園は、朝夕は別として、炎天下の真昼は人っ子ひとりいない。 通り過ぎる人もいない。 ただ夾竹桃の花が、咲き誇っているだけ。 原爆の落ちた広島で咲いたという。 牛が食べたら...
更 衣 へ (ころもがえ) 見 舞 う た 笑 う た こ の 服 で... father #7 / Yosuke WATANABE / 渡邉 陽介 去年の今頃、軽い気持ちで見舞いに行った。 顔色は悪くなかった。 軽口をたたいて、退院はいつかとか、節制がなってないとか、医者に厳しさが足りないとか。 いい人だった。 穏やかな、人懐っこい笑顔が浮かんでしょうがない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください