目 分 量 沢 庵 漬 け の 逞 し さ

めぶんりょう たくわんづけの たくましさ

沢庵を漬けるには、大根の重さに応じて、塩や砂糖、糠などを入れます。
大根の重さに応じてというところが、難しいところです。
料理の秤では計れない重さですから。
そこは年の功です。
年季です。
手掴みで、ほいほいと入れていきます。
姉さん被りに、自信があふれます。
世の中は、外で働くママたちを応援する風潮ですが、こんなふうに家族や周りの人々のために生きる人生も重みを感じます。

この句も読まれています。

冬木立つ 潔きこと 思い切り 冬の空に、葉の落ちてしまった枯れ木がすっきりと枝を伸ばしているのを見るのは、 気持ちがいいものです。 余計なものを振り落として、身軽になって背伸びしているみたいです。...
来た道の 辛さ集めて 波の花 冬の海は暗くて、厳しい。あまり明るいことは考えられないもの。過ぎてきた季節を、歩いてきた道を想うとき、辛かったことが走馬灯のようにつらつらと浮かぶものです。それにしても冬の海はいい。風は強いほうがいい。波がぶつかり合い、波の花が出来るほど、寒いのがいい。...
蝉 (せみ) 鳴 い て 一 身 汗 の 穴 とな る... A sunflower / Takashi(aes256) たぶんこれで梅雨明けだろうと思う。 最近の気象庁は、明けてしばらく経ってからでないと 梅雨明け宣言しない。 湿度も高いのだろう。 わたしは夏が苦手で、このごろは10月までが夏。 一年の半分は夏になってしまって、困っている。...
秋澄むや 出勤のごと 職安に とにかく落ち着かない。前向きなんかでは決してなく、何か次を抱えてないと不安で仕方がないだけ。不採用になったとき、次にすることや、待ってるものがないと、へこむから、外からみると、活動的で元気に見えるようだ。自分的には不安神経症だと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください