目 分 量 沢 庵 漬 け の 逞 し さ

めぶんりょう たくわんづけの たくましさ

沢庵を漬けるには、大根の重さに応じて、塩や砂糖、糠などを入れます。
大根の重さに応じてというところが、難しいところです。
料理の秤では計れない重さですから。
そこは年の功です。
年季です。
手掴みで、ほいほいと入れていきます。
姉さん被りに、自信があふれます。
世の中は、外で働くママたちを応援する風潮ですが、こんなふうに家族や周りの人々のために生きる人生も重みを感じます。

この句も読まれています。

兼 用 の 傘 と 薬 と 持 ち 歩 き むかしは日傘で、おおかたよかった。 最近の気候は、晴雨兼用の傘の出番が多く、売り上げも伸びているとか。 バックに、兼用傘と常備薬持っておけば安心。 使わなくとも。 乗り物に乗っても。 降りても。...
長き夜は 能古島の 片思い 井上陽水の「能古島の片思い」が好きです。 熱いコーヒーを飲みながら、聞きます。 もちろんひとりです。
煌 め きて 星 は 霜 夜 を 連 れ て 来 し... きらめきて ほしはしもよを つれてこし 霜は、曇った夜ではなく、満天に星のきらめく晴れた夜降りるのだそうです。理由は、夜空が晴れていると放射冷却によって気温が下がり、大気中の水蒸気が細かな水の結晶を結ぶからだそうでず。 これが霜。 逆に夜空が雲に覆われていると、地上の熱が失われずに暖かいので、霜は...
冬の雷 何の前ぶれ 胸騒ぎ 人生において、良くないことは突然起きます。 事故でないかぎり、ひたひたとその予兆はあるものだと思うのですが、 なかなか気づかない。 それで失敗を重ねて、慎重に歩くようになったわけですが、 今度はずいぶんと臆病になって、ちょっとしたことでも 震え上がってしまい、人生は良くないことの前兆ばかりとなりまし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください