目 分 量 沢 庵 漬 け の 逞 し さ

めぶんりょう たくわんづけの たくましさ

沢庵を漬けるには、大根の重さに応じて、塩や砂糖、糠などを入れます。
大根の重さに応じてというところが、難しいところです。
料理の秤では計れない重さですから。
そこは年の功です。
年季です。
手掴みで、ほいほいと入れていきます。
姉さん被りに、自信があふれます。
世の中は、外で働くママたちを応援する風潮ですが、こんなふうに家族や周りの人々のために生きる人生も重みを感じます。

この句も読まれています。

生真面目に 文字盤のあり 時計草 lトケイソウは好きな花の一つです。 紫の色もいいし、なによりていねいに作られたようなあの形態がおもしろいと思うのです。 つる性であちこちに絡みながら伸ばしていきます。...
菜の花を 行くひとり行く 春連れて... 季節を連れ歩く子どももいるのである。 連れてでも歩かねば、進みようがないからである。 空気を吸い、においやしょえるだけのありとあらゆるとにかくそのまんまをクソみたいに抱えあげて、 下を向いて、ただ歩く多分そのときは、それだけ。 時間がたてば、荷物をおろす。...
黄 落 を 誘 ふ か 和 太 鼓 少 し 鎮 ま れ... 老人ホームにボランティアの和太鼓のクラブ。 秋の高い空、澄んだ空気、その一日を身内ではないお年寄りのために楽器の演奏。 太鼓は思いのほか体力が必要とされ、腕力はもとより、腹筋、脚力日頃の鍛錬のたまものだろう。 施設の玄関前に椅子を並べ、当然車椅子のためのスペースもあり、太鼓をいくつもセットして、準備...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください