盥 ほ ど 空 き 地 の あ ら ば 茄 子 植 う

たらいほど あきちのあらば なすびうう

なすびの花、なすびの色。

とくに肥料などやらずとも、まあまあのナスは収穫できます。

日当たりのいいわずかな土地があれば、それなりに楽しめるものです。

この句も読まれています。

蝉のごと 鳴いてばかりで 振り向かず... ジージーとうるさく鳴き続ける蝉。訴えるばかりでは男は振り向かぬ。手立てを学べ。雰囲気つくれ。
蜻蛉の 先行き後行き 初の盆 初盆の家をたずねて帰る折、後になり先になりしてトンボがとぶのです。 同じトンボではないのかもしれないけれど、亡くなった人をかさねて、思い出すのです。...
蝉 時 雨 泡 い っ ぱ い に 茶 を 点 つ る... せみしぐれ あわいっぱいに ちゃをたつる 裏千家は泡を立てませんが、表は泡が立つように、空気を巻き込むように茶せんを動かします。 灼熱地獄、ジージーワンワンと蝉はほぼ一日中鳴きわめきます。 セミと張り合うわけではないけれど、限界まで茶せんを回してしまいます。...
投 函 を 指 差 し 呼 称 花 氷 とうかんを ゆびさしこしょう はなごおり 大切な手紙を、何日もかけて書いた。 まるでむかしの作家のように、書いてはポイ、書いてはポイ。 その日のうちに集荷のあるポストを事前に調べていて、わざわざ出向き、投函し、「よし、入れた」 バカじゃないの。 忘れるわけないのに。 着くまで、落ち着かない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください