盥 ほ ど 空 き 地 の あ ら ば 茄 子 植 う

たらいほど あきちのあらば なすびうう

なすびの花、なすびの色。

とくに肥料などやらずとも、まあまあのナスは収穫できます。

日当たりのいいわずかな土地があれば、それなりに楽しめるものです。

この句も読まれています。

浜風の 聴こえる心地 放生会(ほうじょうや)... むかしはもっと浜が近かった気がする。 あっちもこっちも埋め立てて、海岸はなくなった。
鳳 仙 花 傷 つ く ほ ど に 紅 う な り... ほうせんか きずつくほどに あかくなり もともと薄いピンク色。 種が熟して弾けるころには、紅く変貌します。 放っておいても、タネは飛び散るのだけれど、弾けるときの感触と、皮がくるりと反り返るのが面白くて、つぎつぎ触っていったものです。 あのころに比べたら、すっかり見かけなくなってしまいました。 と...
残 留 孤 児 凍 て た る 大 河 地 平 の 陽... 牡丹江 (ぼたんこう) 中国と北朝鮮、ロシアの国境近くを流れる大河。 寒さが厳しいため、厳冬期には凍ると聞きます。 地平線の見える満州では、赤い夕陽は、転がると言われます。 中国残留日本人孤児には、この牡丹江周辺に置き去りにされたという人は多く、苛烈な人生を送り、すでに中年といわれる年齢を過...
春 耕 の ま ず は 一 服 す ぐ 一 服 上林春松本店 新緑 / Norio.NAKAYAMA 老夫婦であろうか。準備万端。お茶から、何やらお茶うけ?おやつ?ようやく風も春になり、外で過ごすことが気分よくなった。休憩ばんざい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です