盆の雨 天涯橋の 袖濡らし

お盆にはあの世の人が帰ってくるという。わたしは宗教とは縁のない人間で、墓参りもしない。てんがい橋なんて、変な名前。天涯孤独な人も、盆には帰ってくるんだろうか。

この句も読まれています。

苦 瓜 の ネ ッ ト の 向 こ う 小 糠 雨... にがうりの ネットのむこう こぬかあめ 南向きの窓、夏は日差しが強いので、白ゴウヤというゴウヤを植えることにして、ツルが満遍なく這うように、ネットを張って、準備をしました。 とびとびに苗を植えて、準備万端です。 うちの中から見ると、腰高の窓なので、苗は見えず、ネット越しに空が見えます。10センチ四...
虫の声 夢の続きの 入り(はいり)道 夜中に目が覚める。 いっぱいの秋の虫の合唱で、ふたたびまどろむ。
初 秋 や 比 叡 (ひえい) お ろ し は 顔 で 受 け... 六甲おろし? / mah_japan わたしは○○おろしという言葉が 好きである。六甲おろし、比叡おろ し、山から吹きおりる北風のことだ と思う。山を見て、風を全身で受け る。いろんなことが、思ってもない 方向へ転がる。先のことはわからな い。吹く風のまま。明日はどんな風 が吹くのやら。...
学校の 夏を守るか 蝉しぐれ 小学校はついこの頃夏休みにはいりました。ひと気のない学校は門もピタッと閉ざされて、ただ朝の蝉時雨が凄まじいこと。また子供たちがもどる日まで、続くのだろうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください