盆の雨 天涯橋の 袖濡らし

お盆にはあの世の人が帰ってくるという。わたしは宗教とは縁のない人間で、墓参りもしない。てんがい橋なんて、変な名前。天涯孤独な人も、盆には帰ってくるんだろうか。

この句も読まれています。

冬木立つ 潔きこと 思い切り 冬の空に、葉の落ちてしまった枯れ木がすっきりと枝を伸ばしているのを見るのは、 気持ちがいいものです。 余計なものを振り落として、身軽になって背伸びしているみたいです。...
今 朝 の 虹 老 練 の 恋 程 を 読 み けさのにじ ろうれんのこい ほどをよみ ずいぶん前「マディソン郡の橋」というのがありました。 世間では好評だったようでした。 あまり美しいものだとは思えなかったけれど、実際には年を重ねてからの恋愛はあるものだと思います。 ジムに、外を走って、ロッカーと、入浴だけを提供するコースが、以前からあったも...
梅雨出水 音色を変えて 強くなり 激しい雨が続く。雨の音が続く。一段と激しくなると、雨音にかぶさるように、一段高いトーンに変わる。雨音を聞くのが好きだ。なにより飽きない。寒いけど、窓は少し開ける。よく眠れるような気もする。ただ夢もよく見る。...
猿 出 た と 絶 叫 役 場 広 報 車 さるでたと ぜっきょうやくば こうほうしゃ クマでもイノシシでもない、サルくらいいいじゃないか、柿でも食べに来たんじゃないかと思うのだけれど、赤ちゃん連れのママたちには脅威でしょう。 那珂川町の広報車が、村道、農道を走り回ります。 わたし、二、三度見たことあるけど。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください