盆の日に 弔う人なく わびしくもなく

墓参り、親戚回り、親族の集い、なーんにもしなくともよい。
所詮一人。
人などあてにはならぬ。

この句も読まれています。

草取りの 手を止め毛虫を 焼き始め... 樹にも薔薇にも、いっぱい毛虫がついているのを、草取りの途中で 発見した。 これはもう放っとけない。 みるみるうちに若い葉っぱを食い荒らす。 チャッカマンで焼いた。 おもしろかった。...
疲れきて 銀杏落葉の 雨を踏む k体の芯まで疲労していると実感する瞬間がある。買い物にも寄れない。雨の銀杏落葉を踏み踏み帰路につく。晴れていれば、金色に輝く銀杏の落葉が雨に沈んでいる。もったいないこと。...
行 き 当 た り ば っ た り に 見 へ 沙 羅 双 樹... いきあたり ばったりにみえ しゃらそうじゅ 世の中は、決められたようになっていると以前に聞いたことがあります。 偶然と思われることは、すべて必然で、何もかもすでに決められたことだというのです。 ことの真相はわからないけれど、もしそうなら、七転八倒苦しんだり、死ぬほど努力したりはイミのないことなので...
運 動 会 バ ン ド エ イ ド で 納 得 し... 近所の保育園で大運動会。 一人前の音楽をかけ、かけっこをしているが、ぶつかるは、転ぶは、果敢に起き上がったはいいが反対側に走り出したり、覗いていて退屈しない。 幼いから、転べばすぐ泣き出す。 先生も心得たもので、おもむろにバンドエイドを貼る。 魔法の言葉を添えているのではと思うほど、効き目があって、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください