盆の日に 弔う人なく わびしくもなく

墓参り、親戚回り、親族の集い、なーんにもしなくともよい。
所詮一人。
人などあてにはならぬ。

この句も読まれています。

家 族 の 名 連 ね  秋  日 の 赤  ポ ス ト... かぞくのな つらねあきびの あかぽすと むかしはそうだった。 赤い決まったかたちのポストには、家族の名前を年寄りから順番にぜんぶ書くものだった。 世の中が変わって、名札も傘も名前を消した。 表札などもってのほか。 この先も、当たり前があたりまえじゃなくなるのだろう。 ついて行く自信がない...
柿落ち葉 過ぎて戻りて 一枚拾う 通りすぎて、わざわざ戻った。あまりにも見事な柿落ち葉。本に挟んだけど、どの本か忘れた。
冬 帽 の て っ ぺ ん ぴ ん と 立 て て や る... ふゆぼうの てっぺんぴんと たててやる むかしの冬帽は、てっぺんに必ず大きなぼんぼんが付いていたものです。 最近の流行りはそれがないから、ぺこっとへこみます。 気になるから、真ん中の絞ったところを、そっと引っ張り出してやります。 気づかれないように。 エレベーターの中で、後ろに立って。...
フ リ ス ビ ー 探 す 草 む ら 薊 原 ふりすびー さがすくさむら あざみはら 大樹の陰になって見えなかった草むらに、アザミの群生を見つけました。 トゲがあって、扱いにくい花ですが、かわいい花の形と深い緑に惹かれる魅力的な花だとわたしは思います。 今ごろのアザミは背が高く、濃い紫ですが、もしかしたら種類が少し違うのかもしれないのですが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください