盆の日に 弔う人なく わびしくもなく

墓参り、親戚回り、親族の集い、なーんにもしなくともよい。
所詮一人。
人などあてにはならぬ。

この句も読まれています。

保 険 の 歯 笑 顔 が い い と 褒 む 大 暑... ほけんのは えがおがいいと ほむたいしょ 大暑、陽暦 7 月13日ごろ。 年をとると、白内障の手術やら、入れ歯、補聴器となにかと物入りで困ります。 前歯なんか、保険の歯はみごとなまっ白で可笑しいのだけれど、本人が「保険の歯、保険の歯」と気にしているので、笑うわけにはいかず、ホントのことも言えな...
第55回 全国俳句大会 主催 俳人協会... 入選 春 愁 や 追 伸 長 き 手 紙 来 て 三村純也先生 選
あ れ や こ れ 想 い 散 ら か し 秋 日 和... いい気候になって、とてもうれしいのだけれど、相変わらずこざこざと、次から次に煩わしいことの連発。 いいと思ったことは、それほどいいこともなく、最高と思ったことは、最悪へのスタートラインだったり、眠れないほどの心配ごとは、時が移れば、何とは無しに落ち着いてきたり、ぜったい揺るがないと長く信じた人は、思...
「大阪池田小大量殺人事件」の宅間守 【訂正】... 先日、佐木隆三著 「大阪池田小大量殺人事件」の読後感めいたものを書いたけれど、あまりに著者に引きずられた感が否めず、なんか自分の中で引っかかっていましたので、しばらく自分なりに考えて、訂正すべきは訂正したいと思ったわけです。 宅間自身の言葉 「素質、運、環境だけでは片付けようのない、故意に邪魔する...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください