白 鷺 も 餌 (え) の あ る う ち に 子 は 巣 立 ち

ツバメも雀も鷺も、早々と独り立ちする。
秋の収穫の時季、田んぼや野山にたっぷりと食べ物があるうちに、取り方、あるとこを教えておく。
いずれ来る冬に備えて。
いつまでも一緒にいるわけにはいかない親の務め。

この句も読まれています。

いつまでも 待てるものかと 山笑う... わたしは待つということが、とても苦手。つまりじーっと我慢することが苦手で、すぐしゃかしゃか動いてしまう。その結果どれほど人生をだめにしたことか。人を待てない。状況が変わるのも待てない。ゆっくりゆっくり歩くことが大事だとくことは、しっかりわかっているつもり。こんなふうだから、自分が成長しない気がする。...
彼岸花 人の気持ちの 裏が見え まだ暑い。が、空はこころなしか高く、秋の気配。このごろ人の本心がちらちら垣間見える気がする。昔はなんで単純に、おとこなんか好きになったんだろう。...
畑を焼き 畦をなめ 空巻き上がり 野焼きの季節が来た。 あまりの火の勢いに、おののくのは毎年のこと。巻き上がる炎は時に激しく、空気を巻き上げるように思われ、もう手を つけられない。あとに残る藁の焼けたにおいが、なつかしい。いつまでも残り、通り過ぎる車の中まで入ってくる。...
寒菊は 小さな玉の 寄り添いて 咲いている花、いまから咲こうとしてる花、つぼみがひとつの枝にいっぱいです。 小さいことはいいことだなと思います。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください