白 鷺 も 餌 (え) の あ る う ち に 子 は 巣 立 ち

ツバメも雀も鷺も、早々と独り立ちする。
秋の収穫の時季、田んぼや野山にたっぷりと食べ物があるうちに、取り方、あるとこを教えておく。
いずれ来る冬に備えて。
いつまでも一緒にいるわけにはいかない親の務め。

この句も読まれています。

海 べ り に 小 浜 ち ゃ ん ぽ ん 具 に 浅 蜊... うみべりに おばまちゃんぽん ぐにあさり 名物にうまいものなしと聞くけれど、 雲仙のふもと、小浜のチャンポンは美味しかった。 アサリは3月から4月が旬で、身がぷりぷりしているのですが、総じて小柄になってしまいました。 収穫後一ヶ月、其処の海に置けば、産地は最後の海になるとか。 中国で採って、熊本...
一 晩 の 村 時 雨 秋 終 は ら し む ひとばんの むらしぐれあき おわらしむ 夜中じゅう吹いた風と少し強い雨が、わずかに残っていた紅葉をすべて落とし、気温もぐっと下がり、秋はおしまい。 すっかり冬の風情です。 あっちもこっちもイルミネーションで、いささかへきえきしています。 かがり火を見るのはいいものですが、電飾は好きになれませ...
刈田では 足をとられて 歩かれず 稲刈りの終わった田んぼは、はてしなく広くて、子どもの格好の遊び場のようです。 でも実際には整然と残った株が足首をコクコクと捕まえて、歩けないのです。...
懐 メ ロ は ど れ も 唄 ヘ リ ひ き が え る... なつめろは どれもうたえり ひきがえる わたしにとってのナツメロは、生前父が歌っていた唄でした。 「かえり船」とか「めんない千鳥」とか「長崎のひと」とか「泣くな妹よ」とか。 いつの間にかナツメロは若返り、わたしの青春のころの歌に様変わりしていることをテレビで知りました。 情けないほどぜんぶ知って...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください