白 壁 に 折 れ た る 影 や 春 日 傘

しらかべに おれたるかげや はるひがさ

春が来たと喜んでばかりもいられません。

春の紫外線は真夏を超えるとか。

オンナは夏に歳をとる。

この歳になって、きれいになりたいわけでは決してないけれど、これ以上シミを増やして汚くなるのはご免です。

福岡市のベッドタウンといわれるこの町には、まだ蔵と呼ばれる建物が少なくはありますが、存在します。

大通りを一本入った、その区画は歴史があり、道は曲がりくねってとても通りにくいのに、それぞれの家には一軒家ほどの納屋があり、蔵があり、家の前庭でハンドルを切らずにクルマが一周できます。

白壁は手入れがされており、となりもそのとなりも蔵が連なっており、ちょっとした蔵通りです。

ところどころに梅が咲き、枝垂れ梅のある庭もあります。

白壁は忠実に影を作り、日差しはすっかり春のものです。

この句も読まれています。

「 残 穢 」 ざんえ 小野不由美 新潮社 ( 1 )... あるホラー作家が、現実に遭遇した不可思議な現象の、大きな繋がりを語ったもの。 主人公は、久保さん。 仕事は作家。 ライトノベル。 ホラー系は得意分野で、本のあとがきに、何か不思議な経験をしたら教えてほしいと書くようにしていて、たまに読者から、その方面のメッセージを受け取ることもあるという。 20...
甲 子 園 土 捨 て て や れ さ く ら ん ぼ... こうしえん つちすててやれ さくらんぼ 口を開けば甲子園。 飲み会では甲子園。 妻も子どもも、親戚も、同級生も、誰も彼もうんざり。 怒りが沸点に達したムスコが、甲子園の土を捨てたらしい。 よくやった。 ここまでしなくては、自分がどんなにうんざりされていたか、自覚できない甲子園病なり。...
冬 薔 薇 切 っ て くれ る な 先 ま で 芽... Rose / Rosa / 薔薇(バラ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 薔薇の剪定の時季。本によると、太い、活かしたい芽だけを残し、あとは容赦なく切り捨てることが、立派な花をつけるコツだとか。少し時季を外したせいで、小さな芽がもうたくさん付いている。細い枝も負けていない。どうしたも...
憎 み も し 許 し も し た り 蛍 か な... にくみもし ゆるしもしたり ほたるかな 夕闇に包まれるころ、ホタルは幻想的です。 見てはいるものの、ふと他のことがアタマをよぎったりするものです。 過ぎてしまった、今となっては雑多なこと。 同じことについても「まあいいか、そんなもの」と思ったり、「私はまだ忘れてない。覚えてろ」と思ったり、人間...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください