白 壁 に 折 れ た る 影 や 春 日 傘

しらかべに おれたるかげや はるひがさ

春が来たと喜んでばかりもいられません。

春の紫外線は真夏を超えるとか。

オンナは夏に歳をとる。

この歳になって、きれいになりたいわけでは決してないけれど、これ以上シミを増やして汚くなるのはご免です。

福岡市のベッドタウンといわれるこの町には、まだ蔵と呼ばれる建物が少なくはありますが、存在します。

大通りを一本入った、その区画は歴史があり、道は曲がりくねってとても通りにくいのに、それぞれの家には一軒家ほどの納屋があり、蔵があり、家の前庭でハンドルを切らずにクルマが一周できます。

白壁は手入れがされており、となりもそのとなりも蔵が連なっており、ちょっとした蔵通りです。

ところどころに梅が咲き、枝垂れ梅のある庭もあります。

白壁は忠実に影を作り、日差しはすっかり春のものです。

この句も読まれています。

紬解く 静かな綿の 埃あり 古い紬の着物をほどく。洋服にしようと思って。昔の人の丁寧な仕事ぶりが見えて、頭が下がる思いがする。 手縫いだから、一針一針長い時間をかけて仕上げたんだろう。 もったいないけど、そのまま置いてても、更にもったいないから、ほどいた着物を、洗っては干し、洗っては干し、そして生乾きのときアイロンかけて、下準...
来 し 方 は 真 夜 に 遠 火 事 見 る ご と し... こしかたは まよにとおかじ みるごとし 幼い頃から、ひどい虐待に苦労してきたと思う。 その後もずーっと後も、キズは尾を引き、なかなか生きて行くのは大変だと思いながら、その場その場でいちばんと思うことをしてきたつもりなのに、時間が経ってみると、ほとんどは間違いだったと言い切っていいと思えるのです。 ...
運 動 会 マ ー チ に 乗 り て ポ ス ト ま で... うんどうかい まーちにのりて ポストまで 近所の幼稚園が運動会のようです。 聞き慣れた行進曲が拡声器で鳴らされており、別にリズムに乗るつもりはないけれど、ついつい規則正しく歩いてしまう。...
か に か く に 故 郷 の 夏 の 匂 ひ な り... かにかくに こきょうのかぜの においなり 何がちがうわけでもなかろうに。 たいした思い出があるわけでもないのに、やはり故郷の風はちがう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください