病 棟 の 窓 に 向 ひ て 大 花 火

びょうとうの まどにむかいて おおはなび

この河原の花火大会は、もう大昔からのものです。
子どものころ、蚊に刺されながら観た覚えがあります。
当時は、まわりは何もなかったけれど、すっかり都会に変貌しており、大きな医療センターもできました。
とてもきれいで、迫力があったと聞きました。

この句も読まれています。

烏 賊 干 し や す っ 飛 ぶ ほ ど に ぶ ん 回 し... いかほすや すっとぶほどに ぶんまわし 呼子の海岸通り。 スルメは、イヤというほど引っ張られ、洗濯物のようにサオに通され、あれはあれで、スゴく気の毒だけれど、 一夜干しの方は、 昔はやったタコ足と呼ばれた、プラスチック物干しのようなものに、一枚一枚固定され、電気仕掛けの装置で、ものすごい勢いで、遠...
油断して 蝸牛(かたつむり)さえ 見失い... そのあたりで、ぐずぐず動いているのかいないのか、進んでいるのかいないのか、 究極ののろま、かたつむり。 ほんのわずかな時間、目を離した隙に、行ってしまった。 遅々とした歩みも、馬鹿にならない。 確実に進んでいる。...
未 練 な ど た だ 木 下 闇 深 過 ぎ て... みれんなど ただこしたやみ ふかすぎて コシタヤミ。 夏のうっそうとしげる木立の下の暗がり。 昼でも暗くて涼しい。 夏の強い陽射しのもとでは、闇のようです。 未練などあろうはずもない。 ただコシタヤミが深過ぎて、足元が見えず、前に進めないだけのこと。 きっとそのうち歩き出せるはず。...
新 聞 に 菱 ( ひし ) の 実 く る む 白 秋 忌... 菱の実をご存知だろうか。 菱型の、深緑と茶色の間のような、決して鮮やかではない目立たない、とても美味しそうには見えない。 柳川駅で売っていたのは、茹でた実だったのだろう。 そのまま食べられた。 芋のような、栗のような、少し水っぽいあまりはっきりしない味だった。 幼い頃、よく食べたのだろう、父は菱の実...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください