病 棟 の 窓 に 向 ひ て 大 花 火

びょうとうの まどにむかいて おおはなび

この河原の花火大会は、もう大昔からのものです。
子どものころ、蚊に刺されながら観た覚えがあります。
当時は、まわりは何もなかったけれど、すっかり都会に変貌しており、大きな医療センターもできました。
とてもきれいで、迫力があったと聞きました。

この句も読まれています。

岩 肌 に い ち め ん 著 莪 の 花 い ち め ん... いわはだに いちめんしゃがの はないちめん シャガの花。 アヤメに似た花です。 湿り気のある森林で育ちます。 根茎を伸ばして繁殖します。 とても薄い紫、中心だけ黄色です。 山肌かと思うくらい大きな岩盤、福岡県筑前東峰村の筑前岩屋の駅舎の裏です。 日当たりがよくもなければ悪くもないそんな場所です。...
柿 生 れ ば 先 ず は 路 地 尊 つ ぎ 仏... かきなれば まずはろじそん つぎほとけ もう街中には少なくなったけれど、思わぬところにほこらに祀られたお地蔵様を見かけることがあります。 エプロンも清潔。 帽子もかぶって、大切にされていること偲ばれます。 秋もさなか。 形のいい柿が供えてあります。 ほかほかします。...
新緑を 眺めおんなじ 話聞く いつもいつもおんなじ話。 「その話は聞いた」とも言えず、窓の外に溢れる緑を眺めている。 よかったらクリックください。励みになります。...
根 拠 な き 楽 観 誘 う 若 葉 風 こんきょなき らっかんさそう わかばかぜ 深緑の季節。 マイナスイオン溢れる森の中にいると、清々しくて、抱えている懸案ごともなんとかなるさという気になるから不思議。 見上げれば、若葉の隙間からほんの小さな空が見えます。 すっかり夏色の空です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください