病 室 に し ゃ べ り 通 し て 鰯 雲

見舞いに行って、顔を見た途端どきっとしたことはありませんか。
病院ってところは、病人をつくるのではないかとさえ思う。
しばらく入院すると、ひとまわり小さくなって、色が抜けて、笑うと余計痩せた顔が強調され、ドギマギして、つまらない近況や、共通の知人の噂話などを何故か早口に喋り、また来るなんて言って、にっこり手を振って部屋を出る。
病院を出ると、あれでよかったか、何か勘ぐられるようなドジはふまなかったか。ほんとに治るのだろうか。
また会うのが怖い。
もっと痩せてたらどうしよう。
重い気持ちで見上げると、秋のいわし雲。

この句も読まれています。

甲 子 園 土 捨 て て や れ さ く ら ん ぼ... こうしえん つちすててやれ さくらんぼ 口を開けば甲子園。 飲み会では甲子園。 妻も子どもも、親戚も、同級生も、誰も彼もうんざり。 怒りが沸点に達したムスコが、甲子園の土を捨てたらしい。 よくやった。 ここまでしなくては、自分がどんなにうんざりされていたか、自覚できない甲子園病なり。...
詠みながら 始末書を書く 鰯雲(いわしぐも)... 仕事の車をぶつけた。ブロック塀に。 ミラーが折れてしまった。 まったく不注意、しかしながら起きてしまったことは しょうがない。 職場会議でさんざんごめんなさいしたあげく、始末書。 さっさと書いてはいけない。時間をかけてしみじみと書かなければ。 またワーワー言われる。 一行書いては、一句。また書いては...
極 暑 に は 蝉 一 瞬 を 沈 黙 す ごくしょには せみいっしゅんを ちんもくす 早朝からそれはそれはうるさく鳴いていたセミがなぜかそろって無音になることがあります。 どうしてだかわかりません。 忘れたころにまた再開です。 暑過ぎるからでしょうか。...
水を打つ 雨を見たさに 車停め 雨が好きです。一年中雨が続けばいい。 洗濯物など乾かなくともいい。街が濡れ、 木々が色を深くし、ふだんは目もくれないため池が 雨にたたかれて、なんとも情緒がある。 まるで水かさが増えているみたい。飽きない。 激しいあめも、しとしとといつ止むともしれない雨も どちらもいい。明日は家中を掃除する。洗濯も...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください