病 室 に し ゃ べ り 通 し て 鰯 雲

見舞いに行って、顔を見た途端どきっとしたことはありませんか。
病院ってところは、病人をつくるのではないかとさえ思う。
しばらく入院すると、ひとまわり小さくなって、色が抜けて、笑うと余計痩せた顔が強調され、ドギマギして、つまらない近況や、共通の知人の噂話などを何故か早口に喋り、また来るなんて言って、にっこり手を振って部屋を出る。
病院を出ると、あれでよかったか、何か勘ぐられるようなドジはふまなかったか。ほんとに治るのだろうか。
また会うのが怖い。
もっと痩せてたらどうしよう。
重い気持ちで見上げると、秋のいわし雲。

この句も読まれています。

秋寒し 今どこにいるかも わからずに ... s過ぎ去ってみないと、わからないことは多い。いま、こうしていることが、果たしていい方向に向かう足がかりなのか、まったく余計な無駄足なのか、人生は思いのほか短いような気がする。何か充実したいけど、いったい私はいま、どこにいるのか、こうしていることは、間違った選択の結果じゃないか、失敗が多かったゆえ、自...
花冷えの 小さな家を 爪先立ち 桜が、ずいぶんと早く咲いた。 この寒さ、床をはだしで歩くことできず、 靴下を取りに行くのは、面倒。 したがって、バレリーナのように、爪先立ちで、踊るように歩く。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
カルストの 野焼きの原に 芽のふいて... 一面のカルスト台地、野焼きのあとは黒々として 下の下からは、あおあおと草は静かに、でもたしかに 生命力にあふれ、いっせいに伸びるときを待っています。 あたたかい雨が大地を潤すまで、もう一息。 ...
もしかして 人に溺れて(おぼれて) ほととぎす... yやばいと思う瞬間があったりする。幸い長続きはしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください