病 室 に し ゃ べ り 通 し て 鰯 雲

見舞いに行って、顔を見た途端どきっとしたことはありませんか。
病院ってところは、病人をつくるのではないかとさえ思う。
しばらく入院すると、ひとまわり小さくなって、色が抜けて、笑うと余計痩せた顔が強調され、ドギマギして、つまらない近況や、共通の知人の噂話などを何故か早口に喋り、また来るなんて言って、にっこり手を振って部屋を出る。
病院を出ると、あれでよかったか、何か勘ぐられるようなドジはふまなかったか。ほんとに治るのだろうか。
また会うのが怖い。
もっと痩せてたらどうしよう。
重い気持ちで見上げると、秋のいわし雲。

この句も読まれています。

重 篤 と 見 舞 う て 花 の こ と 話 し... じゅうとくと みもうてはなの ことはなし もうこれが、最後の見舞いになるかもしれないと思えば、胸が詰まります。 ついつい必要以上に明るくして、あとになって、不自然だったか、かえって疲れさせたかと悔やむことしきり。 サクラの開花具合など、つまらないことしかあたまに浮かばないのです。 話したいことは、...
初 詣 賽 銭 箱 に 憂 い 投 げ Meiji Shrine: Hatsumode / Dick Thomas Johnson このところご無沙汰している初詣でに行った。人の多いこと。あれやこれや、思いつく限りの、心配ごとや気がかりを、この際まとめて、あつかましくお願いした。雪の舞うなか、足下はびしょびしょにしての初詣で。ちょっと欲が...
ハローワーク むかし職安、今ハローワーク。9時 オープンなのに、8時半にはもう入 りきれない車が列をつくっている。 道路脇には満開の桜。訪れる人は それどころではないはず。職探しは ずいぶんと改善されて、ずらっと並 んだパソコンは、ほとんど待ち時間 はなく利用できる。ファイルをめく ることもなく、年齢や職種をぽん...
万年筆 付いてかすれて 秋夜長 万年筆で手紙など書くこともなくなった。 なぜか、達筆はより達筆に、下手くそはより下手くそに見える。 長く放っておいた暑中見舞いの返事を書く。 梨の絵の葉書に、絵を除けて書いた。 ちょっとだけ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください