病 室 に し ゃ べ り 通 し て 鰯 雲

見舞いに行って、顔を見た途端どきっとしたことはありませんか。
病院ってところは、病人をつくるのではないかとさえ思う。
しばらく入院すると、ひとまわり小さくなって、色が抜けて、笑うと余計痩せた顔が強調され、ドギマギして、つまらない近況や、共通の知人の噂話などを何故か早口に喋り、また来るなんて言って、にっこり手を振って部屋を出る。
病院を出ると、あれでよかったか、何か勘ぐられるようなドジはふまなかったか。ほんとに治るのだろうか。
また会うのが怖い。
もっと痩せてたらどうしよう。
重い気持ちで見上げると、秋のいわし雲。

この句も読まれています。

山 々 の 身 を 揺 ら し た り 牧 開 く... やまやまの みをゆらしたり まきひらく 冬の間、まるで動きを止めたように、ほぼ一色だった山が、もくもくと起き上がり 日毎に色あざやかなとりどりの緑を見せる季節となりました。 牧場は開かれ、牛やヤギが萌え始めた草を食む姿がいきいきと深呼吸を促すようです。...
聖 夜 劇 羊 と 天 使 せ め ぎ 合 ひ せいやげき ひつじとてんし せめぎあい 聖母マリアとその夫ヨゼフ。 遠くから星を目印に集まった何人かの賢人。 羊飼い。 その他大勢は、羊と天使。 どの天使が自分の子か、よくわかるもんだと感心します。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください