留 守 の 間 の 手 は ず 整 え 神 の 旅

るすのまの てはずととのえ かんなづき

初冬の旧暦十月、諸国の神様は出雲大社に集まると言われます。

事情を抱えて、持ち場を離れられない留守番の神さまもあるにはあるが、大方はこぞって出雲に向かわれるといいます。

長く留守をするため、いろいろ言い置いたり、事務的なことはできるだけ済ませたり、忙しいことでしょう。

天上に送る人のリストも当然できていると思われ、留守であっても、粛々と行われるものとかんがえます。

この句も読まれています。

かたつむり 高上がりして 明日は雨... かたつむりが木に登ると、雨が降るらしい。 元気のいいのは、上に上に行くそうな。 明日は雨だな。
沢 す じ の 滑 落 抱 い て 山 眠 る 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 今年は、雨が多かった。山では小さな崖崩れが起こり、尾根と尾根の間の落ち込んだところの樹々が流された。とくに人の通りには被害のない場所だったためか、手が回らないのか、今のところそのまま、山肌を晒して痛々しい。それな...
ル ポ 虐 待 ・ 大 阪 ニ 児 置 き 去 り 死 事 件... 著者 杉山春 (すぎやま・はる ) 筑摩書房 2010年7月30日未明、大阪ミナミの繁華街のそばの、15平米ほどのワンルームマンションで、3歳の女の子と1歳8ヶ月の男の子が変わり果てた姿で見つかった。 斎藤芽衣さんは、この2人の子どもの母親だ。 この夏はとびきり暑かった。 子どもたちはクーラ...
玄 関 は 使 は せ ぬ 婆 初 盆 会 げんかんは つかわせぬばば はつぼんえ昔の人の考えなのでしょう。玄関は、客用。家の者は台所横の勝手口から出入りしたものです。物は捨てないし。そのせいで、広告の紙や紐、空き箱溢れかえって、こっそりゴミに出しても、いつの間にか元の場所に戻っていたこともあります。戦争をかいくぐってきた世代はたくましい。手...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください