留 守 の 間 の 手 は ず 整 え 神 の 旅

るすのまの てはずととのえ かんなづき

初冬の旧暦十月、諸国の神様は出雲大社に集まると言われます。

事情を抱えて、持ち場を離れられない留守番の神さまもあるにはあるが、大方はこぞって出雲に向かわれるといいます。

長く留守をするため、いろいろ言い置いたり、事務的なことはできるだけ済ませたり、忙しいことでしょう。

天上に送る人のリストも当然できていると思われ、留守であっても、粛々と行われるものとかんがえます。

この句も読まれています。

裸 の 子 顔 よ り で か い 西 瓜 喰 ひ... はだかのこ かおよりでかい すいかくい わたしが子どもの頃、家には縁側があり、井戸で冷やしたスイカを、子どもはハダカで、果汁をこぼしながら食べたものです。 タネはぷんぷんとそこら中に飛ばし、お行儀の悪いこと。 どこの家でもそうだったとは思わないけれど、品のないウチではそうでした。 スイカは大きな...
岩 肌 に 群 生 の し ゃ が 無 人 駅 いわはだに ぐんせいのしゃが むじんえき 日田彦山線筑前岩屋駅。 無人駅です。 駅横に、信じられないくらい大きな岩がそびえ立ち、その岩肌一面をシャガの花が覆っています。 シャガはアヤメの種類かと思いますが、色はかなり薄い薄い紫で、花の中心は黄色が入ってきれいです。 丈は低め。 それでも群生すると...
底冷えの 今宵は降りぬか 別れ霜(しも)... 昼間は暑いほどなのに、明け方は恐ろしく冷える日がまだある。季節外れの霜を見るのはそんな朝。いつもの冷えとはちがう、とてつもない寒気に身震いする。...
春 耕 の ま ず は 一 服 す ぐ 一 服 上林春松本店 新緑 / Norio.NAKAYAMA 老夫婦であろうか。準備万端。お茶から、何やらお茶うけ?おやつ?ようやく風も春になり、外で過ごすことが気分よくなった。休憩ばんざい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です