留 守 の 間 の 手 は ず 整 え 神 の 旅

るすのまの てはずととのえ かんなづき

初冬の旧暦十月、諸国の神様は出雲大社に集まると言われます。

事情を抱えて、持ち場を離れられない留守番の神さまもあるにはあるが、大方はこぞって出雲に向かわれるといいます。

長く留守をするため、いろいろ言い置いたり、事務的なことはできるだけ済ませたり、忙しいことでしょう。

天上に送る人のリストも当然できていると思われ、留守であっても、粛々と行われるものとかんがえます。

この句も読まれています。

七 十 も 働 け 蝙 蝠 笑 ひ お り しちじゅうも はたらけこうもり わらいおり 年金が足りないらしい。 65からはもらえなくなるらしい。 70まで働けと。 団塊の世代は、働いているうちはよかったものの、退職と同時にお荷物と化した。 この先、老人ホームも特養もというより、そもそも介護保険も医療も団塊に占領され、アタシらは入る施...
半分は 自分のせいか 冬の月 運のせいにして、長い月日を過ごしてきたが、 確かにそれもある。どうしようもないことも いっぱいあるにはあるけれど、集計すると、 どうも半分は自分の責任のよう。なんか、 軸をまちがえて、関連することすべてが悪循環 ってことが原因のような気がする。そのそもそもの 軸間違えの段で、育った環境の影響もあるこ...
豚足で 乗り切る覚悟 暑気払い まだ七月。 休みの日は、必ず昼寝してしまう。 疲れてると実感する。 サプリも飲むけど、パットしない。 こうなれば、食い物。 豚足でどうだ。...
秋に海 青が濃くなり 空も濃くなり... 秋になると、海は人影がなくなり、本来の風景を取り戻します。 海の色は、夏のように水色ではなく、むずかしい色合いの不思議な色に変わります。 空は高くなり、おだやかな雲が流れます。 深呼吸します。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください