留 守 の 間 の 手 は ず 整 え 神 の 旅

るすのまの てはずととのえ かんなづき

初冬の旧暦十月、諸国の神様は出雲大社に集まると言われます。

事情を抱えて、持ち場を離れられない留守番の神さまもあるにはあるが、大方はこぞって出雲に向かわれるといいます。

長く留守をするため、いろいろ言い置いたり、事務的なことはできるだけ済ませたり、忙しいことでしょう。

天上に送る人のリストも当然できていると思われ、留守であっても、粛々と行われるものとかんがえます。

この句も読まれています。

な る よ う に 任 せ 風 船 葛 か な なるように まかせふうせん かずらかな 風船葛 夏に白い小花が咲いたあと、秋になると小さな風船のような緑色の実をつけます。 蔓性の巻き髭が、何かに絡みつきながら成長します。 小さな実が風に揺れているさまは、涼しげで、人気があります。 頑張ってもどうしようもないというより、頑張るだけ悪い方に転じると...
もみぢ踏み あしたのことの 気にかかり... もみぢの季節が大好きで、一年中待っているのに、 さあ十一月となると、煩雑な用事や、突発的な 身内の問題や、そこまで言わなくてもと思う 職場の上司や、あたしの落ち度に気を良くして、 ルンルンのとなりの席の人のにんまりといいこぶっているところが 妙に不愉快で、この大切な季節を逃そうとしている。 わたしが...
躊 躇 ひ て 声 掛 け ず 過 ぐ 星 月 夜... とまどいて こえかけずすぐ ほしずくよ 風呂上がりのすっぴんで、パタパタ出てきたはいいが、思わぬ人を見かけた。 どうせ向こうは、忘れているだろう。 声をかけたところで迷惑にちがいない。 満天の星。...
い つ か ら か 唄 は ぬ ガ イ ド 冬 遍 路... いつからか うたわぬガイド ふゆへんろ バスガイドのお姉さんがガイドをしなくなって、歌わなくなってもう久しい。 最近では、「ごゆっくりお楽しみください」と言うだけです。 踏み切りに、わざわざ降りて、ピッピッと笛を吹いて誘導したり、バックするときに笛を吹くこともなくなりました。 小さなところから、世...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください