畑 返 す 土 の 黒 艶 そ の 匂 ひ

はたかえす つちのくろつや そのにおい

近年裏作に麦を育てる農家は減った気がします。
秋の終わりから冬の間、土は硬く硬くすっかり固まってしまいました。
また一年が始まるのです。
先ず畔を返す一鋤きが必要です。
機械が入ろうと入るまいと、この一鋤きはなければならないのです。
表面は乾いた硬い土なれど、一鍬入れれば、ほくほくと隠れていた暖かい土がおこされます。
その土の艶、その土の匂いが、これから始まる長い長い一年の農作業のはじまりです。
どうか実りがありますように。
大きな台風や、災害に遭いませんように。

この句も読まれています。

灼熱に 赤いカンナが 咲き狂う かんなには、狂気の雰囲気があります。 誰からも愛でられず、足を留められることもなく、咲き狂うしかないように見えるのです。...
侮 り て (あなどりて) 蝸 牛 (かたつむり) 歩 み 見 逃 せ り... そこにいたはず。のたりのたりと何がしたいのか、何処へ行くつもりなのか。見てやろうと思いつつ、ちょっと他に目を移したばかりに、見失ってしまった。遅い遅いと言われながら、きっちりと仕事をする人がいる。わたしは捌くのは上手だが、速いだけでものごとを俯瞰する力が大きく不足している。何か言われればおろおろす...
孤高のメス 堤真一主演。 タイトルにひかれて、試写会応募して観ました。 もしお金を払っていたら、不満たらたらだろう。 こんなになんのヒネリもなく、事実に基づいたわけでもなく、チープな馬鹿にしたような作品は近年珍しい。 脚本とかきにしたこともないが、こんなの誰が作ったんだ。 ただ無駄に長い。 やたら風が吹く。 ぜ...
ゼロの焦点 中谷美紀がすばらしかった。終戦直後の混乱の日本にパンパンと呼ばれる、売春婦が大勢いたころの話。 知られたくない過去を持つ人間の心中を描ききった作品。水上勉の《飢餓海峡》を思い出した。いい作品である。 オススメです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください