畑 返 す 土 の 黒 艶 そ の 匂 ひ

はたかえす つちのくろつや そのにおい

近年裏作に麦を育てる農家は減った気がします。
秋の終わりから冬の間、土は硬く硬くすっかり固まってしまいました。
また一年が始まるのです。
先ず畔を返す一鋤きが必要です。
機械が入ろうと入るまいと、この一鋤きはなければならないのです。
表面は乾いた硬い土なれど、一鍬入れれば、ほくほくと隠れていた暖かい土がおこされます。
その土の艶、その土の匂いが、これから始まる長い長い一年の農作業のはじまりです。
どうか実りがありますように。
大きな台風や、災害に遭いませんように。

この句も読まれています。

懐 に 鯛 焼 き 抱 へ 急 ぎ 足 ふところに たいやきかかえ いそぎあし 木枯らしの中、マフラーから目だけ出して並んでまで、地域では美味しいと評判の鯛焼きを買いました。 懐に抱えると、単純なもので、心までほっこりとなる感じです。 いよいよ本格的な冬です。 あの狂ったように暑かった夏と残暑を思えば、どうってことない。 鯛焼きで温まっ...
摘めばもう 散るか幼き 日のフグリ... まだ幼いころ、うちに母親とばあちゃんがいた、ほんの短い日々、春の浅いころ、道端の青い小さな犬フグリの花がとても素敵に見えて、なんとか摘んで帰りたいとおもったものでした。やっと摘んでもちょっと持ち上げただけで、すぐ散ってしまう。何度も何度も挑戦したものです。 考えてみれば、あれから長い長い不幸な日々...
夏 の 果 て 海 の 家 果 て 海 群 青 なつのはて うみのいえはて うみぐんじょう 暑い夏もどうやらかたがつき、泳ぐ人もいなくなった浜。 エメラルドとはお世辞にも言えないけれど、明るい色は去り、本来の深い青と緑っぽい色を取り戻し、寄せては返す波音も心なしか静かです。 桟橋から覗き込めば、クラゲの天下。...
秋 霖 や 渇 き き っ た る 街 路 樹 に... しゅうりんや かわききったる がいろじゅに 連日の猛暑。 雨もなく、疲れきった樹々に恵みの雨です。 シュウリンとは、秋のはじめの頃の雨、秋雨前線のことのようです。 これで少し秋らしくなるかもしれません。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です