畑 返 す 土 の 黒 艶 そ の 匂 ひ

はたかえす つちのくろつや そのにおい

近年裏作に麦を育てる農家は減った気がします。
秋の終わりから冬の間、土は硬く硬くすっかり固まってしまいました。
また一年が始まるのです。
先ず畔を返す一鋤きが必要です。
機械が入ろうと入るまいと、この一鋤きはなければならないのです。
表面は乾いた硬い土なれど、一鍬入れれば、ほくほくと隠れていた暖かい土がおこされます。
その土の艶、その土の匂いが、これから始まる長い長い一年の農作業のはじまりです。
どうか実りがありますように。
大きな台風や、災害に遭いませんように。

この句も読まれています。

さくらんぼ たまには人を 喜ばせ この季節になると、山形のさくらんぼと、アメリカンチェリーが並びます。 やっぱりさくらんぼがかわいい。買ったことないけど。...
千 年 の 銀 杏 青 空  舞 ひ 落 ち ず せんねんの いちょうあおぞら まいおちず 樹齢千年は超えると言われる大イチョウ。 高さも大きさも迫力です。 黄色になった葉は、ストンと落ちるわけではなく、あの高さからくるくると舞いながら、風に吹かれながら、時間をかけて落ちてきます。 空が青いから、まさに小鳥のようです。...
夜中まで 蝉鳴く明日は なきごとく... たしか蝉は、八年もの間地面の下にいて、地上に出てから数日で死ぬと聞いた。 もう、命の終わりが近づいているのだろうか。 あしたの朝は、もう迎えられないのだろうか。...
五月雨(さみだれ)に 濡れて鼠(ねずみ)の 汗をかく... 夕立 / mxmstryo 雨に濡れて急いでいるうちに汗しとど。雨なのか、汗なのかわからなくなって、ただ気持ちの悪さだけ。こんな目に遭うから給料が出るんだろうかな。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください