畑 返 す 土 の 黒 艶 そ の 匂 ひ

はたかえす つちのくろつや そのにおい

近年裏作に麦を育てる農家は減った気がします。
秋の終わりから冬の間、土は硬く硬くすっかり固まってしまいました。
また一年が始まるのです。
先ず畔を返す一鋤きが必要です。
機械が入ろうと入るまいと、この一鋤きはなければならないのです。
表面は乾いた硬い土なれど、一鍬入れれば、ほくほくと隠れていた暖かい土がおこされます。
その土の艶、その土の匂いが、これから始まる長い長い一年の農作業のはじまりです。
どうか実りがありますように。
大きな台風や、災害に遭いませんように。

この句も読まれています。

出水あり 勢いしばし 見とれおり 濁流である。自然の力は恐ろしい。川の流れの激しさに、しばらく見とれていた。
終 戦 日 な お サ イレ ン の 泣 き 悼 む... しゅうせんび なおさいれんの なきいたむ70年を超える歳月が経って。信じられないほどの犠牲者を出し、町を生活を焼き尽くして終わった。1分間のサイレンは、まだ泣いている。...
「 累犯障害者 」 ( 2 )... 最新の統計結果によると、新受刑者総数 3万2090名のうち、7172名 全体の22パーセントが、知能指数69以下。 測定不能者1687名。 これを加えると、実に3割弱の受刑者が知的障害者として認定されるレベルの人たちである。 簡単なたし算ひき算もできない人が、寮内工場だけでなく、一般工場の中にもいる...
階段に 腰掛けて見る 三分咲き 古い神社の石の階段。一気に上るのがなにかもったいなくて、途中に腰掛けて、桜を見ます。まだまだ肌寒く、花見の 季節ではないけれど、もうそこまで春が来てる。今が一番いいのかもしれないと思うのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください