町 名 は 橋 に 残 り て 春 の 果

ちょうめいは はしにのこりて はるのはて

平成の大合併が行われ、あちこちで古い町名が消え、隣町と一字ずつ取った、へんな、ゆかりも歴史もないまったくおかしな名前ができたり、誰がどう考えたのかクビをかしげるような名前が出来上がったりしました。

旧町名は、わずかに古い石の橋の欄干に残っているだけ。

近い将来、みんな忘れてしまうのでしょう。

寂しいことです。

この句も読まれています。

生 身 魂 企 業 戦 士 の 影 今 も いきみたま きぎょうせんしの かげいまも 生身魂、年老いた人を、尊敬の念を込めてそう呼びます。 戦後の復興を支えた世代です。 夜昼なく働き通しに働いて、満員電車に揺られまたは工事現場を支え、懸命に過ごした日々だったことと想像します。 もうとうに現役を引退し、家のなかでも存在が薄くなりつつあるな...
雨が降る ダムの門開く サイレンの音... 激しい雨がつづきます。 集中豪雨というのでしょう。 上流のダムがいっぱいになりそうになると、 放流を知らせるサイレンがなるのです。 昼でも暗い雨の中、村中に鳴りひびくのです。...
彦 山 線 長 き 隧 道 抜 け て 花 ひこさんせん ながきずいどう ぬけてはな 少しむかしまで、筑豊は日本有数の産炭地でした。 釈迦岳トンネル。 全長4km以上。 筑前岩屋駅と彦山駅の間。 すべて石炭を運び出すためだったそうです。 その前の金辺隧道で工事は難関を極め、会社の存続も危ぶまれ、幾多の変節を経て、今に至ったと聞きます。 すっ...
鯛焼きの まず尻尾噛み 意気を問う どんなアンコがどの辺りまで詰まっているのか、鯛焼きは当たり外れが大きい。 尻尾の先をかじってみて、作り手の気持ちを確かめる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください