町 名 は 橋 に 残 り て 春 の 果

ちょうめいは はしにのこりて はるのはて

平成の大合併が行われ、あちこちで古い町名が消え、隣町と一字ずつ取った、へんな、ゆかりも歴史もないまったくおかしな名前ができたり、誰がどう考えたのかクビをかしげるような名前が出来上がったりしました。

旧町名は、わずかに古い石の橋の欄干に残っているだけ。

近い将来、みんな忘れてしまうのでしょう。

寂しいことです。

この句も読まれています。

掃除する ただ水仙を 生けるため 庭にたった一輪水仙の花が咲いた。 小さな玄関に、水仙を飾ろうと思う。 わたしは変なこだわりがあって、掃除の後に 香を焚き、花を飾る。だから水仙を生けるためには まず掃除しなければならない。 水仙は春の匂いがする。うちの水仙はなぜかほんの少ししか 咲かない、毎年。日当たりのせいかな。だから大事に大事に...
御 旅 所 は 秋 の 海 辺 や 一 夜 旅 おたびしょは あきのうみべや いちやたび 筥崎宮では、二年に一度神輿にカミサマを乗せ、ぐるぐる町中を廻って一番鳥居の先の、むかしは海辺だったところに、お旅所を造り、一晩過ごして頂くそうです。 また次の日に、ぐるぐる町中を廻って、お帰りいただくのです。 もうずいぶん前から見る影もなく壊されて工業...
なめくじの 後びきまでも 塩撒いて... なめくじに塩まくようなやつは、いくらへたくそでも俳句なんか作る資格ないと思うんですが…。 梅雨時に急に日照りになることがあります。 細いコンクリートの路地を渡りかけたなめくじが途中でくじけてしまうことがあります。 するとどうなるか、渡りきれずに道の真ん中あたりで力尽きて、そこでミイラというか、日干し...
ダムの底 水の話を 誰が聞く あたしはよくしゃべる。みんな明るくておしゃべりだと信じてる。実は違うのです。この人にこの話のこの部分をこの程度こんな風にしゃべれば、受けるだろうと、いろいろ考えてしゃべるのです。気が強くて、言いたい放題だと誰しもが思っています。でも聞き役のことがほとんどです。練り上げて作り上げた話をしても、世間が言...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください