町 名 は 橋 に 残 り て 春 の 果

ちょうめいは はしにのこりて はるのはて

平成の大合併が行われ、あちこちで古い町名が消え、隣町と一字ずつ取った、へんな、ゆかりも歴史もないまったくおかしな名前ができたり、誰がどう考えたのかクビをかしげるような名前が出来上がったりしました。

旧町名は、わずかに古い石の橋の欄干に残っているだけ。

近い将来、みんな忘れてしまうのでしょう。

寂しいことです。

この句も読まれています。

稲 刈 り は 有 給 休 暇 本 柱 いねかりは ゆうきゅうきゅうか ほんばしら のんびりした団体にお勤めのようです。 社会福祉協議会というところだそうです。 稲刈りも、田植えも主力になって活躍です。 親孝行です。 地元の消防団にも入っていて、韓国に団体旅行にも行かれます。 和太鼓や、田舎芝居のサークルでも活躍です。 一部上場の一流企...
山あいの 柿の葉寿司の 渋みどり 駅弁展で、柿の葉寿司を買った。 たぶん奈良の山の村の産。 弁当の中は、柿の葉の裏側一色。 鯖の塩味、柿の葉の香。...
遠めにも 植田の畦の 毅然たり 田植えのすんだ田の姿は、きりっとして、すがすがしいものです。
きりきりと 今宵は確かに 霜夜なり... 夜更け、寒さが違うと感じる日があります。 雪か霜か、外は何か降っている。 そんな朝は、白い息を吐きながら、雨戸を開けると、一面の霜、もう冬の真っ只中。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください