田 植 え 着 の 泥 の 乾 き し ま た 泥 に

たうえぎの どろのかわきし またどろに

いくら機械化が進んだとはいえ、田植えは泥の中の肉体労働にかわりはありません。

汚れて濡れてもこの日差し、昼ご飯までにはすっかり乾き、午後からも泥の中作業が続きます。

天候にめぐまれますように、台風や水害にあいませんように、豊かな実りを祈りつつ、近所と共同で、三日ほど続きます。

この句も読まれています。

秋の風 介護ロボットなら よかり rロボットなら、ため息をつくこともなかろう。ああまたかと思うこともなかろう。介護は排泄、排泄が介護。
柳に芽 河童(かっぱ)の皿に 堀の水 柳に芽が出た。まちがいなく 春が来た。柳川の掘割のちょ うど川下りの船が曲がるとこ ろ、小さな石の橋に向かうと ころに河童がいる。スルリと 潜って、皿の水を新鮮な春の 水に入れ換えたところ。きゅ うりをかじって、春の宴のま ッ最中。...
去 年 今 年 た ら い を 舟 に 漕 ぎ 出 で る... 理不尽なこと、腹のたつこと、さまざまな納得のいかないことを抱えてというか、抱えたまま今年がスタートした。 たらいは、今にもひっくり返りそうだし、大きな船が通ると、その余波で沈まないように、沈められないように、生きた心地がしない。 浴びて溜まった水を掻き出すのも一苦労。 人の言動に、小さな引っかかる...
子どもらが 蔦(つた)の家と 呼ぶそうな... 小さな小さな家のまわりのブロック塀に、蔦を這わせている。新緑と秋の紅葉が美しく、いろいろ手間はかかるけど、(隣の家に侵入しないよう気をつけるとか、放っとくと地面まで這い出すとか、落ち葉が多いとか)今のところ、そのまま。聞くところ、近所の子どもらが、蔦の家の前を集合場所にしているという。べつになんとい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください