田 植 え 着 の 泥 の 乾 き し ま た 泥 に

たうえぎの どろのかわきし またどろに

いくら機械化が進んだとはいえ、田植えは泥の中の肉体労働にかわりはありません。

汚れて濡れてもこの日差し、昼ご飯までにはすっかり乾き、午後からも泥の中作業が続きます。

天候にめぐまれますように、台風や水害にあいませんように、豊かな実りを祈りつつ、近所と共同で、三日ほど続きます。

この句も読まれています。

春 満 月 ほ の と 包 み て 昇 開 橋 昭和10年開通。 重要文化財に指定。 福岡県大川市と佐賀県諸富町を結んだ鉄道用の可動式の橋だっだというが、佐賀線の廃線後も保存され、現在は歩道橋として使われている。 橋桁の一部が垂直に上下する橋として、現存する最古のもの。 色は鮮やかな朱を帯びた赤。 建設には大変な苦労を要し、筑後川の河口付近で、...
黄落に 芽吹きの算段 見つけたり はらはらと散り敷く落ち葉も見事ながら、 ようく見ると葉の落ちた枝に芽吹きの小さな仕度を見つけた。 粛々と季節の仕事を行いながら、次を見越している。 わたしは今日のことに追われて、顔を上げる暇もない。 あしたの安心が、ちょっとでも覗けたら、楽なのにと思う。...
忘 れ よ う 水 枯 る 夜 の 果 て の 夢... 夢というのは不思議なもので、登場人物は実在 もしくは既に逝った人たち。 知らない人ではない。 話は、脈絡があったりなかったり。 思い出したくないことや、今さら言ってもしょうがないことも。 起こるはずもない夢のような楽しいことも、平気で起こる。 今さらあるわけないじゃないの。 今さら逢えるわけないじゃ...
七草を きざむ春の土の 匂いして 七草粥…雑草を食べる食感で、不味いと思いながら、何となく毎年作って、食べてしまう。 せりと、大根ぐらいが、野菜、他は草だけど、春の土の匂いがする。 庭は秋に草を取ったのに、もう新しい雑草があちこちに。 芽吹きはいつも確実。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.