田 植 え 着 の 泥 の 乾 き し ま た 泥 に

たうえぎの どろのかわきし またどろに

いくら機械化が進んだとはいえ、田植えは泥の中の肉体労働にかわりはありません。

汚れて濡れてもこの日差し、昼ご飯までにはすっかり乾き、午後からも泥の中作業が続きます。

天候にめぐまれますように、台風や水害にあいませんように、豊かな実りを祈りつつ、近所と共同で、三日ほど続きます。

この句も読まれています。

鷽 の 鳴 か ん と す れ ば 頰 膨 ら む... うそどりの なかんとすれば ほおふくらむ もともとオスはほおがピンク色なのだけれど、鳴くときはそれがさらに色を増し、上半身が大きく膨らむように見えます。 太くて短いクチバシもなかなかチャーミングです。 スズメよりやや大きく、ずんぐりした体型も愛嬌があります。 ほおが赤いのはオスだけです。 ...
今 生 の 身 内 居 ら ず も 浅 き 春 こんじょうの みうちおらずも あさきはる 亡くなった父も母も含めて、ママ母や妹たちも、みんなみんなもう終わりにします。 これまでも、そしてこの先もずっと、命にかかわるほど困っても、相談することはありません。 もちろん向こうもそう。 輪廻転生と言うけれど、もう二度とお近づきになりたくない人種です。 ...
神様は 何も見ておらず 山笑う がんばっていれば、いつかむくわれる。 思いやりのない、好き勝手なことばかりして、 人を不幸にしたり、嫌われるを通り越して、 憎まれ、恨まれるようなことをしていては、 人生ろくなことにはならないと、年寄りたちは言う。 どうもちがうみたい。 あの人たちは、確実に人生を楽しみ、 わたしばかりが、報われるこ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください