田 仕 終 ひ の 煙 藁 の 香 暮 れ 暮 れ て

たじまいの けむりわらのか くれくれて

一年の米作りの仕事が終わり、機械を片付け、道具を洗い、散らばった藁を集めて燃やしているのでしょうか。
まっすぐに一本上がる煙と、懐かしいその匂いは、郷愁を誘います。
日は短く、瞬く間に闇が迫ります。
周囲の山が黒く大きく迫ってくる気がします。

この句も読まれています。

じたばたと 今年も終わるか 秋時雨... 全くもう、今年もじたばたと動き回って、結局ここにいるのかと思ってしまうような一年でした。落ち着いて、流れに任せていたほうが、うまくいくことも多いと、人に言われ、自分もそう思っていたのに、結局年の初めからおたおたし、今もなんとなく落ち着かない。結局性分なんでしょうか。誠実に誠実に頑張ってるつもりなのに...
旅たちを 喜ぶ友の 少なくて はたして「旅たち」は季語だろうか。 不幸なことや不幸せなことがあったとき、 なぐさめたり、共に泣いてくれる人は 多いものだ。 しかし少し嬉しいことがあったとき、 自分のことのように喜んでくれる人って いない。 そんなときに、あらためて関係を見つめなおす。 あたしの小さな旅たちなんて、しれてるのに。...
羽 抜 け 鳥 祖 先 は 恐 竜 な り し と か... はぬけどり そせんはきょうりゅう なりしとか 羽抜け鳥。 羽毛が抜け変わる頃の鳥、主にニワトリ。 また、羽毛が抜け落ちたニワトリ。 威勢はいいが、見かけが間が抜けていて、おそろしくみっともないけれど、それなりに愛らしくもあります。 祖先は恐竜。 始祖鳥? つばさに鋭い爪があり、我が物顔で空中を席...
今をもう 全肯定するしか 梅雨の汗... いろいろと間違った選択を繰り返して、今のわたしがいる。 間違ったのは自分の責任だけど、今更どうしようもない。 とりあえず今までの後悔は、ちょっと置いといて、 今日を明日を、間違わないように、歩かなければ。 それしかできないから。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください