田 仕 終 ひ の 煙 藁 の 香 暮 れ 暮 れ て

たじまいの けむりわらのか くれくれて

一年の米作りの仕事が終わり、機械を片付け、道具を洗い、散らばった藁を集めて燃やしているのでしょうか。
まっすぐに一本上がる煙と、懐かしいその匂いは、郷愁を誘います。
日は短く、瞬く間に闇が迫ります。
周囲の山が黒く大きく迫ってくる気がします。

この句も読まれています。

冬枯れて なお堂々と 風知草 風知草は、繁っているときも花はなく、あくまで草でありますが、貫禄があって なかなか素敵です。 枯れて枯れて、もうすっかり茶色になってしまっている今日この頃ですが、 それでも一番見えるところに鉢を置いています。 枯れてもみせる草ってないものです。...
柊 の 花 咲 き 始 む 日 家 解 く 日 ひいらぎの はなさきそむひ いえとくひ 柊のあのトゲトゲの葉には、まことに似つかわしくない、ほんとに小さくて、可憐で、とてもいい香りのする白い花です。 近づいてよく見ないと、気がつかないくらいです。 家はもう古くて、壊すことが決まって、今朝から重機が入り、ほこりの立つ中取り壊しが始まりました。...
水 を 打 つ 静 け さ ば か り 植 田 水... みずをうつ しずけさばかり うえたみず 賑やかな田植えが、数日がかりでようやく終わり、苗のアタマを少し出した、水を張った田んぼは、まるで鏡のように、そして静ひつと言えるほどの、なんとも犯しがたい静けさです。 朝から雨が落ちてはいるのですが、小さな水の輪が幾重にも広がり消えるばかりで、音はしません...
夏 怒 涛 秀 吉 の 夢 名 護 屋 城 なつどとう ひでよしのゆめ なごやじょう 1592年から6年にわたって、秀吉は朝鮮出兵を行ったとのこと。 理由はいろいろ、さまざま語り伝えられているようです。 戦さが無くなって武士の働き口がなくなったからだとか、秀吉が年老いてから授かった子が亡くなったからだとか。 また、スペインが侵攻してい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください