田 仕 終 ひ の 煙 藁 の 香 暮 れ 暮 れ て

たじまいの けむりわらのか くれくれて

一年の米作りの仕事が終わり、機械を片付け、道具を洗い、散らばった藁を集めて燃やしているのでしょうか。
まっすぐに一本上がる煙と、懐かしいその匂いは、郷愁を誘います。
日は短く、瞬く間に闇が迫ります。
周囲の山が黒く大きく迫ってくる気がします。

この句も読まれています。

ジンジャーの 花剣山に 刺してみる... t多分しょうがの仲間だろう。白い大柄な花を咲かせる。茎は太く、ぐさりと切れる。大味な花だけど、ちょっと清潔な感じで好きだ。どんぶりに大き目の剣山を置き、ぐさりと挿す。なんの工夫も要らない。ただ挿すだけ。近いうちに写真を掲載する勉強をする。わたしのブログは字だけでつまらない。刺すのか、挿すのか。多分刺...
汗ばんで 古地図のような ピアス買う... ピアスが好きです。特にスイングする、ぷらぷらがいい。暑い日が続く。インディジョーンズのよ うなセピア色の古い宝の地図のようなハート型のピアスを買った。とても魅力的な色具合だけ ど顔写りがよくない。くさったようなセピア色は、顔をくすませ、ふけて見える。失敗かな。...
夕 暮 の 早 き に 抗 い 石 蕗( つわ ) の 花... 秋の日暮れは早い。 ふとした拍子に、日が暮れてしまった感がある。 最後まで、きれいな黄色を投げかけているのは、つわぶきのあざやかな黄色。 寒くなる前のほんの一瞬、気持ちが暖かくなる季節。 まもなく冬。...
黄落(こうらく)の 天も地までも 独り占め... 銀杏並木が色付いて、はらはらと落ちる。 数枚の葉は、アスファルトの道路をからからと転げる。 黄落の絨毯を、空を見ながら歩く。 見渡すとひとり。 この贅沢はどうだろう。 クリスマスよりずっと素敵です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください