田植え機の 糸に沿うこと 見惚れ(みほれ)おり

100523_taue_akita
100523_taue_akita / ivva

よおく見て気がついた。まっすぐに田植えするために、糸を張っている。そこまで精密にやるとは思っていなかった。田植え機は、その糸に沿ってまっすぐに進む。稲はきっちりと植わる。少しくらい曲がったっていいじゃないかとも思うけれど。むかしはどうだったのだろう。糸など張らず、人の感だけで植えてたのだろうと想像する。田植え歌も数々ある。楽しみにしなければやってられない。腰に響く。機械化はよかった。

この句も読まれています。

黄落(こうらく)の 天も地までも 独り占め... 銀杏並木が色付いて、はらはらと落ちる。 数枚の葉は、アスファルトの道路をからからと転げる。 黄落の絨毯を、空を見ながら歩く。 見渡すとひとり。 この贅沢はどうだろう。 クリスマスよりずっと素敵です。...
山茶花の 咲き終わるまえ 散りはじめ... 山茶花の垣根にようやく花が咲き始めました。まだちらほらですが、地面にはもう散った花びらが落ちています。つぼみをふたつ小さな花器に入れて玄関に置くと、固かったつぼみがもう咲いてる。あわただしいこと。椿より小さくて、椿ほど重みもなくて、垣根によく合う手ごろな花という感じです。...
雨 止 み て 長 く 滴 り 釣 忍 あめやみて 長くしたたり つりしのぶ 「忍」は、シダで湿り気のある岩間や樹の幹に生えます。 その根をたばねて、針金などで形をつくり、軒の端に吊るし、青々としたシダや、流れる風の生む涼しさを楽しむむかしからの知恵です。 水を絶やさないよう気をつければ、長い期間楽しめます。 形を金魚鉢形や舟形に...
蹲(つくばい)の 水 の 冷 た や 晩 夏 光... 神社にあるつくばいになみなみと水が溢れており、思わず指先をつけてみるのだけれど、その冷たさに驚かされる。 まだ、昼間は結構な日差しで、ぜったい半袖なのだけれど、秋が来たのだと。 わたしは11月生まれで、そのせいのような気もしたりするのだけれど、一年のうち、秋が一番好き。 最近の暑さで、もともと苦手だ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください