田植え機の 糸に沿うこと 見惚れ(みほれ)おり

100523_taue_akita
100523_taue_akita / ivva

よおく見て気がついた。まっすぐに田植えするために、糸を張っている。そこまで精密にやるとは思っていなかった。田植え機は、その糸に沿ってまっすぐに進む。稲はきっちりと植わる。少しくらい曲がったっていいじゃないかとも思うけれど。むかしはどうだったのだろう。糸など張らず、人の感だけで植えてたのだろうと想像する。田植え歌も数々ある。楽しみにしなければやってられない。腰に響く。機械化はよかった。

この句も読まれています。

水草も がまの穂もみな 時雨おり 時雨の雨は冷たい。 雨が顔にくっついて離れなくて冷たい。 まんべんなく、まんべんなくここもそこも雨が降る。 沼の水草も、真ん中の中洲に生えたがまの穂にも、いつまでもいつまでも 降りつづける。...
きき酒の 便り舞い込む 春一番 毎年春に行く、新酒のお披露目、もう会員に登録してるから、ハガキが来ます。 ああ、もう春だと気がつくのです。小さな盃を持って、ぐるぐる廻ります。 またきたか…みたいな顔されても、おかまいなし。さいごに、やっと決めた一本と、奈良漬けと、酒かす買って、電車に乗って帰ります。春のはじめの一大行事です。...
バ ス 停 に 近 道 の で き 姫 女 菀 ( ひめじょおん )... せっかく植えられた植え込みに、踏みつけた跡。 おそらく常習的に、みんなが近道にしているんだろう。 植え込みはいつしか消えて、今はヒメジョオンが盛り。 雑草だから強い。...
意思あるごと 缶の転がり 冬の暮れ 風に押されて、からからと音を立てて空き缶が転がる。 アスファルトの道。止まったかと思うと、また進む。 まるで誰かが蹴っているように。 冬の夕暮れはさみしい。 まして今日のように、冷え込んで、空が低い日には、 公園を散歩する人影も見ない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください