瓦屋根 落ち葉を載せて 夕時雨

瓦の屋根は落ち葉が降り積もる。
つるつる滑りそうだが、なかなか滑らない。
色が変わって、きれいじゃなくなっても、そのまま。
夕方時雨が屋根を打つ。
落ち葉を載せた瓦を容赦なく雨が叩く。
雨が上がれば、きれいじゃない落ち葉は、ますますみすぼらしくなる。

この句も読まれています。

スケッチの 菖蒲はなぜか 池に寝る... ていねいに描いても、寝たようになる。
あ れ や こ れ 想 い 散 ら か し 秋 日 和... いい気候になって、とてもうれしいのだけれど、相変わらずこざこざと、次から次に煩わしいことの連発。 いいと思ったことは、それほどいいこともなく、最高と思ったことは、最悪へのスタートラインだったり、眠れないほどの心配ごとは、時が移れば、何とは無しに落ち着いてきたり、ぜったい揺るがないと長く信じた人は、思...
達 磨 さ ん 起 く こ と な ら ず 大 暑 か な... だるまさん おくことならず たいしょかな この暑さはなに? 「起き上がりコボシ」と呼ばれるオモチャでさえも、倒れたらそのままではなかろうかと思うほどの暑さ。 プールでも熱中症が当たり前に起きるらしい。 ツクツクボウシを待ちわびている。...
夏さなか 植田の雲の 涼しかり 田植えが終わって、ほぼひと月。 苗は確実に育って、もう倍くらい伸びて、しっかり土を掴んでいる。 もう水に流されるんじゃないかって、心配は無用。 田んぼは満々と水をたたえて、入道雲も涼しげに映っている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください