瓦屋根 落ち葉を載せて 夕時雨

瓦の屋根は落ち葉が降り積もる。
つるつる滑りそうだが、なかなか滑らない。
色が変わって、きれいじゃなくなっても、そのまま。
夕方時雨が屋根を打つ。
落ち葉を載せた瓦を容赦なく雨が叩く。
雨が上がれば、きれいじゃない落ち葉は、ますますみすぼらしくなる。

この句も読まれています。

春 陰 や 利 休 鼠 の 空 が 落 つ しゅんいんや りきゅうねずみの そらがおつ 桜が咲きているときの曇りは「はなぐもり」といいますが、春陰は、サクラが咲いてないときでもいいます。 春の憂鬱を託すのに、大正期になってから好んで使われ始めたそうです。 「りきゅうねずみ」は、千利休つまり茶道由来の、茶葉のように緑がかったネズミ色です。...
春の月 遠いむかしの 恋敵 あの頃は必死だった。頑張ったところで どうにもならないものを、諦めきれずに 身を揉んだ。今になってみれば、遠い想 い出。話もする。笑いもする。年を重ね るのも悪くないと感じる瞬間。...
しょうしょうと降る まだ五月の しぐれ雨... 昨夜から降っている。 本来ならばカラッと晴れるはずの空は暗くて、夕方でもないのに、部屋は明かりをつけなければいけないくらい暗い。 白秋「城ヶ島の雨」を聞いた。 江利ちえみが歌っていた。 藤山一郎のも聞いた。 雨は降る降る城ヶ島の磯に。利休鼠の雨が降る。 利休鼠とは色ー濃い濃い鼠色ーいい詩だ。...
千 年 の 銀 杏 青 空  舞 ひ 落 ち ず せんねんの いちょうあおぞら まいおちず 樹齢千年は超えると言われる大イチョウ。 高さも大きさも迫力です。 黄色になった葉は、ストンと落ちるわけではなく、あの高さからくるくると舞いながら、風に吹かれながら、時間をかけて落ちてきます。 空が青いから、まさに小鳥のようです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.