玄関に 松の息吹く 淑気(しゅくき)かな

淑気とは、なごやかでおめでたい空気のことらしい。
松は手がかかる、お金がかかると、この頃では
庭木に見ることが少ない感があるが、手入れの行き届いた
大きな松が玄関に枝振り良く配されているのはいい。
特に新年には、空気がしゃきっとなる気持ちがする。

この句も読まれています。

リ ハ ビ リ の 靴 合 わ せ す る 春 隣... W363. / MIKI Yoshihito (´・ω・) 麻痺のある方の足には、装具をつけなければならないこともある。装具を着ければ、靴は、ワンサイズいえ、もう少し大きなものが必要になる。靴底も特別誂えになる。なんとなく気の重いオーダーメイドである。長い冬が過ぎて、ようやく春になる。重い心はあま...
三 味 (しゃみ) の 棹 (さお) 空 に 掲 げ て 秋 祭 り... Playing on Samisen, Yokin and Kokin / ookami_dou 先頭は三味線舞台。衿を抜いた着物に 結い上げた髪。色気たっぷりが、自信 たっぷりにバチを打ちながら進む。よ うやく取り戻した感の秋の空。高く高 く、青く青く何処までも。...
宅 配 の 夕 食 昼 に 届 い て 師 走 DATSUEBA / 奪衣婆(だつえば) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 忙しいのだろう。夕食の弁当が昼に届いたらしい。しょうがない、そんなこともあるんじゃないかと思ったりもするが、年寄りは、他人のミスを許さない。まったく。自分が迷惑をかけていることなど、ぜんぜん気づいていない。せっか...
先々の 気がかり休み 秋の空 考えても解決のつかないことばかり。 うつうつと過ごした日々は長かったけど、 この秋空を見上げて、秋の空気を吸って、 今ひととき考えることをやめようと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.