玄関に 松の息吹く 淑気(しゅくき)かな

淑気とは、なごやかでおめでたい空気のことらしい。
松は手がかかる、お金がかかると、この頃では
庭木に見ることが少ない感があるが、手入れの行き届いた
大きな松が玄関に枝振り良く配されているのはいい。
特に新年には、空気がしゃきっとなる気持ちがする。

この句も読まれています。

打ち水を 済ませて朝の 飯を喰う まだ涼しいうちに、打ち水をしてみた。 気分のものだ。
水 引 草 コ ン ク リ ー  ト に 咲 き し 花... みずひきそう コンクリートに さきしはな コンクリートに花が咲くわけはないんだけれど、細いひび割れから果敢に顔を出して、一人前に育っているのを見ると、頑張ったねと思います。...
若 き 日 の 至 り と 言 ふ て 花 樗 わかきひの 至りというて はなおうち 先日、父の三十三回忌の法事がありました。 いつもは、お呼びもかからないわたしが、これで最後ということで、声をかけて頂きました。 職場不倫の末、母親は出て行き、新しい24歳のキレイなお姉さんが「新しいおかあさん」になりました。 わたしが5歳、妹が3歳の頃です。 ...
十二月 福子ひとり行く 溺れ溺れ 今年もあと半月。また一年が過ぎる。 迷うことはあまりなかった。 こうするしかない道をただただがむしゃらに 来ただけだったような一年。 来年も似たようなものだろうか。 小さな小さな息抜きを見つけながら、 行くしかない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください