玄関に 松の息吹く 淑気(しゅくき)かな

淑気とは、なごやかでおめでたい空気のことらしい。
松は手がかかる、お金がかかると、この頃では
庭木に見ることが少ない感があるが、手入れの行き届いた
大きな松が玄関に枝振り良く配されているのはいい。
特に新年には、空気がしゃきっとなる気持ちがする。

この句も読まれています。

享 年 の 若 き 仏 に 青 芒 きょうねんの わかきほとけに あおすすき 享年という言葉、年が若ければ胸に迫るものがあります。 不慮の事故もあったろう。 全力で闘い抜いた結果でもあったろう。 笑顔の遺影は、本人の強さや無念、親の苦労も思わせるものです。 精一杯であっただろう短い人生を、折にふれて思い出し、話題にし、忘れず、語り継...
花 見 上 ぐ ひ と と き 浄 土 あ り し よ な... はなみあぐ ひとときじょうど ありしよな こんなみごとな桜を、あの人が見ていないわけはない。 宴の最中かもしれない。 見上げると空。 見上げると桜。 貴方が幸せでありますように。 もう慣れましたか。...
刈田では 足をとられて 歩かれず 稲刈りの終わった田んぼは、はてしなく広くて、子どもの格好の遊び場のようです。 でも実際には整然と残った株が足首をコクコクと捕まえて、歩けないのです。...
稲 刈 り は 有 給 休 暇 本 柱 いねかりは ゆうきゅうきゅうか ほんばしら のんびりした団体にお勤めのようです。 社会福祉協議会というところだそうです。 稲刈りも、田植えも主力になって活躍です。 親孝行です。 地元の消防団にも入っていて、韓国に団体旅行にも行かれます。 和太鼓や、田舎芝居のサークルでも活躍です。 一部上場の一流企...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください