猪 怖 し 猪 と 間 違 ふ 人 怖 し

ししこわし ししとまちがう ひとこわし

この頃は、都会のあちこちで、イノシシが暴れ、たいへんな捕物帳が行われていると聞きます。

ひと昔前には、山でイノシシ退治の猟師が、間違えて仲間を撃つ事件が多発したこともありました。

彼らが一線を退いて、今ではハンター不足が問題とされているとのこと。

日替わりで、困ったことが起きる昨今、来年が来るのが、おそろしくもあります。

この句も読まれています。

ガード下 燕(つばめ)の雛も 共に揺れ... つばめが減った。 滅多に見ないのはなぜ。 餌がないからか。 ガード下のずーっと横の方に見つけたときは驚いた。 せわしない。 飲み屋もがたがた、燕の巣もがたがた。 安全ならしょうがない。...
おでん三つ あれば句も出る 唄も出る... おでんが三つもあればいい。 熱燗が三本もあればいい。 ひとりパラダイス。ひとり夢のなか。 この時間が確保できれば、あしたもどうにか なる気がする。...
置 き 薬 膏 薬 効 くと 生 身 魂 おきぐすり こうやくきくと いきみだま 越中富山の薬売りから始まった、常備薬を家庭に置き、使った分を補給するタイプの配置薬。 未だに健在です。 たいていは、かぜの薬や胃腸薬などですが、腰や膝に貼る湿布も人気のようです。 お年寄りは「 こうやく 」と呼びます。 医師が出す湿布薬より、絶対効くと言うの...
放 牛 の 烙 印 大 き 阿 蘇 の 露 ほうぎゅうの らくいんおおき あそのつゆ 人間というものは、残酷でどうしようもない。 阿蘇に放されているウシには、自分のものだという大きな焼印が背中に付けられています。 どうして、タグではいけないのでしょう。 痛みはいかばかりか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください