猪 怖 し 猪 と 間 違 ふ 人 怖 し

ししこわし ししとまちがう ひとこわし

この頃は、都会のあちこちで、イノシシが暴れ、たいへんな捕物帳が行われていると聞きます。

ひと昔前には、山でイノシシ退治の猟師が、間違えて仲間を撃つ事件が多発したこともありました。

彼らが一線を退いて、今ではハンター不足が問題とされているとのこと。

日替わりで、困ったことが起きる昨今、来年が来るのが、おそろしくもあります。

この句も読まれています。

沢 す じ の 滑 落 抱 い て 山 眠 る 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 今年は、雨が多かった。山では小さな崖崩れが起こり、尾根と尾根の間の落ち込んだところの樹々が流された。とくに人の通りには被害のない場所だったためか、手が回らないのか、今のところそのまま、山肌を晒して痛々しい。それな...
ケイトウの 折りたたまれて 秋の空... 鶏のトサカのようなけいとうの花はあまり好きではないけれど、あの見事に折りたたまれたような花のつくりには感心します。まるで人の手で折ったようです。毒々しいような、派手な赤が、秋の青空には合うようなきがするのです。...
障がいを 越えて菜漬けの いとおしき... 障がい者の集う施設が、バザーを 開いていたので、見に行った。 手作りの作品が並び、パンやおこわ おでんの片隅に菜漬けを見つけた。 こんな美味しい漬物は食べたことが ない。寒い中、取りに行ったのだろ う。冷たい水で洗ったのだろう。 ここまで育てた親の苦労を思う。 少しでも肩の荷を下ろすことができ れば...
裏 門 司 の 隘 路 (あいろ) 漏 れ な く そ ぞ ろ 寒... 門司港の駅から海に向かう表の顔は、もう何度も訪れた。 新しい橋、新しいレストラン、お土産屋がひしめき合って、観光客も多い。 放ったらかしにされた裏側こそが、門司港の歴史をそのまま残しているのではないかと思うほど、表は変わってしまった。 レトロな駅舎が残っているから、もうそれだけで絵になるのだろう。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください