犬 ふ ぐ り 吐 息 ひ と つ を 見 逃 さ ず

いぬふぐり といきひとつを みのがさず

犬ふぐり、早春の野を染める愛らしい、ホントに小さな花です。

雑草です。

花の中心は白く、花びらは水色です。

緑の葉とともに地面をおおうように広がります。

この句も読まれています。

花 ミ モ ザ 廃 屋 覆 ひ 空 覆 ひ はなみもざ はいおくおおい そらおおい 幹線道路をふた角ほど中に入り込むと、狭い狭い道沿いに、もうとっくに人が住んでいないと思われる家がそこここにあります。 決して田舎のことではなく、政令都市とされる街中です。 なんでこんなもったいないことになるのか、固定資産税は払わずにすんでいるのかと、余計...
水餅を 取るに肘まで 幼き日 昔は、今のような冷凍庫がなかったので、餅は 水に浸して保存したものです。 幼かった頃、その餅を取り出すのに、肘まで 水につかって、服の袖口が濡れて、冷たかったものです。...
も っ こ す の 誇 り 熊 本 城 も 梅 雨... もっこすの ほこり くまもとじょうも つゆ 肥後もっこす。 熊本県の県民性を表した言葉です。 津軽じょっぱり、土佐いごっそうとともに、日本三大頑固のひとつとされています。 「頑固」「反骨」 つまり我が道を行く。 単純ながら、ごちゃごちゃ言わない。 コツをマスターすれば、扱いにくいわけでもない。...
竹 の 秋 ざ わ り と 天 に 近 き と こ... たけのあき ざわりとてんに ちかきとこ 竹は常にみどりの葉をつけていますが、地中にタケノコが育つころになると、勢いが衰え、葉が黄ばんできます。 それが木々の黄葉ににているので、「竹の秋」と呼ばれます。 日が当たったり当たらなかったり、影がちらちら動くのがおもしろくもあり散歩コースです。 風は...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です