犬 ふ ぐ り 吐 息 ひ と つ を 見 逃 さ ず

いぬふぐり といきひとつを みのがさず

犬ふぐり、早春の野を染める愛らしい、ホントに小さな花です。

雑草です。

花の中心は白く、花びらは水色です。

緑の葉とともに地面をおおうように広がります。

この句も読まれています。

身 を 隠 す 術 (すべ) 無 し 花 の 野 分 (のわけ) 前... Wild Flowers 野草的花 / HK James Ho 襲い来る風雨に、隠れることもできず ただ野晒しで、耐えて立派。雑草なれ ど立派。嵐も我慢してれば、必ず過ぎ る。只中にいるときは、永遠に続くよ うにしか思えないけど。変わる。変わ る。昨日と同じということはないこと に、通り過ぎてしば...
鬱なのか 春日眩しく 手足の重し 春の明るい日差しがうっとうしいことはありませんか。 人の入学や就職の話がうざいと感じることはありませんか。 あたしはしょっちゅうです。 そんなとき、ただ明るい人と話すのは、拷問のように感じることがあります。 たいていの人は平気のようです。...
蹲 ( つくばい ) に 青 葉 若 葉 の 映 り 込 み... Washbasin / mrhayata つくばいとは、手水鉢のこと。 和風の庭の、むかしはそれこそ茶室に入る客人が、手を洗ったとされる。 お茶のことはわからないので、すべて聞いた話である。 苔むしたつくばいに、水は満杯に注ぎ込まれ、山の緑はいっぱいに、入るだけ映っている。 水の冷たさが、その映り...
朝夕に 陽に映え冬の 木立かな  冬木立、すっかり葉を落としてしまった、冬の木々はっすっきりしていて、 向こうから朝日が昇ってくると、さんさんと太陽の光を受け、またそれが 木を通して、透けていくのです。 夕方には沈みかけた朱色の夕日が木のはざ間から透けていくのです。 冬の立ち木は、立派なオブジェなのでしょう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください