犬 ふ ぐ り 吐 息 ひ と つ を 見 逃 さ ず

いぬふぐり といきひとつを みのがさず

犬ふぐり、早春の野を染める愛らしい、ホントに小さな花です。

雑草です。

花の中心は白く、花びらは水色です。

緑の葉とともに地面をおおうように広がります。

この句も読まれています。

あ あ 言 へ ば こ う 言 ふ 人 の 秋 暑 し... 無抵抗。 / anko.gaku_ula 神さまの配剤か、どんな集団にも、苦手な人は存在する。 10人居れば、ひとりは必ず。 5人居てもひとりは必ず。 3人でも、ひとりは苦手が居るから、まことに困ったことである。 噛み合わない。 笑うところが違う。 軽い冗談を言い合っているのに、真面目に皮肉ととる...
隣 家 解 く 薫 風 大 い に 渡 り お り... りんかとく くんぷうおおいに わたりおり となりの家が解体されました。 子どもが独立し、家を出て、ご主人が逝去され、一人暮らしだった奥さまが施設に入所され、無事売れたそうです。 今まで窓を開ければ、となりの窓だった所が、パアッと大きな空間になり、入らなかった風が思いっきり吹き抜けています。 ...
若 き 日 の 至 り と 言 ふ て 花 樗 わかきひの 至りというて はなおうち 先日、父の三十三回忌の法事がありました。 いつもは、お呼びもかからないわたしが、これで最後ということで、声をかけて頂きました。 職場不倫の末、母親は出て行き、新しい24歳のキレイなお姉さんが「新しいおかあさん」になりました。 わたしが5歳、妹が3歳の頃です。 ...
暮れの春 ヘリコプターの 地雷音 IMGP0079 / fujikinoko 雨が、少しは降ったのだろうか。湿度の高い、ねっとりとした遅い春の暮れ。なんの匂いだろうか、ハーブの種類だろうか、何処からともなく、甘いというか、説明のつかない匂いが満ちてくる。林芙美子の「浮雲」だったか、あの本にある仏印の気候は、こんな感じのもっと強烈なも...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください