犬 ふ ぐ り 吐 息 ひ と つ を 見 逃 さ ず

いぬふぐり といきひとつを みのがさず

犬ふぐり、早春の野を染める愛らしい、ホントに小さな花です。

雑草です。

花の中心は白く、花びらは水色です。

緑の葉とともに地面をおおうように広がります。

この句も読まれています。

待宵の 月をお供に 風呂帰り わたしはスーパー銭湯が好きです。 一日の終わりに、ゆっくり入ります。 露天から見る空は、小さく四角に切り取られて、月はぼんやり浮いています。 帰りはそのお月さまと一緒です。 待宵の月はぼんやりして、あんまり気合が入ってなくて、好きです。...
位 牌 に ひ と つ 残 り は 我 に さ く ら ん ぼ... いよいよ、さくらんぼの季節。 アメリカンチェリーではない、国産のさくらんぼは高い。 仏さんに回す分は、ほんとはないのだけれど、気持ちだけ。 気がついただけで、上等。...
鬼灯 (ほおずき) を 鳴 ら し て 曲 が り 角 違 え... Chinese lantern plant / Physalis alkekengi / 鬼灯(ホオズキ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) ほおずきの鳴らし方なぞ、最近の人は知るまい。 あの赤い袋を破ると、中に赤い丸い球がある。 それを外して、慌てず時間をかけて柔らかくなるまで指で揉...
雪霰 いやと言うほど 叩かれて 今年はじめてのあられ、もう寒くて寒くて 季節感などありもしない。 なんでこんな日に仕事なん。 べしょべしょに濡れた。 研なおこの「あばよ」明日も今日も留守なんて~見え透く手口使われるほど 嫌われたならしょうがない~黙ってアバヨと気取ってみるさ なんでこんな唄がうかぶのか、情けない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください