犬 ふ ぐ り 今 日 の 心 の 突 っ か い 棒

いぬふぐり きょうのこころの つっかいぼう

先週までの寒さがウソのように日差しがまぶしいくらいです。

梅がほころんだり、犬ふぐりが水色の小さな花をつけていたり、畦の隅の水たまりの辺りにセリを見つけたり、ふだんは誰もいない公園の遊具に、父親か爺ちゃんかが幼い子どもを遊ばせているのを見かけたりすると、気持ちの一ヶ所だけ糸がゆるむような気持ちになることがあります。

支えになるような頼もしいできごとはないけれど、今日いっぱいくらいはこの穏やかさが持ちこたえられるんじゃないかと期待します。

この句も読まれています。

若樹(わかぎ)なれ 大樹の予感 若紅葉... maple tea / "KIUKO" 紅葉の木の下に、子供の紅葉を見つけて、植木鉢に生けておいた。何も手を加えないのに、春になれば生長して、いっぱしの紅葉となる。枝振りもそれなりに趣がある。便利な樹だ。日に日に葉はしっかりし、縁取りの紅い色ももう消えかけている。...
わたし今 元気だろうか いわし雲 なんか気が滅入っているのはわかる。原因もわかる。私は拒絶された環境に長く居ると、具合が悪くなり、それはたいてい三日ほど続く。昔は実家がそうだった。継母と妹ふたり、いま思えば、あれはイジメだ。 今回は同窓会。行かなきゃ良かった。少しだけ懐かしさもあって、まちがって顔を出してしまった。弁解になるけど、私...
西 郷 が 敗 走 の 道 山 か ず ら さいごうが はいそうのみち やまかずら 西南の役に敗れた西郷隆盛が、うちの前を通ったというのが自慢の婆ちゃんがいました。 ネットで敗走路を見てみると、どうもおっしゃる通りのようです。 長い時が経ち、歴史も大きく変わったものの、この辺りの風景にあまり変化と言えるほどの変わりようはないようで、九州...
冬の月 切った爪のよに 夜空にささる... キンキンに凍てついた空、凍って小さく光る月、 端の尖った爪のように見える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください