犬 ふ ぐ り 今 日 の 心 の 突 っ か い 棒

いぬふぐり きょうのこころの つっかいぼう

先週までの寒さがウソのように日差しがまぶしいくらいです。

梅がほころんだり、犬ふぐりが水色の小さな花をつけていたり、畦の隅の水たまりの辺りにセリを見つけたり、ふだんは誰もいない公園の遊具に、父親か爺ちゃんかが幼い子どもを遊ばせているのを見かけたりすると、気持ちの一ヶ所だけ糸がゆるむような気持ちになることがあります。

支えになるような頼もしいできごとはないけれど、今日いっぱいくらいはこの穏やかさが持ちこたえられるんじゃないかと期待します。

この句も読まれています。

脈 々 と 着 々 と あ り 冬 桜 みゃくみゃくと ちゃくちゃくとあり ふゆざくら 桜は一年のうち、どのくらいでしょう、日本中でもてはやされるのは。 葉桜となり、他の樹々と区別がつかなくなって、落葉し、枯れ木のようになってしまいます。 冷たい雨、吹雪を経て、一回り大きく成長するようです。 誰も応援しない。 誰からも見捨てられ...
蹲 ( つくばい ) に 青 葉 若 葉 の 映 り 込 み... Washbasin / mrhayata つくばいとは、手水鉢のこと。 和風の庭の、むかしはそれこそ茶室に入る客人が、手を洗ったとされる。 お茶のことはわからないので、すべて聞いた話である。 苔むしたつくばいに、水は満杯に注ぎ込まれ、山の緑はいっぱいに、入るだけ映っている。 水の冷たさが、その映り...
秋の雨 川面を叩く 音強く 水を打つ雨をみるのが好きです。 だんだん激しくなる今ごろの雨を、欄干から飽きもせず眺めます。 寒くないようにマフラーをして、遠い記憶を呼び覚ますのです。 iPhoneからの投稿...
言えばもう 終わるしかない 沈丁花... 想いを告げれば、それまで。 黙っているのが、大人。 よかったらクリックください。励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください