犬 ふ ぐ り 今 日 の 心 の 突 っ か い 棒

いぬふぐり きょうのこころの つっかいぼう

先週までの寒さがウソのように日差しがまぶしいくらいです。

梅がほころんだり、犬ふぐりが水色の小さな花をつけていたり、畦の隅の水たまりの辺りにセリを見つけたり、ふだんは誰もいない公園の遊具に、父親か爺ちゃんかが幼い子どもを遊ばせているのを見かけたりすると、気持ちの一ヶ所だけ糸がゆるむような気持ちになることがあります。

支えになるような頼もしいできごとはないけれど、今日いっぱいくらいはこの穏やかさが持ちこたえられるんじゃないかと期待します。

この句も読まれています。

踏 み 入 れ ば 還 れ ぬ 気 せ り 木 下 闇... ふみいれば かえれぬきせり こしたやみ コシタヤミ。 五月の今時分、空は青くすがすがしいのに、うっそうとした樹々の間では、足元だけ漆黒の闇を見ることがあります。 後ろあたりでカサっと音がすればゾッとするような気味の悪さもあります。 不思議な闇です。...
こ れ よ り は あ り ん す の 町 門 柳... これよりは ありんすのまち かどやなぎ 柳は、川端そして境界線によく植えられたと聞きます。 むかし遊廓と呼ばれた町の入り口には、必ずヤナギの木があったとも。 ありんす言葉は、遊女 ならでは。 なまりの強い田舎の農村、漁村から女衒によって連れてこられた少女たちのなまりを消すのにうってつけの遊廓...
初 詣 迷 子 は 社 務 所 ヤ ク ル ト さ ん... はつもうで まいごはしゃむしょ やくるとさん なんせ人が多いものだから、繋いでた手がほどけたのでしょう。 子どもは社務所に連れてこられ、巫女さんたちも忙しいのに、一生懸命泣きべそのご機嫌をとってくれて、さらにヤクルトが渡されると、すっかり泣き止んだようすです。...
意に沿わぬ 謝罪しながら 蝉時雨 私のせいじゃない。 誰が見ても、あなたが悪いのに、 新人の私のせいにされた。 しょうがない、謝るしかない。 だってそうしないとおさまらないらしい。 心で蝉が一斉に鳴く、ジージーと音がする。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください