牡 丹 の 咲 くさ め ざ め と 雨 の な か

ぼうたんの さくさめざめと あめのなか

今日は予報どおり、早朝からしとしと雨が降っています。

つぼみを開いたばかりの牡丹も、この雨にどうしようもないようすです。

白牡丹、ほんとに薄い薄いピンクが入っていて、自分で言うのもなんですが、ちょっとそこいらでは見かけないくらいの美しさです。

この句も読まれています。

梅雨に濡れ つらい思いも 嵩を増し... 濡れた服が、ずっしり重くなるように、おそらくつまらないことなのだろう けど、なんかひっかっかって、心が晴れない。ずしんと受け止めながら、 笑うのもつらい。...
せ せ ら ぎ や 紅 葉 一 葉 の 疾 く 流 れ... せせらぎや もみじひとはの とくながれ ただの小さな小川だと思っていました。 岸辺のカエデがひらりと落ちたと思うと、もう先に先に流れて、それで流れの速さを知りました。...
置 き 薬 膏 薬 効 くと 生 身 魂 おきぐすり こうやくきくと いきみだま 越中富山の薬売りから始まった、常備薬を家庭に置き、使った分を補給するタイプの配置薬。 未だに健在です。 たいていは、かぜの薬や胃腸薬などですが、腰や膝に貼る湿布も人気のようです。 お年寄りは「 こうやく 」と呼びます。 医師が出す湿布薬より、絶対効くと言うの...
魂の 拠りどころなき 長日陰 秋の影法師は長い。日差しは強いから、長い日陰を探し探し歩く。何か探しているのだけど、一向に見つからない、そんな心持ち。うまく言えないが、わたしはどこか彷徨っている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください