牡 丹 の 咲 くさ め ざ め と 雨 の な か

ぼうたんの さくさめざめと あめのなか

今日は予報どおり、早朝からしとしと雨が降っています。

つぼみを開いたばかりの牡丹も、この雨にどうしようもないようすです。

白牡丹、ほんとに薄い薄いピンクが入っていて、自分で言うのもなんですが、ちょっとそこいらでは見かけないくらいの美しさです。

この句も読まれています。

フ ー コ ー の 振 り 子 凍 え て 健 康 課... 「フーコーの振り子」というのだそうです。 高いところに設置された支点から、長い紐が下がっていて その先に鉛か鉄の球が付いています。 どういう原理なのかわかりませんが、またわかりたくもありませんが、規則的にぶらぶら揺れて、大きな円形の時計の淵に置かれたコマのようなものを端から順番に倒していきます。 市...
埋 み 火 を 興 す 振 り し て 物 想 ひ... うずみびを おこすふりして ものおもい 炭をながもちさせるために、むかしから火鉢の灰の中に埋めたものです。 灰の中の炭は、火力は弱まりますが、いつまでも燃え続けます。 手をかざせば、ほのかな温もりが感じられたものです。 火ばしで掻き出せば、またあかあかとおこります。 火ばしで、灰や炭を掻き回しなが...
通販 わたしは通販が好きです。ではなくショッピングが苦手です。特に衣類、靴、バッグなどなどはほとんどすべて通販で求めます。あれこれ見て廻るのが苦痛なのです。すぐに疲れて、どうでもよくなります。頭の中に、災害用のブルーシートが、ザッと広がって、何も見たくない考えたくない状態になります。カタログで買うのは、...
武 者 返 し 古 戦 の 城 址 仏 法 僧 ( ぶっぽうそう )... 熊本城の石垣。 城に侵入しようとする敵の武者を、反り返った石垣で追い返してしまうことから、この名前が付いたと言われます。 加藤清正は石垣を得意とし、裾は緩やかな勾配のものが、上に行くにつれて垂直に近いものになる「武者返し」と呼ばれる工法をあちこちの城に用いているそうです。 明治の西南戦争では、この石...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください