牡丹(ぼたん)の芽 暗き底から 命噴く(ふく)

牡丹は、咲いた花の美しさと、芽の出た時の力強さの印象がアンバランスでおもしろい。
まるで、深い地のそこから、湧き上がったような、力強い紅の芽には、命の息吹きを感じる。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

芝芽ふく 春の絨緞(じゅうたん) まっしぐら... 芝というものは、少しずつ少しずつ芽を出すのだと思いますが、昨日まで薄茶色だったのが、 きょうになると、いきなり緑に見えてびっくりしています。 たぶんある一定の線を超えると、人間の目には緑に見えるということなのでしょう。 まだときどき寒い日があるものの、春が来ました。 よかったらクリックください。励み...
冷やし酒 ようやと一人の 梅雨半ば... ひとりの時間は大事です。 ほっとします。 つかの間のお休みタイム お酒が少しあると、さらによし。 ほんとに疲れたとき、仲間は要らないものです。...
家 解 き て 後 ( あと ) に 躑 躅 (つつじ ) と 石 臼 ( いしうす ) と... むかしはご近所、親類大勢で餅をついたのでしょうか。 門扉の一部だったであろう石垣や、つつじが残され、重すぎてどうしようもなかったのか、ころんと転がされた石臼。 いずれは片付けられ、マンションか駐車場にでもなるのでしょうか。...
時期はずれ あはれを増して 帰り花... 時期はずれの花をきれいとは、あまり言わない。 なんか変、どうしたんだろう、だいじょぶかな。 人もきちんとした方がいい、一応。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください