牡丹(ぼたん)の芽 暗き底から 命噴く(ふく)

牡丹は、咲いた花の美しさと、芽の出た時の力強さの印象がアンバランスでおもしろい。
まるで、深い地のそこから、湧き上がったような、力強い紅の芽には、命の息吹きを感じる。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

ま ず は 花 想 ひ 出 向 か う に 押 し や り て... みんなみんな前をのみ見て歩いているように見えます。 昔のことなどどうでもいいと、語る人もなく、話したところで思い出す人もないと感じます。 人には、つまらないことだからかもしれません。 今は立派なロータリーの出来た駅前で、泥んこの水溜りで遊んだことや、貸本屋のホラー漫画を、毎日3冊立ち読みして、2冊借...
茅(かや)の葉の しなるほどなる 白露かな... 朝露が、私の好きなふ入りの茅の葉を大きくしならせるほどにつく季節にようやくなりました。二十四節気ではたしか白鷺というらしいです。すがすがしい朝です。...
梵 鐘 や 秋 の 周 波 に 乗 り て 来 し... ぼんしょうや あきのしゅうはに のりてこし 夜が明けきらぬころ、遥か遠くの方から、鐘の音が聞こえます。 一年を通して、休むことはありません。 最近の朝晩の冷え込みようで、空気が澄んだ気がして、心なしか鐘の音もきれいに聞こえるのは気のせいでしょう。 まっすぐに、近づいたか、はっきりと聞こえるの...
2014年、あけましておめでとうございます。... 今年も四季折々の言葉を詠んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 福子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください