牡丹(ぼたん)の芽 暗き底から 命噴く(ふく)

牡丹は、咲いた花の美しさと、芽の出た時の力強さの印象がアンバランスでおもしろい。
まるで、深い地のそこから、湧き上がったような、力強い紅の芽には、命の息吹きを感じる。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

幾 つ も の 想 い と ぐ ろ に 秋 初 め... 正丸峠の秋 / torisan3500 いつの間に年をとってしまった のだろう。人が言うほど、あた しは年ではない。むしろ観察眼 は、研ぎ澄まされ、人の言葉の 裏を読む術熟練し、これ以上を 望まぬこと達観し、それでもな お、嫉妬に身をやつし、もっと きれいになりたいと願い、なに やら意気揚々と人に...
雁 の 棹(さお ) 躊 躇 ひ (ためらい) の な き わ け も な し... 雁は団体で行動する渡り鳥。 まるでさおのように一直線で、高い秋の空を行く。 これから長い長い旅に出る。 傷つくことも、病に倒れることもあろうが、もう見切り発車。 親はどうした。 子どもはどうした。 たとえそれが性であっても、大きな試練にちがいない。...
梅が枝の 餅を食い食い 花菖蒲 あんな見飽きた餅が、遠方の人には珍しい様子。 国立博物館ができてからは、一年中よく売れてるらしい。
大地には 芽吹きの音す 雪の舞う 蔦、梅、かえで、木の名前はあまり知らないが、 春が近づいているのは、わかる。 来月になれば、「つぼみも大きくふくらんで、」と なるだろうきざしが、あっちこっちにすこうしずつ。 なのに、もう、人間関係につまずいている。 今年はどうなるのか、一年中つまずきっぱなしなのかな。 それも二箇所で、つまずいた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.