牛車引く 秋の大祭 道真忌

菅原道真の遺体を乗せた牛車が、停まったところが大宰府だという。
榎社と天満宮を結ぶ秋の田舎道を、雅楽の演奏とともにそぞろ歩く。
九月半ばのこと。

この句も読まれています。

むつごろう 採るな騙すな(だますな) 眼(まなこ)見よ... 有明海の干潟に棲息するむつごろう。 愛嬌のある風貌と泥まみれの干潟で 跳ね回る動きの面白さ。柳川の鮮魚 店で売っているのを見た。食べては いけない。あの眼を見てごらん。と ても食べられるものではないでしょ う。...
人 想 ふ 逃 げ 水 追 ふ て 懲 り も せ ず... ひとおもう にげみずおうて こりもせず 遠くに水たまりが見えるのに、近づくと何もない。 これは、地表の空気の温度差によって、光の屈折がおこり、実際にはないものがあるように見える現象だそうです。 蜃気楼のようなものでしょうか。 高速道路などで経験したようなあれでしょうか。 好きな人も同じこと...
ゼロの焦点 中谷美紀がすばらしかった。終戦直後の混乱の日本にパンパンと呼ばれる、売春婦が大勢いたころの話。 知られたくない過去を持つ人間の心中を描ききった作品。水上勉の《飢餓海峡》を思い出した。いい作品である。 オススメです。...
いつのころ 電車の天井 扇風機 冷房のないころの電車には、天井に激しく回る扇風機がついていたものです。 ブイーンブイーンと音をたてて回ります。 自分のほうに来ると、ほっとしたものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.