牛車引く 秋の大祭 道真忌

菅原道真の遺体を乗せた牛車が、停まったところが大宰府だという。
榎社と天満宮を結ぶ秋の田舎道を、雅楽の演奏とともにそぞろ歩く。
九月半ばのこと。

この句も読まれています。

運もまた 実力のうちと 夏始む 南相馬、小高ボラセン。曇ってたけど少しずつ青空が。 / jetalone いろいろな運がある。そんな気がしたり、しなかったりで毎日を過ごしてる。小さな偶然でうまくいったりしたときは、運が向いてると小さな喜びを感じたりする。一般的で大きなものは、就職や結婚か。縁故採用華やかなりし頃は、就職は運だった。...
ア カ シ ア の 花 の 雫 ( しずく ) は 顔 で 受 け... 西田佐知子の、「アカシアの雨がやむとき」中国から来た花だろうか。 唄と名前に惹かれて、庭に一本植えた。 驚くほど、大きくなった。 目立たない、静かな花をつける。 匂いはない。 大事にしている。...
味薄い 年越しそばを 作りけり なぜか料理が下手であります。 味の薄い蕎麦で、来年は大丈夫なんだろか、 心配…。
散り落ち葉 はらはらと落つ 無人の駅に... 紅葉の時期が少しずつ移り変わるのは、美しい。 桜が散るのとはまた異なった風情で、しばし心豊かになれたような気がする。 無人の駅のホームにも屋根にも色とりどりの葉っぱが落ちる様はどこかなつかしい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください