煙 突 の あ る 町 に 来 し 冬 日 差

えんとつの あるまちにこし ふゆひざし

煙突といってもいろいろ。
七色の煙と誇らしげだった、北九州の以前の工業地帯、粉塵を撒き散らし空を汚し、洞海湾を死の海にした。
有田の陶芸の窯の煙突。
長く沈滞ムードでしたが、今では、世界に目を向けて、新しい陶芸家が育っていると聞きます。
陶芸家の養成のための立派な学校も出来ています。
さらに今は久留米市となっていますが、町村合併以前は、三潴郡城島町、清酒の郷の煙突。
大手に呑まれて苦戦を強いられていると聞きます。
古い煉瓦は、活発に煙を吐いていた時代のもの。
酒といえば、米と水。
穀倉地帯の筑後平野と筑後川のバックアップで育った様々な清酒。
あたしは富の寿とフクムスメしか知らないけれど。
そして石炭の町の煙突。
四百人を超える犠牲者を出した、大牟田三池炭鉱の炭塵爆発とその後の労働争議を見て来た煙突。
大きなボタ山は、もうすっかり里山化し、樹々が育ち、かつての面影はありません。
炭住と呼ばれた長屋の住宅も、廃屋と化し、壊されてずいぶん経ちました。
いずれにしても、煙突は生活であり、それぞれの人々、それぞれの地域に溶け込み、趣きは果てしないものがあります。
煙突を抱えた町も年の瀬です。
壊されることなく、持ちこたえてくれることを祈るばかりです。

この句も読まれています。

信 ず る も 離 る も 九 割 (くわり) 鰯 雲... いわし雲 / Keiichirou Shikano あたしは、人の言動に感動して、 この人こそと簡単に決める傾向が ある。反対に一度煮え湯を飲まさ れたら、もう大変。ぜったい許さ ない。忘れない。そういうところ があたしにはある。でも100%信じ られるものなどあり得ない。人間 関係ほど不確かな...
筍や 今年も見ずに 梅雨入りか 「たけのこは買ったことがない。毎年いただくわ。」なんてよく聞くせりふ。 付き合いの少ないわたしは、たけのこなど、もらったこともなく、別にもらいたいわけじゃなく、 買うにはちょっと高いような気がして、また今年もたけのこにはめぐり合わずじまい。 別にいいけど…貰ったり、お返ししたり、煩わしい限りじゃ...
打ち水で 小さきぼろ屋 凛として 玄関先に打ち水をするのは、すがすがしいものです。 わたしは、家は古くて小さくて、庭も狭くても、 なんとなく手入れのいい家に、つましさや居心地のよさを感じます。 木造、築30年、低いブロック塀、紫陽花やコデマリややつでのある日当たりのいい家… 意外とありそうでないものです。...
蹲 ( つくばい ) に 青 葉 若 葉 の 映 り 込 み... Washbasin / mrhayata つくばいとは、手水鉢のこと。 和風の庭の、むかしはそれこそ茶室に入る客人が、手を洗ったとされる。 お茶のことはわからないので、すべて聞いた話である。 苔むしたつくばいに、水は満杯に注ぎ込まれ、山の緑はいっぱいに、入るだけ映っている。 水の冷たさが、その映り...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください