煙 突 の あ る 町 に 来 し 冬 日 差

えんとつの あるまちにこし ふゆひざし

煙突といってもいろいろ。
七色の煙と誇らしげだった、北九州の以前の工業地帯、粉塵を撒き散らし空を汚し、洞海湾を死の海にした。
有田の陶芸の窯の煙突。
長く沈滞ムードでしたが、今では、世界に目を向けて、新しい陶芸家が育っていると聞きます。
陶芸家の養成のための立派な学校も出来ています。
さらに今は久留米市となっていますが、町村合併以前は、三潴郡城島町、清酒の郷の煙突。
大手に呑まれて苦戦を強いられていると聞きます。
古い煉瓦は、活発に煙を吐いていた時代のもの。
酒といえば、米と水。
穀倉地帯の筑後平野と筑後川のバックアップで育った様々な清酒。
あたしは富の寿とフクムスメしか知らないけれど。
そして石炭の町の煙突。
四百人を超える犠牲者を出した、大牟田三池炭鉱の炭塵爆発とその後の労働争議を見て来た煙突。
大きなボタ山は、もうすっかり里山化し、樹々が育ち、かつての面影はありません。
炭住と呼ばれた長屋の住宅も、廃屋と化し、壊されてずいぶん経ちました。
いずれにしても、煙突は生活であり、それぞれの人々、それぞれの地域に溶け込み、趣きは果てしないものがあります。
煙突を抱えた町も年の瀬です。
壊されることなく、持ちこたえてくれることを祈るばかりです。

この句も読まれています。

能 面 に 見 透 か さ れ お り 朧 の 夜... のうめんに みすかされおり おぼろのよ 人間の心には、有る事無い事、あるはずもない不良めいたこと、何やかや浮かんでは消えるもの。 能面というのは、単純な貌ながら、眉は無いし、へんに笑顔で薄気味の悪いものです。 覗かれたくないものを見抜くような、不思議なものを感じます。...
冬 木 の 芽 拳 挙 ぐ れ ば 空 碧 く ふゆきのめ こぶしあぐれば そらあおく 葉をすべて落とした落葉樹は、活動を停止して深い眠りについているかのようですが、冬に入る前にすでに、春の芽吹きの準備をすませていると聞きます。 枝々に小さなふくらみのように見えるのは、やがて葉となり花となる部分で、「冬芽」と言われるとEテレの園芸で言っていま...
里山に けもの道あり 梅白し 四王寺山には、頂上まで、バスが行きます。 大きなりっぱな道路が出来ていて、いやになります。 ところが、細い道を見つけたのです。 ふもとの、池の淵からぐるっとまわると、その道に入れます。 誰にも教えない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
血 縁 と 聞 か ば 裸 足 で 逃 ぐ る 盆... けつえんと きかばはだしで にぐるぼん わたしの場合は、親も兄弟もどちらもいけ好かない。 どいつもこいつもうっとうしいだけで、人生において役にたってくれたとはとても思えないどころか、余計な苦しみを与えた天敵。 聞くところによると、よその兄弟姉妹というものは、ふだんは仲良しこよしで、いっしょに買...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください