煙 突 の あ る 町 に 来 し 冬 日 差

えんとつの あるまちにこし ふゆひざし

煙突といってもいろいろ。
七色の煙と誇らしげだった、北九州の以前の工業地帯、粉塵を撒き散らし空を汚し、洞海湾を死の海にした。
有田の陶芸の窯の煙突。
長く沈滞ムードでしたが、今では、世界に目を向けて、新しい陶芸家が育っていると聞きます。
陶芸家の養成のための立派な学校も出来ています。
さらに今は久留米市となっていますが、町村合併以前は、三潴郡城島町、清酒の郷の煙突。
大手に呑まれて苦戦を強いられていると聞きます。
古い煉瓦は、活発に煙を吐いていた時代のもの。
酒といえば、米と水。
穀倉地帯の筑後平野と筑後川のバックアップで育った様々な清酒。
あたしは富の寿とフクムスメしか知らないけれど。
そして石炭の町の煙突。
四百人を超える犠牲者を出した、大牟田三池炭鉱の炭塵爆発とその後の労働争議を見て来た煙突。
大きなボタ山は、もうすっかり里山化し、樹々が育ち、かつての面影はありません。
炭住と呼ばれた長屋の住宅も、廃屋と化し、壊されてずいぶん経ちました。
いずれにしても、煙突は生活であり、それぞれの人々、それぞれの地域に溶け込み、趣きは果てしないものがあります。
煙突を抱えた町も年の瀬です。
壊されることなく、持ちこたえてくれることを祈るばかりです。

この句も読まれています。

目 分 量 沢 庵 漬 け の 逞 し さ めぶんりょう たくわんづけの たくましさ 沢庵を漬けるには、大根の重さに応じて、塩や砂糖、糠などを入れます。 大根の重さに応じてというところが、難しいところです。 料理の秤では計れない重さですから。 そこは年の功です。 年季です。 手掴みで、ほいほいと入れていきます。 姉さん被りに、自信があふれま...
病 院 の 床 の テ ー プ は 錦 鯉 Colored carp / haru__q 病院の床は、「心電図は赤いテープをお進みすださい。」 「レントゲンはグリーンのテープです」って、満艦飾のテープはりめぐらしてあります。 ちゃんと季語もいれましたの。 それにしてもむかつきません?あの待ち時間 あれで、病気になりそうです。...
露草と 深呼吸して 日の始め やりがいの無い仕事をしている。朝、車を留めて、少し歩く。畑のあぜ道に放り出されたように、露草が群生している。 このごろはつゆがおりて、すがすがしい。あー、今日もつらい一日が始まる。でも露草と会うのはうれしい。...
時雨降る 聞き流すこと むずかしく 人の一言が心に突き刺さって、とれない。 「あんた、人に感謝したことある?」 一体なんだろう。この人に、いじめ殺された人は 過去に何十人いるのだろう。 罰は当たらないのか。神様は何処を見てる。 そう、世の中は、自動販売機のようにはいかない。 悪いことや、人にいやがらせをしたら、すぐに天罰が下るようには...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください