焼 き 茄 子 や 隣 の 電 話 右 往 左 往

やきなすや となりのでんわ うおうさおう

焼きなすは夏料理の定番です。

ナスと油は相性がいいのですが、アブラを吸い過ぎるのが気になっているので、ただ焼いてかつお節などふわっとのせて食べる焼きナスは大好きです。

ただ皮ごと焼いて、焼きたてのうちに皮をむくのが、たいへんと言えば大変です。

指先を水で冷やしながら、一気にむかねばなりません。

夏はどこの家も窓を開けるので、近隣の生活音がまる聞こえです。

庭が広い豪邸ならそんなこともないのでしょうが。

窓を開ければとなり。

裏は公団の5階建。

となりの電話か、うちか、一瞬区別がつかないこともあります。

せせこましいことです。

この句も読まれています。

這松の(はいまつ)の 原に浜風 ときに秋... 松林の中に、佇むと暑いには暑いけど、涼やかや風がひととき吹き渡る。 地面を這うような松もあり、隙間すきまを風がぬける。 海風。 風の中に、ひとすじの秋の風を捕まえた。 ようく気をつけて、しばらくたたずめば、きっと感じる。...
鍵 (かぎ) は あ り 眼 鏡 探 し て そ ぞ ろ 寒... 急げば急ぐほど、何やかやと探しまわる。 携帯は、家の電話からかければ、何処かで音がするが、マナーモードでは、それも役に立たず、焦る。 結局、ソファーの隙間にあったり、化粧品の横で見つけたりする。 やっと見つかったと安堵するのもつかの間、手に持って携帯を探していた家の鍵を何処かに置いたようで、自分で自...
四 温 来 し た び 三 寒 を 忘 れ お り... しおんこし たびさんかんを わすれおり 三寒四温、これを繰り返しながら春へと近づいていくと聞いてはいるのですが、毎年体験しているのに、さむいさむいと凍えているものだから、ちょっと寒さが緩むと、ああこれで春になると、寒さがぶり返すことを、寒の戻りがあることを、つい忘れてしまうのです。...
アンコウも 紅などつける 眉も描く... さかなに例えればアンコウみたい…かな それでも自分の顔は磨かなければ。 人生はいつ上昇気流に転じるか、わからない。 いざというときに、お顔が間に合わなければいけない。 なんと言われようと、ひそかに努力をしなければいけない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください