焼 き 茄 子 や 隣 の 電 話 右 往 左 往

やきなすや となりのでんわ うおうさおう

焼きなすは夏料理の定番です。

ナスと油は相性がいいのですが、アブラを吸い過ぎるのが気になっているので、ただ焼いてかつお節などふわっとのせて食べる焼きナスは大好きです。

ただ皮ごと焼いて、焼きたてのうちに皮をむくのが、たいへんと言えば大変です。

指先を水で冷やしながら、一気にむかねばなりません。

夏はどこの家も窓を開けるので、近隣の生活音がまる聞こえです。

庭が広い豪邸ならそんなこともないのでしょうが。

窓を開ければとなり。

裏は公団の5階建。

となりの電話か、うちか、一瞬区別がつかないこともあります。

せせこましいことです。

この句も読まれています。

山茶花の 咲き終わるまえ 散りはじめ... 山茶花の垣根にようやく花が咲き始めました。まだちらほらですが、地面にはもう散った花びらが落ちています。つぼみをふたつ小さな花器に入れて玄関に置くと、固かったつぼみがもう咲いてる。あわただしいこと。椿より小さくて、椿ほど重みもなくて、垣根によく合う手ごろな花という感じです。...
骨壷(こつつぼ)の 届いて今朝の 雲の峰... なんか有名な人に制作を頼んだらしい。 波佐見焼き(はさみやき)みたいな、もようが透けている凝ったもの。 見事な出来と、本人の弁。 空には活力溢れる入道雲。 死ぬ気なんかないじゃないか。...
冬ざれし 昇開橋に 大夕陽 急に寒くなった。 川面はおだやか。筑後川はかわらず。 冬ざれているのは、私かもしれない。 小さな昇開橋に、大きな夕陽あかあかと。 今日も暮れる。...
軽石の 紅葉(もみじ)丼(どんぶり)で 水を吸い... 握りこぶし二つくらいの大きさの軽石に、もみじの子どもを植えた。もう去年のこと。冬の間放っておいたのが、芽を出しているのに気づいた。枝ぶりもなかなかかっこいい。軽石とマッチして、日本的な風情。朝晩水をやってもやっても足りなさそうなので、とうとう丼に水をいれて、軽石ごと漬けた。いっぱい水を吸って、根をし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください