焼 き 茄 子 や 隣 の 電 話 右 往 左 往

やきなすや となりのでんわ うおうさおう

焼きなすは夏料理の定番です。

ナスと油は相性がいいのですが、アブラを吸い過ぎるのが気になっているので、ただ焼いてかつお節などふわっとのせて食べる焼きナスは大好きです。

ただ皮ごと焼いて、焼きたてのうちに皮をむくのが、たいへんと言えば大変です。

指先を水で冷やしながら、一気にむかねばなりません。

夏はどこの家も窓を開けるので、近隣の生活音がまる聞こえです。

庭が広い豪邸ならそんなこともないのでしょうが。

窓を開ければとなり。

裏は公団の5階建。

となりの電話か、うちか、一瞬区別がつかないこともあります。

せせこましいことです。

この句も読まれています。

黄落の 空隧道を 超えてなお 隧道という言葉が好き。トンネルと隧道( ずいどう )は同じなのだろうか。黄落の秋、隧道を過ぎてもなお、続く。空も木々も山も、そして隧道も一面の秋。...
龍 踊 の 尻 尾 の 辺 り は 新 人 か じゃおどりの しっぽのあたりは しんじんか 長崎くんち。 重要文化財。 たくさんの演目があり、町々で担当することになっていると聞きます。 本番は諏訪大社で行われますが、滑石(なめし)地区にも、それなりの祭りがあり、滑石くんちと呼ばれます。 小さな龍踊もあり、龍のサイズも小さく、回す人も少人数。 そ...
燈篭の なぜにくるくる 戻りくる 一周忌、川に流した燈篭が、何度も帰り着くのは、心が痛むものです。 名残惜しいのか、心が残っているのか…...
草 千 里 雨 し ょ う し ょ う と 夏 霧 へ... くさせんり あめしょうしょうと なつぎりへ 端午の節句です。 ゴールデンウィークに隠れ、「憲法記念日もみどりの日もこどもの日も何でもいいからとにかく休み」になってしまいました。 山あいの峡谷の昔造りの百姓家では、大きなノボリ、何と呼ぶのか吹き流し?カザグルマのようなものがサオのてっぺんにあって...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください