烏 賊 釣 り や 灯 り の 下 で 辞 書 の 引 け

いかつりや あかりのしたで じしょのひけ

烏賊釣り船の明るさといったら、もうそれは驚かずにはいられません。
大げさでなくて、ホントに小さい字の国語辞典が読める明るさです。
あれでは、イカがだまされるのはしょうがないこと。
なんとかんちがいして、上がって来るのでしょう。
昼になったと思うのでしょうか。

この句も読まれています。

こんこんと 咳する人あり 半夏生 暑くて暑くてときどき寒い。 きょうは風も強い。 庭に広げたパラソルがひどく揺れている。
トンネルの 丸い出口も 春深し トンネルの出口がそろそろ見えてくるころ、切り取られた丸い景色は 春爛漫。 日差しも春、山も木々ももくもくとして、一面春。...
果 て 知 ら ず 女 の 話 走 り 梅 雨 はてしらず おんなのはなし はしりつゆ まあよくしゃべることしゃべることわたしも含めて、女の話は尽きることがない。 ジムの玄関で、一休みのコーナーで、ロッカーで、着脱室で、サウナで、お風呂の中で、髪乾かしながら。 とにかくずーっと。...
少々の 雨ははじいて ねこじゃらし... ねこじゃらしの先っぽに、雨は当たっても水滴になってはじかれる。 見ているとおもしろい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください