烏 瓜 許 さ ざ る も の 絡 め 取 り

からすうり ゆるさざるもの からめとり

からすうりの花。
あのいかにも田舎くさい赤い実からは、想像もつかない、レース編みのような真っ白い五弁の花びらと、絡み合う細く白い長い糸。
夕方から夜に咲きます。
幻想的で、何かしらたくらみのありそうな雰囲気を持つのです。

この句も読まれています。

春椿 固いつぼみも 裏切らず 花を切って、瓶にさす。水揚げが悪くて、そのまま枯れてしまう花もあるけれど、なぜか椿の花は大丈夫。固いつぼみ も、何日かほおっておけば、いつのまにかほころんで、見事な花を咲かす。きちっと咲かす。...
紫陽花や 紫の又 紫の奥 わたしは深い藍紫の紫陽花が好きです。 ありそうでなかなかこれっという色が見つからないものです。 深い深い紫色の紫陽花は、小さめの花瓶にぽくっと首だけさしてもいいものです。...
首 か し げ 思 案 に く れ て か た つ む り... 煉瓦の壁に張り付いている。いつからこうしているのだろう。何を思って動くのか。ぼんやりしていると、見失う。動いているんだと、改めて思う。...
花 な れ ば 篝 火 ( かがりび ) を 焚 け 宵 の 闇... ライトアップ全開のこんにち。 むかしは夜桜には篝火を焚いたとか。 揺らめく焔に照らし出された桜のなんと幻想的なことでしょう。...