烏 瓜 許 さ ざ る も の 絡 め 取 り

からすうり ゆるさざるもの からめとり

からすうりの花。
あのいかにも田舎くさい赤い実からは、想像もつかない、レース編みのような真っ白い五弁の花びらと、絡み合う細く白い長い糸。
夕方から夜に咲きます。
幻想的で、何かしらたくらみのありそうな雰囲気を持つのです。

この句も読まれています。

水 換 へ は 汲 み 置 き て の ち 金 魚 玉... みずかえは くみおきてのち きんぎょだまむかしの人は、金魚を360度見えるようにと、まんまるいガラスの器に入れ、吊り下げて楽しんだといいます。今ではなかなか見ることがないのですが、青い縁取りのガラスに入った金魚がイキイキと泳いでいるのを見るのは、うれしいことです。四角い水槽で、酸素ぶくぶくは、金魚的...
百八つ 煩悩の渦 除夜の鐘 なかなか素敵な人間になれない。 まず、やさしく、次にいい意味できちんとした人間になりたいのですが、 なんか頑張っているのに、悪い人間じゃないのに、 いまいち信用されてない。 来年は、もっと考えてしゃべるようにしよう。 おもいやりのない発言を、ちょろっとすることがあるみたい。 気をつけよう。 過去の恨...
引 き 込 み 線 花 で 塞 ぎ し 無 人 駅... ひきこみせん はなでふさぎし むじんえき 日田彦山線。 以前から単線だったと聞きますが、ホームの反対側にも線路があります。 電車がすれ違うために設けられた線路だと思われます。 二時間に一本の現在では、もう必要のない引き込み線なのでしょう。 満開の桜が、ここで終わりと、立ち塞がっています。 川あり、...
ち ちろ 虫 む か し の 恥 を 思 い 出 し... Teleogryllus emma (エンマコオロギ) / harum.koh いろいろなことがあって、いろいろ 恥をかいてきた。ときどきふと思い 出す。だからなんだ。たいしたこと じゃないじゃないか。恥かいて当た り前だろうが。あんたが教えなかっ たからだろうが。まったく反省がな いな、我ながら。...