烏 瓜 許 さ ざ る も の 絡 め 取 り

からすうり ゆるさざるもの からめとり

からすうりの花。
あのいかにも田舎くさい赤い実からは、想像もつかない、レース編みのような真っ白い五弁の花びらと、絡み合う細く白い長い糸。
夕方から夜に咲きます。
幻想的で、何かしらたくらみのありそうな雰囲気を持つのです。

この句も読まれています。

薔薇が咲く 凍る冬日の 朝までも 冬に咲く薔薇がある。 こんなに寒いときでも決められたように花が咲く。 寒い冬の朝、薔薇は凍りついたように見える。 きっちりと咲く。 濃い臙脂色。...
空き家(いえ)に 風通しおり 夏果てぬ... 老人ホームに移った人の家に、風を通した。 秋の風だった。
カルストの 野焼きの原に 芽のふいて... 一面のカルスト台地、野焼きのあとは黒々として 下の下からは、あおあおと草は静かに、でもたしかに 生命力にあふれ、いっせいに伸びるときを待っています。 あたたかい雨が大地を潤すまで、もう一息。 ...
引 き 込 み 線 花 で 塞 ぎ し 無 人 駅... ひきこみせん はなでふさぎし むじんえき 日田彦山線。 以前から単線だったと聞きますが、ホームの反対側にも線路があります。 電車がすれ違うために設けられた線路だと思われます。 二時間に一本の現在では、もう必要のない引き込み線なのでしょう。 満開の桜が、ここで終わりと、立ち塞がっています。 川あり、...