烏 瓜 許 さ ざ る も の 絡 め 取 り

からすうり ゆるさざるもの からめとり

からすうりの花。
あのいかにも田舎くさい赤い実からは、想像もつかない、レース編みのような真っ白い五弁の花びらと、絡み合う細く白い長い糸。
夕方から夜に咲きます。
幻想的で、何かしらたくらみのありそうな雰囲気を持つのです。

この句も読まれています。

槍 (やり) 出 し て ま ず は 様 子 見 蝸 牛 (かたつむり)... 目を出して、やおら四方を見渡して、ひと息ついて、さあ、どっちに行くか かたつむりは何処に行く。 紫陽花の葉の上に居るのは、見たことがない。 たいていは、濡れた煉瓦や石の上。 置きっ放しの植木鉢やバケツの裏か。 まずはひと息ついて見渡すことは大切かも。 あわてて動き出すと、ろくなことはない。 動けば...
なめこ汁 椀を抱えて 湯気を吹く 熱い味噌汁をお椀を両手で抱えて、ふうふうしながらいただきます。 それだけで暖まります。 わたしは顔に湯気があたるのが、なんでも大好きです。 電気で顔にスチームを当てるのを買いましたわ。...
木 の 芽 山 待 た せ て 単 線 一 両 車... このめやま またせてたんせん いちりょうしゃ 日田彦山線。 一時間に一本。 湧き水があり、花があり、退屈することはなかったけれど、遠くから来る列車の姿を見たときには、さすがにほっとしました。 それも一両。 軌道の何がちがうのかわからないのですが、あれほどがたがた音を立てて揺れる電車は珍しいと思いま...
寒 晴 れ や 精 進 と う に 相 撲 語 に... 頑張る、努力するなどとは言いますが、精進するとはふだんは遣わない言葉になってしまったように思います。 わずかに相撲界では、今も健在というところでしょうか。 古い映画を見て、遣われなくなった言葉にあうのも大きな楽しみです。 最近では、「せがれ」でしょうか。...