灯 下 に は 活 発 守 宮 喉 仏

とうかには かっぱつやもり のどぼとけ

ヤモリ。

むかしはガラス越しにピッタリくっついているのを、家の中からよく見たものです。

身体の割に、大きな吸盤を備えています。

エサを捕まえるため、電気を付けていると寄って来るようです。

白いお腹がぺったりとガラスにくっついて、案外可愛いものです。

体長10センチくらいでしょうか、尻尾もいれて。

夜行性です。

昆虫、節足動物をエサにします。

余計な動きはせず、機を見て確実に捉えます。

この句も読まれています。

余寒なり こんな日に死ぬかと 思う通夜... この寒さ、一度春を経験したばかりに、余計に寒い。 お通夜だから、日が暮れてから行く。 不謹慎ながら、凍りつくほど寒かった。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
深 夜 に は 地 虫 鳴 き や む 蜥 蜴 ( とかげ ) 鳴 く... 釣瓶落としの秋の日が真っ暗闇になる頃から、秋の虫たちの大合唱が始まる。わたしは寝るのが早いため、虫の声を聞きながら眠りにつくことになるのだけれど、ふとした拍子に、夜中に目が醒めると、そこはもう沈黙の世界。 虫の声もピタリと止み、どなたも聞いたことのない蜥蜴が鳴くのか鳴かぬのか。 魑魅魍魎のうごめく、...
行く春を 追うて流るる 筑後川 一級河川筑後川、ゆうゆうとうとうと流れる九州一の河川。鉄橋を渡る列車が行く。
髪梳けば(すけば) 五人囃子の つるっぱげ... 雛人形を納める時期です。 長い年月のうちに、シミができた、三人官女。 くせ毛になった五人囃子。 なんとか整えようと、髪を梳いたところ、引っかかって抜けた。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.