灯 下 に は 活 発 守 宮 喉 仏

とうかには かっぱつやもり のどぼとけ

ヤモリ。

むかしはガラス越しにピッタリくっついているのを、家の中からよく見たものです。

身体の割に、大きな吸盤を備えています。

エサを捕まえるため、電気を付けていると寄って来るようです。

白いお腹がぺったりとガラスにくっついて、案外可愛いものです。

体長10センチくらいでしょうか、尻尾もいれて。

夜行性です。

昆虫、節足動物をエサにします。

余計な動きはせず、機を見て確実に捉えます。

この句も読まれています。

人生は 丸木橋かな 春深し 丸木橋というものを昔見た気がする。ただ一本の木が小さな川にかかっていて、一気に渡るのだが、それが子どもにはとても恐ろしかった。いつぐらっとまわるかわからない、こんな不安定なものはない。しかも落ちrたら、下は水。人の世もそんなものではないかと思う。自分の予想したとおりにいったためしがない。のぼり調子と...
復 旧 は 後 回 し 単 線 の 秋 ふっきゅうは あとまわし たんせんのあき JR日田彦山線。 台風の被害甚大で、修復というより、作り直しが必要なこと、素人でもわかります。 元々が赤字路線。 JRも自治体も、復旧しなければ、地域が衰退することわかっていながら、負担金の多さや、その割り振りに納得がいかないのか、どうにも進まず、代...
満天の 星降り落ちて 霜の朝 天気のよい晩にはたくさんの星が出て、 明け方に落ちてきて、朝の霜になるような 気がします。
舌足らず 診察室の 余寒かな 症状を伝えるつもりが、医者が忙しい気配に呑まれ、 訴えの足りなかったような気持ちしながら、出てきてしまった。 よくある。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください