灯 下 に は 活 発 守 宮 喉 仏

とうかには かっぱつやもり のどぼとけ

ヤモリ。

むかしはガラス越しにピッタリくっついているのを、家の中からよく見たものです。

身体の割に、大きな吸盤を備えています。

エサを捕まえるため、電気を付けていると寄って来るようです。

白いお腹がぺったりとガラスにくっついて、案外可愛いものです。

体長10センチくらいでしょうか、尻尾もいれて。

夜行性です。

昆虫、節足動物をエサにします。

余計な動きはせず、機を見て確実に捉えます。

この句も読まれています。

木 の 芽 山 待 た せ て 単 線 一 両 車... このめやま またせてたんせん いちりょうしゃ 日田彦山線。 一時間に一本。 湧き水があり、花があり、退屈することはなかったけれど、遠くから来る列車の姿を見たときには、さすがにほっとしました。 それも一両。 軌道の何がちがうのかわからないのですが、あれほどがたがた音を立てて揺れる電車は珍しいと思いま...
寄 る 辺 な き 旅 に も 見 え て 雁 渡 る... よるべなき たびにもみえて かりわたる 快適な北の国で夏を過ごした鳥たちは、厳しい冬の訪れをいち早く察知して、南へと下って来ます。 鳥たちの姿は、人間にとっては、深まる秋の知らせです。 もう直ぐやって来る冬の先触れです。 もっと大げさに言えば、人間は、渡り鳥を仰ぎ見ながら、悠久の時のめぐりを感じる...
蠟 梅 や 湯 殿 こ ち ら の 矢 印 と ろうばいや ゆどのことらの やじるしと 温泉旅館は、何しろ大きいところが多いです。 というのは、個人的感想です。 「隠れ宿」なんて洒落たところ知らなくて、安いとこばっかり行くからかもしれません。 お湯の帰りに、部屋が何処だったか迷うことしきり。 「湯」と、大きく描かれたところを曲がればよい。 目印...
運 不 運 ど ち ら も あ り て 寒 卵 毎年、毎月、そして毎日「 今日はついてる」と思ったり、その反対だったり。 いいときは慎重に、悪いときはテキトーに。 あしたになれば、あしたの風。 3 Brown Boiled Chicken Eggs / epSos.de...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください