滝つぼの ごと叩かれて 戻り梅雨

梅雨の後半の雨は激しい。
ここまで降るかって感じです。

この句も読まれています。

蛇 の 舌 ち ろ り 誘 ふ 別 の 道 へびのした ちろりいざなう べつのみちヘビがきらわれる原因のひとつに、あのちろちろと出たり引っ込んだり忙しく動く細くて長い舌があるのではと思います。もししゃべるなら、良からぬ道を教えそう。人生は選択の連続。あの親の子として生まれたからには、あるところまでは自身で決めることなどできなかったのも当然...
参道の 裏道を行く 初詣 人通りの多い参道も、賑やかで正月らしいけど、人が多すぎて歩きにくいし、どこの神社の参道も似たようなものしか売っていない。 ひとつ脇の道を歩く。 忘れられた小さな祠があったり、土地の人が行く八百屋があったり、人家が当たり前にあったりして、結構新鮮。 何年ぶりだろう。 人が増えた。 1月3日の夕方の、も...
知 覧 茶 に 特 攻 載 せ し 終 戦 忌 ちらんちゃに とっこうのせし しゅうせんき 句会の先輩に、お兄さんを特攻で亡くした方がいます。 22歳だったそうです。 終戦を迎え、兄さんの友人たちが家に来て、いろんなことを、想い出や、戦争全般のこと、さまざまな細かいこと、例えばモールス信号の手習いなど教えてくれたと、折にふれ、私たちにも聞かせて...
茄子の紺 花の紫 梅雨半ば なすびの深い色つやつや光る肌、花は星形で薄紫。 遠いむかしを、ふと思い出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください