湯たんぽの 湯の沸くまでの 長きこと

お湯というのは、気にしなければ、すぐ沸くもの。
待つと長い。
最近またはやりだした湯たんぽを買った。
大きなねずみみたいな動物、名前なんていうんだったか、
ちょっと忘れました。
そのあったかそうなぬいぐるみの後ろ側に、
ファスナーがついてて、中にゴムの、昔の水枕みたいなのが
入っていて、そこにお湯を入れるのです。
思い出しました。カピパラでした。
朝までどうにかこうにかちょっとあったかいです。

この句も読まれています。

鮎 躍 る 釣 り 糸 し な る 山 深 し あゆおどる つりいとしなる やまふかし アユ漁が解禁を迎えました。 山奥の清流、源流と呼ばれる緑鮮やかな奥山では、この日を待ちかねた釣り人が小雨をものともせず、早朝から挑みます。 見ていると、ただ釣り糸を垂らすのではなく、ぐるんと回し、弾みをつけて川に落とすようです。 里では、釣れたてのアユ...
虎落笛(もがりぶえ) もうそこまでの 辛抱ぞ... 垣根に吹き付けるのか、電線か。 身をよじって泣く声に聞こえる虎落笛。 誰かが何処かで泣いている。 今日は終わる。明日が来る。 そうこうしているうちに、状況は変わる。 諦めた頃かならず変わるから、 もうちょっと辛抱しなされ。...
咲いて散る 花の筏(いかだ)に 三度酔う... 花は、蕾のうちから、人の口にのぼり、三分五分と騒がれ、そして満開を迎える。 花は、散るときも風情を漂わせ、はかなげで、美しい。 風に吹かれて、水面に散った花びらは、離れて寄って、水の流れに沿って、 人はそれを見て、またも心を打たれる。...
鍵 (かぎ) は あ り 眼 鏡 探 し て そ ぞ ろ 寒... 急げば急ぐほど、何やかやと探しまわる。 携帯は、家の電話からかければ、何処かで音がするが、マナーモードでは、それも役に立たず、焦る。 結局、ソファーの隙間にあったり、化粧品の横で見つけたりする。 やっと見つかったと安堵するのもつかの間、手に持って携帯を探していた家の鍵を何処かに置いたようで、自分で自...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください