湯たんぽの 湯の沸くまでの 長きこと

お湯というのは、気にしなければ、すぐ沸くもの。
待つと長い。
最近またはやりだした湯たんぽを買った。
大きなねずみみたいな動物、名前なんていうんだったか、
ちょっと忘れました。
そのあったかそうなぬいぐるみの後ろ側に、
ファスナーがついてて、中にゴムの、昔の水枕みたいなのが
入っていて、そこにお湯を入れるのです。
思い出しました。カピパラでした。
朝までどうにかこうにかちょっとあったかいです。

この句も読まれています。

人送り 二月の雨の 降りそぶる 久しぶりに逢った友人を、駅の方角が わかるところまで送った。二月の雨は 冷たくて、傘をさしながら、手はかわ るがわるポケットへ。途中の地下道を こえればもう一本道。...
花 殻 を 摘 め ば 幼 ( おさな ) は 花 を 摘 み... 咲き終わった花を摘むのは大事なこと。 丁寧に花殻を取ると、後の花の付きもよくなるし、寿命も延びる。 花殻を摘んでるとは思っていない幼子は、真似をしていちばん目立つ立派な花を摘み、褒めてもらいたいのだろう得意そうに満面の笑顔で、小さな手を広げて見せてくれる。...
か じ け 鳥 鳴 き 声 遠 く 尾 を 引 き て... かじけどり なきごえとおく おをひきて 今見かける鳥たちは、渡り鳥として渡ってきたもの、留鳥、一般に冬にも目にする鳥たちです。 餌も少なくなる季節だけれど、外を歩けば、公園、ちょっとひらけた森の片隅、溜池や湖にわりとたくさん見かけます。 冬ざれた景色の中にいたり、雪の中に佇んでいたり、どこか健...
筑 後 川 挟 み て 御 霊 ( みたま ) へ 大 花 火... わたしが思うに、大昔からあったと言われる大花火・花火大会は、亡くなった人びとが、安らかに極楽浄土に行けるようにとの思いから始まったのではなかろうか。 この世になんの想いも残すことなく亡くなる人は少なかろう。 片付かない心配事を、山のように抱えて、あの世に行くしかなかった大勢の人が、この世の辛いことか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください