渦 潮 に 利 休 鼠 を 探 し お り

うずしおに りきゅうねずみを さがしおり

利休鼠。
茶人、千利休が好んだといわれる、深い緑色がかった灰色のことです。
北原白秋の「城ヶ島の雨」に唄われて、すっかり有名です。
渦潮は、ときにしぶきを上げ、潜り込み、その勢いの中さまざまな色を見せて飽きることがありません。
青、群青、紺そして利休鼠のこともあります。

この句も読まれています。

黄落(こうらく)の 天も地までも 独り占め... 銀杏並木が色付いて、はらはらと落ちる。 数枚の葉は、アスファルトの道路をからからと転げる。 黄落の絨毯を、空を見ながら歩く。 見渡すとひとり。 この贅沢はどうだろう。 クリスマスよりずっと素敵です。...
菜花漬け 苦味肴(さかな)に くせになり... 菜の花のまだ咲かないつぼみのうちに 塩漬けにしただけのもの。苦味が残っ て、漬物というより、わたしに言わせ れば、サラダ、つまみ。春の実感。...
鯉 幟 立 身 出 世 を 高 望 み 泳げ鯉のぼり相模川/相模原 / Tranpan23 生まれる前は、 「元気ならいい。」むかしの親なら、「五体満足ならいい。」 首が座り、寝返りが出来、つかまり立ちから、よちよち歩き、やがて保育園、幼稚園。 運動会、学芸会というか演劇会、得手不得手、主役かその他か・・・その頃になると、親に欲が芽生え...
苗落ちて 立ち直るまで 二三日 田植え機に乗せる時に落ちたのだろうか。 水を張った田んぼの端っこにぜったい植えたのではない苗が心細げに寝そべっている。 水に馴染み、土に立ち、これから大きくならなければならない。 足を踏ん張る時間。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください