渦 潮 に 利 休 鼠 を 探 し お り

うずしおに りきゅうねずみを さがしおり

利休鼠。
茶人、千利休が好んだといわれる、深い緑色がかった灰色のことです。
北原白秋の「城ヶ島の雨」に唄われて、すっかり有名です。
渦潮は、ときにしぶきを上げ、潜り込み、その勢いの中さまざまな色を見せて飽きることがありません。
青、群青、紺そして利休鼠のこともあります。

この句も読まれています。

浮寝鳥 あしたの痛み わからずに あしたのことはわからない。涙をながすのか、不安におののくのか、笑うこともあるのか。 人生は浮寝鳥、流れにのって、さまようしかない。...
気 に 入 り の 夏 帽 の し み 言 は ず お く... この人、会うときはこの帽子ばかり。 よほど気に入っているんだろう。 耳の上のあたりにうっすらシミができている。 黙っていよう。 もう夏は終わる。...
揚水(ようすい)の 発電残して 山眠る... 水を高いところに引き上げて、落す力で発電する発電所がある。 ずんと眠り込む山の中で、そこだけが活動している。 山はいつからか素知らぬ顔。 葉を落す樹々があり、変わらぬ緑の樹々がある。 いつもの冬の景色。...
彼岸花 人の気持ちの 裏が見え まだ暑い。が、空はこころなしか高く、秋の気配。このごろ人の本心がちらちら垣間見える気がする。昔はなんで単純に、おとこなんか好きになったんだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください