渦 潮 に 利 休 鼠 を 探 し お り

うずしおに りきゅうねずみを さがしおり

利休鼠。
茶人、千利休が好んだといわれる、深い緑色がかった灰色のことです。
北原白秋の「城ヶ島の雨」に唄われて、すっかり有名です。
渦潮は、ときにしぶきを上げ、潜り込み、その勢いの中さまざまな色を見せて飽きることがありません。
青、群青、紺そして利休鼠のこともあります。

この句も読まれています。

隧 道 ( ずいどう ) を 抜 け て 再 び 木 の 芽 風... 隧道という言葉が好きです。 トンネルとイコールではないと聞いたことがありますが どう違うのか未だにわからずにいます。...
春の潮 白波蹴立て 迫り来る 春の有明海、干満の差が激しく、また絶好の 潮干狩り日和。 船が沖に出ると、見る見るうちに潮が引く。 一面の砂地。 恐ろしいのは満ちるとき。 遠い地平線から、白波がひたひたと、 さらにひたひたと、押し寄せてくるのです。 あっという間に船は、大海原に浮かんでいるのです。 もし乗り遅れたら、と思ってしまう...
花 過 ぎ て ざ ん ざ の 雨 の 潔 し ( いさぎよし )... 花が終わりました。 桜自身も、花見客も、場所取りの人も、出店もみんな、ひと仕事終わった感じです。 もうこの樹は桜かくすの樹かわからないし、どうでもいい。 激しく降る雨が、地面に散った花びらまできれいに洗い流しました。 ここらで不足がちだった水分をしっかり補給して、枝を伸ばし若葉を育てるでしょう。 夏...
初夢に 忘れたはずの 顔を見る 呆れるような初夢を見た。 内容もびっくりなら、出てくる人も今どうしているか。 過ぎ去った人生の遠いところで出逢った人。 数限りない人と出逢って別れて、でも印象に残る人はほんのひとにぎり。 なんかしょうもないような‥‥気もするが。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です