渦 潮 に 利 休 鼠 を 探 し お り

うずしおに りきゅうねずみを さがしおり

利休鼠。
茶人、千利休が好んだといわれる、深い緑色がかった灰色のことです。
北原白秋の「城ヶ島の雨」に唄われて、すっかり有名です。
渦潮は、ときにしぶきを上げ、潜り込み、その勢いの中さまざまな色を見せて飽きることがありません。
青、群青、紺そして利休鼠のこともあります。

この句も読まれています。

冬薔薇(ふゆそうび) ふらと心の 揺らぐこと... この寒い季節を好んで咲く薔薇。 硬い蕾が、時間をかけて解けるように 心が揺れることのあり。あの人のちょっとした 仕草、言葉じり、どうでもいいことにちがいない。 どうかしてる。...
アスファルト 銀杏落葉の 走る走る... 博多駅の裏、オフィス街に立派な銀杏並木があります。今の季節は黄色の葉っぱがまるで桜がちるように、はらはらと散るのです。地面なら素敵な黄色い絨毯ができるのでしょうが、なんせアスファルト。落ち葉は落ち着くことができないのです。ことに今日のような風の強い日にはビル風に煽られて、あっちに走り、こっちに走りす...
流 さ る る た め に 生 ま れ し 雛 流 す... ながさるる ためにうまれし ひなながす 流しひなは、女の子に降りかかるわざざいを、人間の身代わりとされた人形に移し、それを川や海に流すことを目的として、作られたものです。 流儀はさまざまながら、あちこちにその風習は残っていると聞きます。 わらや紙で作られます。 かたや御殿飾りのお雛さまもある...
田 仕 終 ひ の 煙 藁 の 香 暮 れ 暮 れ て... たじまいの けむりわらのか くれくれて 一年の米作りの仕事が終わり、機械を片付け、道具を洗い、散らばった藁を集めて燃やしているのでしょうか。 まっすぐに一本上がる煙と、懐かしいその匂いは、郷愁を誘います。 日は短く、瞬く間に闇が迫ります。 周囲の山が黒く大きく迫ってくる気がします。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください