清 流 も 濁 り ま た 良 し 春 の 鯉

せいりゅうも にごりまたよし はるのこい

寒い間は、池の鯉も、津和野や島原などの武家屋敷を流れる用水路にいる鯉も、凍えはせぬかと心配などしたものですが、このところの陽気で、気のせいかリラックスしたように、ゆうゆうとのびのびと泳ぎ回っているのを見ることができます。

清流もいいのでしょうが、底が見えない苔色の水の池もまた住みやすそうで、どっちがどうとも言えません。

鯉のあらいも食べに行きたい。

この句も読まれています。

猪 垣 に あ れ や こ れ や と 持 ち 寄 り て... ししがきに あれやこれやと もちよりて イノシシやシカが畑を荒らすのを防ぐために、トタンや有刺鉄線や 何やかやで、作った柵を、シシガキと言います。 畑はけっこう広いし、それをぐるりと囲むには、お金がかかります。 安くあげようと工夫するには、それなりの道具が必要です。 なんでもいいのです。 ...
夏 の 果 て 海 の 家 果 て 海 群 青 なつのはて うみのいえはて うみぐんじょう 暑い夏もどうやらかたがつき、泳ぐ人もいなくなった浜。 エメラルドとはお世辞にも言えないけれど、明るい色は去り、本来の深い青と緑っぽい色を取り戻し、寄せては返す波音も心なしか静かです。 桟橋から覗き込めば、クラゲの天下。...
関門の 遥か遠くに 山笑う 山笑うなどと言える距離ではないのかもしれない。 関門海峡を挟んで、遠く霞む山々はそれでもやっぱり笑っている。 海もおぼろ。 船もおぼろ。...
し ず り 雪 隣 り 隣 り へ 連 な り て... 竹などに積もった雪が、その重みに耐えかねてずり落ちたり 風に吹き落されたりする。 雪が止んで日が射してきたために溶けて落ちることもある。 寒い寒い凍てつくとき、突然起こる動きというか音。 ひとつのしずりが引き金になって、つぎつぎと連鎖する。 滅多にない大雪に、ふだん聞かない音を聞く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です