清 流 も 濁 り ま た 良 し 春 の 鯉

せいりゅうも にごりまたよし はるのこい

寒い間は、池の鯉も、津和野や島原などの武家屋敷を流れる用水路にいる鯉も、凍えはせぬかと心配などしたものですが、このところの陽気で、気のせいかリラックスしたように、ゆうゆうとのびのびと泳ぎ回っているのを見ることができます。

清流もいいのでしょうが、底が見えない苔色の水の池もまた住みやすそうで、どっちがどうとも言えません。

鯉のあらいも食べに行きたい。

この句も読まれています。

簾 ま だ そ の ま ま に お り 西 日 中... 夏のすだれが、まだそのまま。 朝夕は涼しくなったとはいえ、日中はまだまだ。 ときには夏に戻ったような暑さを感じる日もあって、簾一枚あると、幾分か楽になるから。 すっかり飴色に変わって、お勤めごくろうさま。...
花八手 ここまでひそかに 日暮れ行く... もともと日陰を好む八手は、日暮れが似合いそう。 目立たないながら、少し昔の普通の家の角や中庭にはなくてはならない存在です。 なんとなくしっくり落ち着くからでしょうか。...
昭和かな 肝油ドロップ 柿落葉 職場の物置で肝油ドロップの缶を見つけた。男の子の顔がでっかく写真でついていて、バックの色は黄色。 写真覚えて、載せられるようにしよ。その缶、今私のボールペン立てになっています。そのうちこそっと持って帰ってこよう。...
小池真理子著 『 モンローが死んだ日 』 毎日新聞出版... 主人公は、59歳になる未亡人。名前は鏡子。 子どもはいない。 夫に先立たれ、親はすでに亡く、兄弟姉妹もいない。 夫と作り上げた家庭は、唯一にして絶対の心の拠り所だった。 深い喪失感にさいなまれ、死ぬことすら考えた鏡子を救ったのは、地元軽井沢の隣町在住の、存命中は多くの読者を魅了した作家の別荘を記念館...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください