深 追 ひ は す な 傷 つ く と 苜 蓿

ふかおいは すなきずつくと うまごやし

ウマゴヤシとは、シロツメクサのことです。

俳句ではよくこんな古めかしい言い方をします。

うまく結わえて、王冠のように作れる器用な人もいます。

江戸時代に入ってきた帰化植物です。

肥料や牧草にするので、この名前が付いたようです。

わたしはむかしから、「四つ葉のクローバー」になんの興味もなく、探したこともなく、オトコからもらって、心の底からげんなりしたのを覚えています。

この句も読まれています。

震 災 に 止 ま り し 時 計 の 針 哀 し... 震災の時を知らせる、その時刻で止まった時計は、悲しみの時を告げる。 原爆で止まった時計を見たときも、同じように感じた。 その時刻で止まった時計は、日常がそこで分断されたことを、それまでは変わることのない日常があったことを、向き合う人に訴える。 大きな震災遺構と同じというか、それよりも大きく心に訴えか...
山笑う 運の悪さと 恨み節 随分むかしの、情けなかったことや、理不尽なこと。 忘れられない、様々なこと。 山笑う。 今が大事。これからが大切。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
蟷 螂 の 枯 れ る 我 が 身 を ど う 落 と す... とうろうの かれるわがみを どうおとす 青葉の頃、緑色の子蟷螂から、成長した大蟷螂まで、鎌を振り上げ、闘志満々だったはずなのに、秋の初霜を迎える季節になると、身体はあたりの枯葉同様すっかり茶色に変色しました。 気のせいか、弱気になった感じもします。 かまきり本人はどうなのでしょう。 ある日、気がつ...
ず ぶ に 濡 れ 打 ち の め さ れ て 喜 雨 で あ り... ずぶにぬれ 打ちのめされて きうであり これほどカラ梅雨が続くと、空気はカラカラ、農作物にも影響が出はしないかと思ったりします。 土砂降りでもいいから、一度思い切り雨を降らせてほしいものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください