深 追 ひ は す な 傷 つ く と 苜 蓿

ふかおいは すなきずつくと うまごやし

ウマゴヤシとは、シロツメクサのことです。

俳句ではよくこんな古めかしい言い方をします。

うまく結わえて、王冠のように作れる器用な人もいます。

江戸時代に入ってきた帰化植物です。

肥料や牧草にするので、この名前が付いたようです。

わたしはむかしから、「四つ葉のクローバー」になんの興味もなく、探したこともなく、オトコからもらって、心の底からげんなりしたのを覚えています。

この句も読まれています。

ナ ビ 冷 た 放 り 出 さ れ て 春 隣 gps in tokyo / w00kie 「目的地に到着しました。運転お疲れさまでした」なんなんだ、いったい。何処が目的地か、見当もつかない。よくある。そのたび、もう、捨ててやると言い放つ。もったいないから、まだ使っている。...
吾 亦 紅 己 れ 花 と は 知 ら さ れ ず... われもこう おのれはなとは しらされず ワレモコウ、多年生の秋の花です。 薔薇の仲間らしいのですが、ネギ坊主のような格好で、花は色づくと茶色っぽくなります。 まるでヤジロベエのような風情が愛され、好きな人は多いと思います。...
昭和かな 肝油ドロップ 柿落葉 職場の物置で肝油ドロップの缶を見つけた。男の子の顔がでっかく写真でついていて、バックの色は黄色。 写真覚えて、載せられるようにしよ。その缶、今私のボールペン立てになっています。そのうちこそっと持って帰ってこよう。...
長き夜は 銀杏を煎る パチパチと フライパンを熱く熱して、殻ごと銀杏を入れます。 しばらくするとパンパンと激しい音をたててはじけるのです。 そして熱いのをふうふういいながら、殻をとって食べます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です