深 追 ひ は す な 傷 つ く と 苜 蓿

ふかおいは すなきずつくと うまごやし

ウマゴヤシとは、シロツメクサのことです。

俳句ではよくこんな古めかしい言い方をします。

うまく結わえて、王冠のように作れる器用な人もいます。

江戸時代に入ってきた帰化植物です。

肥料や牧草にするので、この名前が付いたようです。

わたしはむかしから、「四つ葉のクローバー」になんの興味もなく、探したこともなく、オトコからもらって、心の底からげんなりしたのを覚えています。

この句も読まれています。

夏さなか 植田の雲の 涼しかり 田植えが終わって、ほぼひと月。 苗は確実に育って、もう倍くらい伸びて、しっかり土を掴んでいる。 もう水に流されるんじゃないかって、心配は無用。 田んぼは満々と水をたたえて、入道雲も涼しげに映っている。...
気 に 入 り の 夏 帽 の し み 言 は ず お く... いつでも、何処に行くでもかぶって来る。 トレードマークの夏帽子。 つばの耳の上にしみが出来ていた。 そりゃそうだろう、あれだけ被れば。 夏も終わる。 よく働いた、麦わら帽子。 また来年は、別のお気に入りが見つかることだろう。...
伴 奏 の 入 る ハ モ 二 カ 春 高 楼 ハーモニカ / azuki_leaf 伴奏を入れて、ハーモニカを吹ける人を尊敬する。 みんな、何処で習ったわけでもなく出来るらしい。 「荒城の月」春高楼の夜半の月、今頃かな。...
我などを 慕う人あり ちまきもて こんな私でも、元気にしてますかといってくれる、前の仕事の後輩が一人いる。 料理がうまく、中華ちまき作ってくれた。 意外なこと。 この人は一生の友達と思っていた人からは、なんの連絡もない。 同性ならこっちが好きなくらい、相手からも好かれていると自信があったのに。 意外と私は嫌われていたのだろう。 おめ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください