深 追 ひ は す な 傷 つ く と 苜 蓿

ふかおいは すなきずつくと うまごやし

ウマゴヤシとは、シロツメクサのことです。

俳句ではよくこんな古めかしい言い方をします。

うまく結わえて、王冠のように作れる器用な人もいます。

江戸時代に入ってきた帰化植物です。

肥料や牧草にするので、この名前が付いたようです。

わたしはむかしから、「四つ葉のクローバー」になんの興味もなく、探したこともなく、オトコからもらって、心の底からげんなりしたのを覚えています。

この句も読まれています。

烏 瓜( からすうり) 世 間 眺 め し 高 見 よ り... つる性の植物で、秋が深まるにつれて実は次第に赤く色づいてくる。以前はよく見たけれど、開発が進んで、用途のはっきりしない空き地が滅多に無くなった今では、街中で見かけることは、とんと無くなった。 手の届かない高見から、色づき始めた野山を存分に楽しんでいるように見える。 烏瓜なら、崖っぷちにぶら下がること...
夜明け前 暑くなるぞと 蝉の鳴く 蝉が夜明け前どころか、夜中にも鳴くことを知らなかった。昔からそうなのか。暑くて、わけがわからなくなったのか。...
日 置 水 混 ぜ て 昨 夜 の 金 魚 か な... ひおきみず まぜてさくやの きんぎょかな 村祭りで、雰囲気に押されて買ってしまった金魚。 金魚屋に行けば、いい水も手に入るらしいけど、取り敢えずむかし習った、半分ずつ水を換える、その水は一日に置いた水にすることというのを思い出してやってみました。 元気です。...
残 留 孤 児 凍 て た る 大 河 地 平 の 陽... 牡丹江 (ぼたんこう) 中国と北朝鮮、ロシアの国境近くを流れる大河。 寒さが厳しいため、厳冬期には凍ると聞きます。 地平線の見える満州では、赤い夕陽は、転がると言われます。 中国残留日本人孤児には、この牡丹江周辺に置き去りにされたという人は多く、苛烈な人生を送り、すでに中年といわれる年齢を過...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください