深読みし 薄氷(うすらい)の張り 胸の内

人の、ちょっとした仕草や、表情に困惑することがある。
「えっ、なんで。どうかした?」「なんか、気に障った?」
考えすぎなのかな。
でも、こういう感は当たるよね。
しばらく用心して、喋らないようにしたほうがいいのかな。
疲れる。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

青 嵐 移 植 の 臓 器 疾 く 運 べ あおあらし いしょくのぞうき とくはこべ 一歳の女の子に肺が移植されるとニュースで聞きました。 提供者はもちろん子ども。 両親の苦しみは、寂しさはいかばかりかと。 あおあらし速く運べ、思いのこもった贈りもの。...
門 松 の 竹 の 切 り 口 無 人 駅 かどまつの たけのきりくち むじんえき 無人駅にも正月がきました。 鉄道会社がこんな気の利いたことをするとは思えないので、たぶんおそらくきっとご近所の方々がボランティアで清掃され、門松を立ててくださったのではと思います。 おかげで凛とした元日です。 天気も良く、すがすがしい気分です。...
台風の 進路になりたき 心地もす 子供のころから台風が好きです。用もないのに、玄関の外に出て、一瞬激しい風と雨に打たれたりしました。地響きのするような豪雨で、すべてを洗い流せるような気がするのです。人には言いません。「それてよかったですねえ」と言います。あたしは今失業中です。部屋の中を大掃除中です。台所も、押入れも。断捨離実行中です...
ほ お づ き や 仏 の 帰 る 道 に 月 ほおづき1 / mersy 盆が過ぎた。 世間は、戦後70年の回顧録一色。 墓参りに行った。 やたらジュースやお菓子が上げてあるお墓があって、気になって石の裏を見た。 享年13歳とあった。 若すぎる小さい仏さまの行く末を、この世から心配してのことだろう。 いろんな人生があるのだろうけれど、残された...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください