深読みし 薄氷(うすらい)の張り 胸の内

人の、ちょっとした仕草や、表情に困惑することがある。
「えっ、なんで。どうかした?」「なんか、気に障った?」
考えすぎなのかな。
でも、こういう感は当たるよね。
しばらく用心して、喋らないようにしたほうがいいのかな。
疲れる。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

一 筆 箋 埋 まら ぬ 余 白 梅 雨 最 中(さなか)... 書く内容が薄いので、便箋ではなく一筆箋にした。 それでも余る。そんなこともある。 ありがたくもないのに、令状を書くときなど、特にそう。...
阿 蘇 噴 火 今 年 藁 焼 く 片 隅 に 阿蘇の中岳が噴火しました。 いつものこととは言え、少し大きな噴火だったようです。 少し前に熊本で地震があり、その際犠牲を伴って、橋が落ちたものですから、辿り着くのに、以前の何倍も時間がかかり、南阿蘇の旅館やホテルも総じてお客が減っているとのことです。 ただ、この落ち着かない状況の中でも、生活はあり、...
ひとときを 我のものとし 夜長かな... このごろほんの短い時間でも、ちょっとくつろぐことを覚えた。 秋の夜は長い。 ゆったり身体をやすめ、こころを多少なりともリラックスできるよう 秋の夜長を楽しむ術を身につけた。...
流 さ る る た め に 生 ま れ し 雛 流 す... ながさるる ためにうまれし ひなながす 流しひなは、女の子に降りかかるわざざいを、人間の身代わりとされた人形に移し、それを川や海に流すことを目的として、作られたものです。 流儀はさまざまながら、あちこちにその風習は残っていると聞きます。 わらや紙で作られます。 かたや御殿飾りのお雛さまもある...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください