海 棠 に 身 も 世 も 捨 て し 雨 の 降 る

かいどうに みもよもすてし あめのふる

カイドウ。

原産は中国で、薄紅色のつややかな花は、東洋の名花と言われます。

「ねむり花」や「ねむれる花」とも呼ばれるそうですが、唐の時代、玄宗皇帝が、楊貴妃の眠たげなようすを「カイドウのねむりいまだ足らず」と言ったとの故事から来たそうです。

うつむき加減に咲く、控えめな印象の美しい花は、きれいな女人に例えられることも多く、

美しい女性が打ちしおれた姿を、「カイドウの雨に濡れたる風情」などと古来より言われてきたとのこと。

この句も読まれています。

出 柩 の 合 図 の 泣 い て 凌 霄 花(は な)の 落 つ... 1976 Cadillac Miller-Meteor Hearse / That Hartford Guy あの世に旅たつ人の、最後の声のように聞く、霊柩車のクラクション。 走馬灯のように、思い出が巡る。 はなむけだろうか。 ノウゼンカズラの、オレンジのあざやかな花が落ちた。 花の形そのままに。...
「 累犯障害者 」 ( 5 ) ... 「重度障害者重視」の弊害 福祉施設は、触法障害者との関わりを敬遠する。 行政が定めた基準からすれば、食事介助や入浴介助の必要な人ほど、多くの予算が割り当てられる。 日常的に問題行動を起こしても、それで給付金が加算されることはない。 実際は、寝たきりに近い重度の障害者より、刃物やライターを持ったりする...
きき酒の 便り舞い込む 春一番 毎年春に行く、新酒のお披露目、もう会員に登録してるから、ハガキが来ます。 ああ、もう春だと気がつくのです。小さな盃を持って、ぐるぐる廻ります。 またきたか…みたいな顔されても、おかまいなし。さいごに、やっと決めた一本と、奈良漬けと、酒かす買って、電車に乗って帰ります。春のはじめの一大行事です。...
牡 蠣 小 屋 の 火 勢 に 追 は れ 無 口 な る... 牡蠣は小ぶりなのに、七輪の火の起こりようの凄いこと。 ぐつぐつと煮えていたかと思うともう、焦げそうになっている。 そうなると小さく固くなるから、食べるのもスピードアップしなければならない。 遠く糸島半島まで来て、一瞬で食べ終わるなんて、勿体無さすぎる。 それでなくとも今年の牡蠣は小ぶりだとテレビが言...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください