海 棠 に 身 も 世 も 捨 て し 雨 の 降 る

かいどうに みもよもすてし あめのふる

カイドウ。

原産は中国で、薄紅色のつややかな花は、東洋の名花と言われます。

「ねむり花」や「ねむれる花」とも呼ばれるそうですが、唐の時代、玄宗皇帝が、楊貴妃の眠たげなようすを「カイドウのねむりいまだ足らず」と言ったとの故事から来たそうです。

うつむき加減に咲く、控えめな印象の美しい花は、きれいな女人に例えられることも多く、

美しい女性が打ちしおれた姿を、「カイドウの雨に濡れたる風情」などと古来より言われてきたとのこと。

この句も読まれています。

埋 み 火 を 興 す 振 り し て 物 想 ひ... うずみびを おこすふりして ものおもい 炭をながもちさせるために、むかしから火鉢の灰の中に埋めたものです。 灰の中の炭は、火力は弱まりますが、いつまでも燃え続けます。 手をかざせば、ほのかな温もりが感じられたものです。 火ばしで掻き出せば、またあかあかとおこります。 火ばしで、灰や炭を掻き回しなが...
市内電車 old style tram / tsuda もうずいぶん前のこと。 福岡市内には市内電車が走っていました。 どんたくには花電車として、一世を風靡した時代もありました。 電停は、道路の真ん中に細長くあって、当時それほどクルマが多くなかったせいか、立っていて恐怖感はありませんでした。 むしろわたしは電...
原 爆 忌 ひ と り 黙 祷 老 ひ て 夏 げんばくき ひとりもくとう おいてなつ 終戦から長い長い歳月が経ち、また夏が来た。 あの日、あの時間、テレビのサイレンとともに、年老いた戦争体験者が黙祷する。 誰に言うでもなく、強制するでもなく、あの日を語ることもなく。 投下直後の写真をもとに、最新の技術を駆使し、それでも長い時間をかけ、聞き取...
気が合うと 思うたにもう 秋の風 この人とは仲良くなれると思って、すぐ裏切られることが二度続いた。なにをやっているんだろう、いい歳をして。 いままでそんなことはなかったのに。別に友達が欲しいわけでもないのに。馬鹿になったのか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください