海 棠 に 身 も 世 も 捨 て し 雨 の 降 る

かいどうに みもよもすてし あめのふる

カイドウ。

原産は中国で、薄紅色のつややかな花は、東洋の名花と言われます。

「ねむり花」や「ねむれる花」とも呼ばれるそうですが、唐の時代、玄宗皇帝が、楊貴妃の眠たげなようすを「カイドウのねむりいまだ足らず」と言ったとの故事から来たそうです。

うつむき加減に咲く、控えめな印象の美しい花は、きれいな女人に例えられることも多く、

美しい女性が打ちしおれた姿を、「カイドウの雨に濡れたる風情」などと古来より言われてきたとのこと。

この句も読まれています。

花冷えて 自慢話の 裏の顔 人は複雑。 本当に困っている時には、困った顔はできないものです。 ちょっと困ったときは、それは裏返せば、自慢ということもあります。 成功と挫折は、うらおもて。 苦難の日々が続くときには、言わなくてもいいことを言ってしまうことも あると思うのです。 いつものアンテナが狂ってしまうことがあるからです。 ...
ぶらんこの 鎖解いて(ほどいて) 春浅し... ぶらんこの鎖は、昔のまんま。 ときどきへんにつり上がって、戻すのに苦労する。 両手で、引っ張ったり、回したり。 手は冷たくなって、錆臭い。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
痛いほど 五月の日差しと やりきれなさと... この激しい日差しはなんだろう。私は暑いのが苦手。いまからこれなら、夏が思いやられる。やりたくもない仕事で、街をうろうろする。レーザービームで攻撃を受けてるような気さえする。それにしても、このやりきれなさはなんだろう。吸う息吐く息ごとに重いというかむなしい。...
黄落は 降り余る輝き 悦楽の 銀杏やプラタナス、黄色い葉が次から次へまるで黄金の雪のように降りそそぎ、散り敷く様を黄落というらしい。並木道のように、同じ種類の落葉樹が並びいっせいに紅葉し、散り行く様はあるようでない、見られるようでめったに見られないもの。大宰府の四王寺山の古い登山道、狭い道ながら紅葉の季節は格別。わたしはあまりど...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください