浪 光 る え つ の 鱗 ( うろこ ) や 風 光 る

エツ漁解禁。
決して大きくはない舟で、網を投げ引き揚げながら、一匹ずつはずしていきます。
淡白過ぎるほど淡白な川魚で、筑後川にしか生息しません。
正確に言えば、海水と淡水が混ざり合う汽水域に生息しているとのことです。
産地は久留米市城島町。
むかしは三潴郡城島町。
清酒の里でもあります。
エツは、骨が多いけれど、包丁を丹念に入れて調理してくれるので、食べるときに骨を感じることはありません。
カタクチイワシの仲間だそうですが、ちょっと見ると、ステンレスの包丁のようです。
よく光って、細長い。
言い伝えでは、弘法大師が、川を渡る渡し銭がなく困っていたとき、ひとりの貧しい漁師が、舟を寄せ、誰も見向きもしない大師を渡してやったとのことです。
弘法大師は、ヨシの葉を取って川に流し、それはエツに姿を変えた。
「困ったときは、これを採って暮らしの足しにしなさい。」
城島町青木島の旧渡場の近くに、えつ大師堂があります。
エツは筑後川の宝として、絶えることのないよう、漁の期間を定めて採られています。

この句も読まれています。

黄 落 を 誘 ふ か 和 太 鼓 少 し 鎮 ま れ... 老人ホームにボランティアの和太鼓のクラブ。 秋の高い空、澄んだ空気、その一日を身内ではないお年寄りのために楽器の演奏。 太鼓は思いのほか体力が必要とされ、腕力はもとより、腹筋、脚力日頃の鍛錬のたまものだろう。 施設の玄関前に椅子を並べ、当然車椅子のためのスペースもあり、太鼓をいくつもセットして、準備...
居 心 地 の 良 か れ と 願 ふ 彼 岸 か な... あの世に召されて、親に逢えただろうか。 居心地の良い場所に連れて行ってもらえただろうか。 あらゆる心配ごとから解放されて、道に迷わず極楽とやらに着いただろうか。 いい人だったよね。 いるだけで楽しかったよね。...
薄らいで 時雨の音を 刻み込む  私は夜中に必ず目が覚める。雨が降っているときは幸せ。とくに寒い季節の時雨の頃は雨の音や風の声を聞きながら、あれこれと考えてもしょうがないことに想いを巡らす。そうこうしているうちにまたうとうと寝入ってしまう。雨は落ち着く。...
深 閑 を 切 り 裂 い て 狩 る 鵙 ( もず ) の 性 ( さが )... Bullheaded Shrike enjoys autumn sky / coniferconifer わりと綺麗な色をしている。まるまるとしている。虫や蛙、小さな鼠や、驚くことに小さな鳥まで襲うという。くちばしと鋭い爪が武器。獰猛で激しいのも生きるため。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください