浦 上 の 眼 の 無 き マ リ ア 桜 降 る

うらかみの めのなきまりあ さくらふる

原爆で傷ついたマリア像。

このサクラを届けたいとは、多くの信者の思いでしょう。

長崎には、「この子を残して」の作で知られる永井隆氏が、原爆症で亡くなる前に、本の印税で、サクラの苗木を相当数購入され、人々の手によって植えられ、今はもう代替わりして、それでも受け継がれていると聞き及びます。

浦上の天主堂は、原爆により全壊したのち、薄いコンクリートの粗末なものが建てられ、それもまたそれなりの歴史を背負っており、それなりに立派な姿に見えたのですが、ローマ法皇をお迎えすることが決まると、即刻現在のものに建て替えられ、むかしの苦悩の面影は跡形もなく、立派すぎてがっかりしたものです。

この句も読まれています。

足踏みて 開かぬ(あかぬ)踏み切り 寒の朝... 寒い朝、風も冷たい。 さっきから遮断機は降りっぱなし、警報機はなりっぱなし。 右から、左から、もう何本通っただろうか。 たまに目を疑うことがある。 鳴り止まず、同じ方向から電車がくることがある。 のろのろ運転。 新しい駅が出来て、駅と駅の距離が縮まったため、駅に電車が入ると、遮断機が降りることになっ...
葉桜の 日々たくましく 雄々しかり 花の終わった桜の変貌はすばらしい。 花蕊の付いた薄紅いとき、若葉のとき、そして五月に入り薄緑から深い緑に、柔らかい若葉は 硬い葉に成長する。もう誰も見向きもしないし、一面に雑草が生い茂るが、ものともしない。...
し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に... しめなわに みのりのいなほ そのままに 道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。 稲穂をそのまま。 くるりと巻いて止めただけ。 あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。 お米がそのまま実った状態ですから。 むかしの人が見たら、もったいない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です