浦 上 の 眼 の 無 き マ リ ア 桜 降 る

うらかみの めのなきまりあ さくらふる

原爆で傷ついたマリア像。

このサクラを届けたいとは、多くの信者の思いでしょう。

長崎には、「この子を残して」の作で知られる永井隆氏が、原爆症で亡くなる前に、本の印税で、サクラの苗木を相当数購入され、人々の手によって植えられ、今はもう代替わりして、それでも受け継がれていると聞き及びます。

浦上の天主堂は、原爆により全壊したのち、薄いコンクリートの粗末なものが建てられ、それもまたそれなりの歴史を背負っており、それなりに立派な姿に見えたのですが、ローマ法皇をお迎えすることが決まると、即刻現在のものに建て替えられ、むかしの苦悩の面影は跡形もなく、立派すぎてがっかりしたものです。

この句も読まれています。

寒牡丹 童(わらべ)のごとし 藁(わら)帽子... 寒牡丹は、麦わらの帽子をかぶされている。 その上に、雪が積もっている。 わたしは今まで、恥かしいことだけど、寒牡丹は温室にあると思っていた。 一般の牡丹とは、種類が違うことを今年知った。 藁の笠がかわいらしい。 うちの牡丹が咲くとき、貸してほしい。 季節がちがうから。 一般の牡丹が咲くころは、牡丹に...
孤高のメス 堤真一主演。 タイトルにひかれて、試写会応募して観ました。 もしお金を払っていたら、不満たらたらだろう。 こんなになんのヒネリもなく、事実に基づいたわけでもなく、チープな馬鹿にしたような作品は近年珍しい。 脚本とかきにしたこともないが、こんなの誰が作ったんだ。 ただ無駄に長い。 やたら風が吹く。 ぜ...
三太郎の トンネル過ぎて 里の雪 その三太郎トンネルを過ぎたら、大口(おおぐちじゃなくて、おおくち) という町があります。いまは伊佐市というそうです。 西郷隆盛が西南の役で、負けて逃げる途中、ここを通ったそうです。 静かないいところです。...
短 日 や 飲 み 屋 早 め の 店 開 き 日が長いうちは、今頃からいいのかしらと思ったりもするが、日暮れが早いこのごろは、気分もゆっくりと、時期は早々と忘年会。 混まないうちに、予約が取れるうちに、女子会。 いくつになっても女子会は女子会。 オトコになるわけじゃないんだから。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください