浦 上 の 眼 の 無 き マ リ ア 桜 降 る

うらかみの めのなきまりあ さくらふる

原爆で傷ついたマリア像。

このサクラを届けたいとは、多くの信者の思いでしょう。

長崎には、「この子を残して」の作で知られる永井隆氏が、原爆症で亡くなる前に、本の印税で、サクラの苗木を相当数購入され、人々の手によって植えられ、今はもう代替わりして、それでも受け継がれていると聞き及びます。

浦上の天主堂は、原爆により全壊したのち、薄いコンクリートの粗末なものが建てられ、それもまたそれなりの歴史を背負っており、それなりに立派な姿に見えたのですが、ローマ法皇をお迎えすることが決まると、即刻現在のものに建て替えられ、むかしの苦悩の面影は跡形もなく、立派すぎてがっかりしたものです。

この句も読まれています。

牡 蠣 小 屋 の 火 勢 に 追 は れ 無 口 な る... 牡蠣は小ぶりなのに、七輪の火の起こりようの凄いこと。 ぐつぐつと煮えていたかと思うともう、焦げそうになっている。 そうなると小さく固くなるから、食べるのもスピードアップしなければならない。 遠く糸島半島まで来て、一瞬で食べ終わるなんて、勿体無さすぎる。 それでなくとも今年の牡蠣は小ぶりだとテレビが言...
釣 り 忍 盤 の 水 に 漬 け 置 か れ つりしのぶ たらいのみずに つけおかれ 釣り忍。 シダ類の根を重ねて巻いて、軒先に吊るし、涼を呼ぶ風鈴やすだれと並ぶ、暑さを凌ぐための、むかしからの日本人の知恵。 水は毎日かけているのだけれど、この頃の熱波は凌ぎ難いようで、ときどきたらいに冷たい水を張ってしばらく行水させて、充分な水分補給をさせま...
梅 雨 ラ ヂ オ よ り 能 古 島 の 片 想 ひ... つゆらじおより のこのしまの かたおもい 井上陽水 能古島の片想い 「つきせぬ波のざわめく声に今夜は眠れそうもない。 浜辺に降りて裸足になれば、とどかぬ波のもどかしさ 僕の声が君にとどいたら、ステキなのに」 まさに、片想いの美学。...
紅 葉 狩 り 先 祖 は 流 人 か 公 家 の 島... もみじがり せんぞはるにんか くげのしま 隠岐の島。 後醍醐天皇と後鳥羽上皇が島流しになったとか。 身分の高い方々ですから、お付きもそれぞれに相当の数いたのではと想像します。 その前までは、流刑地。 遠山の金さんによると、「市中引き回しの上張り付け獄門」まではいかないけれど、「遠島を申し付...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください