浜 昼 顔 海 風 辛 き 日 も あ り て

はまひるがお うみかぜつらき ひもありて

植物は、タネの落ちたその場所で生きていきます。
人間も似たようなものかもしれません。
以前ベストセラーになった「おかれた場所で咲きなさい」
なるほどです。

ときにはこの、置かれた状態が辛いと思う日もあるわけで、だからといってどうすることもできないので、元気のないままで、粛々と日々を過ごすのです。

気は持ちよう、考え方次第と、納得させるのです。

この句も読まれています。

揚水(ようすい)の 発電残して 山眠る... 水を高いところに引き上げて、落す力で発電する発電所がある。 ずんと眠り込む山の中で、そこだけが活動している。 山はいつからか素知らぬ顔。 葉を落す樹々があり、変わらぬ緑の樹々がある。 いつもの冬の景色。...
橋脚に 凭れて(もたれて)土筆(つくし)の 袴(はかま)取り... 那珂川の堤防の端にすわって、春の 空気を吸ってみる。足下の土筆を手 すさびに取って、はかまを取ったり なずなの葉を少しずつ下にずらして 鈴のように振ったりした。逃げも隠 れもしない春が来た。...
黒葡萄(ぶどう)  押し頂いて まず仏... 大きな房、黒々と光る一粒一粒。 硝子の皿に載せ、一瞬仏壇へ。
働いて パーマかけたし 天の川 今日は七夕。 織姫と彦星が逢うらしい。 あたしだって、ちょっとは美しくなりたいものだ。 だんだん貧乏が身にしみてきた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください