浜 昼 顔 海 風 辛 き 日 も あ り て

はまひるがお うみかぜつらき ひもありて

植物は、タネの落ちたその場所で生きていきます。
人間も似たようなものかもしれません。
以前ベストセラーになった「おかれた場所で咲きなさい」
なるほどです。

ときにはこの、置かれた状態が辛いと思う日もあるわけで、だからといってどうすることもできないので、元気のないままで、粛々と日々を過ごすのです。

気は持ちよう、考え方次第と、納得させるのです。

この句も読まれています。

星 生 ま れ 星 消 へ し 後 寒 明 く る... ほしうまれ ほしきえしのち かんあくる 冬の夜空は、凍てついて、星はくっきりとその姿を現します。 寒さはこれからが本番ですが、ちらほらと見る季節外れの一輪二輪のサクラを見ると、もう少しかと思ってしまいます。 今日は一日雨だったけれど、気温は12℃もあったとか。 寒ヒデリと言ってもいいくらい雨...
ほおづきの 先は青うて 売られおり... まだ完全には色づいておらず、先の方は青いままの そしてまだ完全なホウヅキの赤ではない、少し うらなりのほうづきが売られている。 今年は、生育が遅いのか、暑さのせいなのかは わからないけど、うらなりのほうづきもそれはそれなり。...
城島(じょうじま)事件 もうずいぶん前のこと、ひと昔いやふた昔も 前のこと。いまの久留米市、当時三潴郡城島 町で、中学生が学校でいじめられ、絶えきれ ず自殺した。たしか筑後川の支流の水門に紐 をかけて首を吊った。痛ましい事件だった。 転校生だったらしい。前の学校では、心優し い人懐っこい子どもだったと聞く。土地柄が 合わな...
小糠雨(こぬかあめ) 沈丁の香 閉じ込めて... 沈丁花の花が咲き出しました。 赤と白では、どちらが香りが強いのでしょう。 駐車場とか、高架の下とか、川べりとか、思わぬところで、香りがすると、 嬉しくなります。 今日は、朝から小さな雨が降っていて、おさまる気配もありません。 気のせいか、沈丁花の香りも雨に閉じ込められて、薄くなったような気がします。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください