浜 昼 顔 海 風 辛 き 日 も あ り て

はまひるがお うみかぜつらき ひもありて

植物は、タネの落ちたその場所で生きていきます。
人間も似たようなものかもしれません。
以前ベストセラーになった「おかれた場所で咲きなさい」
なるほどです。

ときにはこの、置かれた状態が辛いと思う日もあるわけで、だからといってどうすることもできないので、元気のないままで、粛々と日々を過ごすのです。

気は持ちよう、考え方次第と、納得させるのです。

この句も読まれています。

日 脚 伸 ぶ 炒 飯 少 し 上 手 く な り... もうずいぶん前のことだけど、わたしは家族に「チャーハン禁止令」なるものを発令れたことがある。 理由は、あまりにもまずいから。 わたしにとってチャーハンは、命題のようにいつも目の前にあった。 鉄の中華鍋と強火で、なんとかチャーハンと呼べるものに成長した気がする。 ただいつまでこの鉄鍋の重みに耐えられる...
ダムの底 水の話を 誰が聞く あたしはよくしゃべる。みんな明るくておしゃべりだと信じてる。実は違うのです。この人にこの話のこの部分をこの程度こんな風にしゃべれば、受けるだろうと、いろいろ考えてしゃべるのです。気が強くて、言いたい放題だと誰しもが思っています。でも聞き役のことがほとんどです。練り上げて作り上げた話をしても、世間が言...
かなかなの 鳴く暇(いとま)無し 盆の雨... 降ったり止んだりの、盆の雨。 降ったからと言って、涼しくなるものでもなく、 蒸し蒸しするだけ。 それでも雨が降っているあいだは、つくつく法師も鳴かず、 なかなか律儀なものである。...
秋 冷 や 今 朝 よ り 三 和 土 (たたき) ひ た ひ た と... 朝夕が、寒くなったせいか、空気が澄んできたせいか、農家の広い土間の感触がちがう。 吸いつくように、ひたひたと、そしてやたら冷たい。 外はまだ暑いけれど、待ちに待った秋が来た。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です