浜 昼 顔 海 風 辛 き 日 も あ り て

はまひるがお うみかぜつらき ひもありて

植物は、タネの落ちたその場所で生きていきます。
人間も似たようなものかもしれません。
以前ベストセラーになった「おかれた場所で咲きなさい」
なるほどです。

ときにはこの、置かれた状態が辛いと思う日もあるわけで、だからといってどうすることもできないので、元気のないままで、粛々と日々を過ごすのです。

気は持ちよう、考え方次第と、納得させるのです。

この句も読まれています。

こんなにも こんなにも寂しい 霙ふる... みぞれは雨と雪の混ざった、冷たくてうら寂しいものです。 雪やあられとはちがって、人を落ち込ませる力をもってます。 弱ってるときにみぞれに降られたひには、もう死にたくなったりします。...
万緑の 力集めて 山動く 沸き起こる緑、大地の力、山は全体で動き、力強い。
青 田 風 正 午 と 五 時 は サ イ レ ン で... あおたかぜ しょうごとごじは さいれんで 農作業は、時計を持って行うわけにはいきません。 ときを知らせるために、むかしから今に至るまで、サイレンでお知らせしています。 今はまだ、そう暑くはないのですが、紫外線の量は真夏に匹敵すると聞きます。 機械が導入されたとはいえ、農作業はやはりたいへんです。 ...
冬 夕 焼 浄 土 は 西 に あ る と 言 ふ... ふゆゆやけ じょうどはにしに あるという 浄土とは、閻魔様がおいでになるところか。 よくわからない。 以前、職場の隣の席の仲良しに、「あなたは閻魔様に行き着く前に、鬼に、側道に導かれて、そのまま地獄にドボンする」と言われて、なるほどと大笑いしたことがあるけれど、真面目に考えれば、わたしはそう悪い人...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください