流 さ る る た め に 生 ま れ し 雛 流 す

ながさるる ためにうまれし ひなながす

流しひなは、女の子に降りかかるわざざいを、人間の身代わりとされた人形に移し、それを川や海に流すことを目的として、作られたものです。

流儀はさまざまながら、あちこちにその風習は残っていると聞きます。

わらや紙で作られます。

かたや御殿飾りのお雛さまもあるというのに、どこか哀れです。

この句も読まれています。

黒々と そそり立つ闇 夏木立 田植えを終えたばかりの田の奥に、山の裾野に長々とそそり立つ黒い木立 季節は変わり、青かった木々は、堂々と黒い得体の知れない立派な木立になる。 人も変わる。良くも悪くもそのままでいられるはずもない。...
ハナミズキ 考えの無き 明るさよ Flowering Dogwood / Cornus florida / 花水木(ハナミズキ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 花水木が真っ盛り。アメリカの樹と 聞いていたが、知らぬ間に街路樹に まで出世して。街はハナミズキに溢 れている。白い花びらにピンクがほ んのり混ざったり、その...
リ ッ プ サ ー ビ ス せ ぬ と 決 め て 沈 黙 炎 暑 か な... 44/365 - 11229days / yamataka 余計な気を遣うのはやめようといつも 思うのだけれど、わたしは沈黙が苦手 で、ついひとことふたこと喜ばすよう なことを喋ってしまう。もうこんなヤ ツに気は遣わない。向こうが平気なの に、わたしがおろおろすることなどあ ろうか。時計の音が、じ...
冬 の 陽 を 絡 め 取 れ る か 塔 九 輪... 博多駅博多口から歩いても10分。 地下鉄祇園駅近くにある東長寺。 真言宗の寺院だそうで、別名「東長密寺」とか。 伽藍には本堂のほか、六堂、大仏殿、五重の塔などがあり、福岡藩二代目藩主黒田忠之公のお墓もあります。 大仏もあります。 地獄の道があり、闇夜の通路を通り抜けます。 結構、迫力あります。 最近...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください