流 さ る る た め に 生 ま れ し 雛 流 す

ながさるる ためにうまれし ひなながす

流しひなは、女の子に降りかかるわざざいを、人間の身代わりとされた人形に移し、それを川や海に流すことを目的として、作られたものです。

流儀はさまざまながら、あちこちにその風習は残っていると聞きます。

わらや紙で作られます。

かたや御殿飾りのお雛さまもあるというのに、どこか哀れです。

この句も読まれています。

ま た ひ と つ 繰 り 言 の 出 来 柿 紅 葉... またひとつ くりごとのでき かきもみじ 人間関係ほど不確かなものはないと、誰かが言いました。 来るもの拒まず、去るもの追わずで生きてきました。 たぶん、些細な、しかしながら本当のことを言われたから、わたしが勝手に落ち込んだのだと思います。 しょうがない。 ホントのことですもの。 立ち直るしかない。...
気が合うと 思うたにもう 秋の風 この人とは仲良くなれると思って、すぐ裏切られることが二度続いた。なにをやっているんだろう、いい歳をして。 いままでそんなことはなかったのに。別に友達が欲しいわけでもないのに。馬鹿になったのか。...
干し大根 小春日和の 暖かさ 11月の寒い毎日でも、幾日か暖かい日があるものです。 大根はたくわんになるまで、干されるのでしょう。 今はまだ干したばっかり。 みずみずしい大根が日差しのなかにあります。...
思い出す ことの多かり いわし雲 sすっかり秋になった。空は高くなり、夕暮れに一面のいわし雲。あんまり楽しいことは思い出さない。ああ、あのときのあの人の態度は、もう嫌気がさしていた証だったんだとか。なんであのとき気がつかなかったんだろうとか。人の心の一瞬って、時間がたってから、ふっと気がつくことが多いような気がする。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください