流 さ る る た め に 生 ま れ し 雛 流 す

ながさるる ためにうまれし ひなながす

流しひなは、女の子に降りかかるわざざいを、人間の身代わりとされた人形に移し、それを川や海に流すことを目的として、作られたものです。

流儀はさまざまながら、あちこちにその風習は残っていると聞きます。

わらや紙で作られます。

かたや御殿飾りのお雛さまもあるというのに、どこか哀れです。

この句も読まれています。

落ち蝉に かかれと言うて 蟻の声 寿命が尽きた蝉は、蟻の栄養。 「さあ、かかれ」と号令一下蟻の流れ作業が始まる。 自然の摂理か。
立ち話 蚊遣りの香(こう)の 欲しき宵... 夏の井戸端会議には、蚊取り線香が必須かも。 足をばたばた叩きながらの、立ち話は大変そう。
脳 男 常識では考えられない、高い知能、驚異的肉体、人間らしい感情が大きく欠落している主人公に、生田斗真。 過去に、年の離れた弟を殺害され、( 殺害の状況は、髪と眉を剃り落とされ、全裸で後手に手足を拘束された状態で、発見された) それが原因で、閉じこもり、一日中テレビとお菓子漬けの母親を抱える、精神科医...
山 育 ち 筍 の 皮 山 で 剥 き やまそだち たけのこのかわ やまでむき 山育ちは強い。 ムカゴやアケビ、ワラビやぜんまい、たらの芽までも容易に見つけ出します。 ツルを手繰って、簡単にカゴを編むこともできます。 タケノコ採りも上手で、ようやくカオを出したか出しかけたかの、柔らかいものをゲットします。 外側の硬い皮はその場でむき、荷...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です