流 さ る る た め に 生 ま れ し 雛 流 す

ながさるる ためにうまれし ひなながす

流しひなは、女の子に降りかかるわざざいを、人間の身代わりとされた人形に移し、それを川や海に流すことを目的として、作られたものです。

流儀はさまざまながら、あちこちにその風習は残っていると聞きます。

わらや紙で作られます。

かたや御殿飾りのお雛さまもあるというのに、どこか哀れです。

この句も読まれています。

熱燗や 喉通り過ぎ 暫し(しばし)の幸... 熱燗の季節。わたしは、生ぬるいより、熱々が好きです。 喉を熱燗が通り過ぎるとき、しばしの幸せを感じます。 まともなら、幸せなんて、縁のないこと。 ただこの一瞬くらいは、全てを忘れたい。 単純なのかな。でもこれは生きる術。...
ご理解と ご協力して 夏を遣る 暑い夏をやり過ごさなければなりません。車の運転も苦痛です。あっぷあっぷです。
眉 描 け ば よ か り し 花 の 日 に 逢 ふ て... 化粧してた女の人、って子供がこんなん描いてきた。ケミーキラーのアキラ。 / naka_hide 思わぬところで、思わぬ人に出くわした。 すっぴんで、バサバサだった。 しまったと思ったけれど、手遅れだった。 ちょっとしゃべった。 「いくつになった?」と余計なことを聞かれた。 失敗したなぁ。 もうちょ...
山 藤 や 勝 手 気 儘 ( きまま ) の 深 紫 ( こむらさき )... まるで矯正されたように、整然と花房が垂れて美しいと賞賛される庭園の藤とはちがい、山の藤は、どこへ伸びようが勝手気まま。時期も少し遅いよう。花も小ぶりながら、色は深い。朝倉の方に、高速を通りながら、ときおり元気な山藤を見る。来年も再来年も、このままであれ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください