沈 下 橋 つ つ つ と 下 り て 浅 き 春

沈下橋とは、概ね河川敷と同じくらいの高さに作ってあり、ふつうの状態では橋として使えるものの、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことです。
低い位置に作るので、廉価で早くできるというメリットがありますが、増水時には橋として機能しなくなるという欠点を併せ持ちます。
橋の両岸で高低差があるときは、一方が通行可能でも対岸は水没していることもあるのです。
流木や土砂が橋桁に引っかかり橋が壊れたり、川の水がせき止められて洪水になることを防ぐために、橋に欄干がなかったり、あってもかなり低かったり、増水時に取り外せるような簡易なものしかないことも特徴です。
慣れているはずの地元住民といえども転落事故が絶えないことから、徐々に姿を消しているそうです。
なかには文化的景観をもつ文化遺産に選定されたものもあるのですが。
四万十川流域が有名とのことですが、大分県にも多くの沈下橋が残されているそうです。
耶馬溪にもあります。
原始的な橋は周囲の自然に溶け込み、見ていて飽きることがありません。

画像出典:Shimanto riverShimanto river / cotaro70s

この句も読まれています。

春朧(はるおぼろ) 蕎麦(そば)の枕に 夢沈め... 春眠 / tab2_dawa 寝ることは幸せ。眠れるうちは大したことはない。ザワザワと枕に沈みながら、夢かうつつか当てどもなく彷徨っている。少し開けた窓から夜気が忍びよる。もう少しこうしていよう。新聞配達のバイクの音が遠のく。...
三 百 の つ づ ら 棚 田 に 水 巡 る 昔のひとの知恵だろう。 竹を切り、縦に割って、樋にして、水を流す。 そうやって、段差の激しい棚田の隅々まで、水を行き渡らせる。 作って、設置角度や方向を見ながらやるのだろう。 時間のかかる、手のかかる労力の限りを尽くすたいへんな仕事だろう。 しかも一軒だけでは、どうにもならない。 三百もある棚田に、...
日がな一日 喋ることなく ほととぎす... 澄んだ空気、高い空、いわし雲。それにほととぎすの花。まだ連絡来ない。落ちたのかな。きのうも今日もひとり。手ごたえあったのにな。当てにならない、あたしの感。せっかくの秋だというのに。 iPhoneからの投稿...
中窓に ようやく届いて 豆の花 部屋の出窓の下に、ようやく顔を出した豆の花。 春の陽を浴びて、ここまで大きくなった。