沈 下 橋 つ つ つ と 下 り て 浅 き 春

沈下橋とは、概ね河川敷と同じくらいの高さに作ってあり、ふつうの状態では橋として使えるものの、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことです。
低い位置に作るので、廉価で早くできるというメリットがありますが、増水時には橋として機能しなくなるという欠点を併せ持ちます。
橋の両岸で高低差があるときは、一方が通行可能でも対岸は水没していることもあるのです。
流木や土砂が橋桁に引っかかり橋が壊れたり、川の水がせき止められて洪水になることを防ぐために、橋に欄干がなかったり、あってもかなり低かったり、増水時に取り外せるような簡易なものしかないことも特徴です。
慣れているはずの地元住民といえども転落事故が絶えないことから、徐々に姿を消しているそうです。
なかには文化的景観をもつ文化遺産に選定されたものもあるのですが。
四万十川流域が有名とのことですが、大分県にも多くの沈下橋が残されているそうです。
耶馬溪にもあります。
原始的な橋は周囲の自然に溶け込み、見ていて飽きることがありません。

画像出典:Shimanto riverShimanto river / cotaro70s

この句も読まれています。

生きてもう 逢うこともなく 冬もみじ... 縁があって、出会ったであろう人と別れるのは、つらい
秋の野に 柿の木のあり 稲実り むかしのこと、大宰府の、麻生太郎さんのお父さんかお爺さんかが造った、トンネルを抜けて、 宝満山の登り口、竈神社までの道は、わたしの思い出の道です。 一面の稲穂黄金色に輝いて、もう刈り取り寸前。 道はまっすぐではなくて、細くぐるーっとわざと景色を楽しむために、曲がっているよう。 空は真っ青な秋の高い空...
摘めばもう 散るか幼き 日のフグリ... まだ幼いころ、うちに母親とばあちゃんがいた、ほんの短い日々、春の浅いころ、道端の青い小さな犬フグリの花がとても素敵に見えて、なんとか摘んで帰りたいとおもったものでした。やっと摘んでもちょっと持ち上げただけで、すぐ散ってしまう。何度も何度も挑戦したものです。 考えてみれば、あれから長い長い不幸な日々...
ひ と と せ は 長 し 心 は 変 わ る 星 月 夜... ひととせは ながしこころは かわるほしずくよ 人の心は思いの外短い時間で変わる。 はっきりこれと言える言葉や態度で変わるだけではなく、時の流れの中で、鬱陶しさにへんげすることもある。 七夕なんて、さすが優雅なおとぎ話。 ひとは年々年をとる。 ふとした拍子に、シミや皺や白髪が目についてということもあ...