沈 下 橋 つ つ つ と 下 り て 浅 き 春

沈下橋とは、概ね河川敷と同じくらいの高さに作ってあり、ふつうの状態では橋として使えるものの、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことです。
低い位置に作るので、廉価で早くできるというメリットがありますが、増水時には橋として機能しなくなるという欠点を併せ持ちます。
橋の両岸で高低差があるときは、一方が通行可能でも対岸は水没していることもあるのです。
流木や土砂が橋桁に引っかかり橋が壊れたり、川の水がせき止められて洪水になることを防ぐために、橋に欄干がなかったり、あってもかなり低かったり、増水時に取り外せるような簡易なものしかないことも特徴です。
慣れているはずの地元住民といえども転落事故が絶えないことから、徐々に姿を消しているそうです。
なかには文化的景観をもつ文化遺産に選定されたものもあるのですが。
四万十川流域が有名とのことですが、大分県にも多くの沈下橋が残されているそうです。
耶馬溪にもあります。
原始的な橋は周囲の自然に溶け込み、見ていて飽きることがありません。

画像出典:Shimanto riverShimanto river / cotaro70s

この句も読まれています。

黄落(こうらく)の 天も地までも 独り占め... 銀杏並木が色付いて、はらはらと落ちる。 数枚の葉は、アスファルトの道路をからからと転げる。 黄落の絨毯を、空を見ながら歩く。 見渡すとひとり。 この贅沢はどうだろう。 クリスマスよりずっと素敵です。...
川鵜増え 人の遊びの 報いゆえ ニュースで見ました。たしか、熊本。鵜飼の鵜を調教する過程で、川鵜が増えてしまって、大事なあゆを食べてしま うと。喉をしばって、飲み込めないようにして、吐き出させるなんて、残酷なことをしているから、こんな罰をうけるので す。川鵜がんばれ。目にもの見せてやれ。...
いつの間に 育みし(はぐくみし)瑠璃(るり) 龍の玉... 龍の髭の奥の方に置かれた、龍の玉。 つるっとして、紺碧の色、宝石のような輝きと驚き。 繁茂してきた春の草を抜こうとして、見つけた。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
田 仕 終 ひ の 煙 藁 の 香 暮 れ 暮 れ て... たじまいの けむりわらのか くれくれて 一年の米作りの仕事が終わり、機械を片付け、道具を洗い、散らばった藁を集めて燃やしているのでしょうか。 まっすぐに一本上がる煙と、懐かしいその匂いは、郷愁を誘います。 日は短く、瞬く間に闇が迫ります。 周囲の山が黒く大きく迫ってくる気がします。...