沈 下 橋 つ つ つ と 下 り て 浅 き 春

沈下橋とは、概ね河川敷と同じくらいの高さに作ってあり、ふつうの状態では橋として使えるものの、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことです。
低い位置に作るので、廉価で早くできるというメリットがありますが、増水時には橋として機能しなくなるという欠点を併せ持ちます。
橋の両岸で高低差があるときは、一方が通行可能でも対岸は水没していることもあるのです。
流木や土砂が橋桁に引っかかり橋が壊れたり、川の水がせき止められて洪水になることを防ぐために、橋に欄干がなかったり、あってもかなり低かったり、増水時に取り外せるような簡易なものしかないことも特徴です。
慣れているはずの地元住民といえども転落事故が絶えないことから、徐々に姿を消しているそうです。
なかには文化的景観をもつ文化遺産に選定されたものもあるのですが。
四万十川流域が有名とのことですが、大分県にも多くの沈下橋が残されているそうです。
耶馬溪にもあります。
原始的な橋は周囲の自然に溶け込み、見ていて飽きることがありません。

画像出典:Shimanto riverShimanto river / cotaro70s

この句も読まれています。

冬 の 海 想 ひ 出 遠 く 波 の 間 に ふゆのうみ おもいでとおく なみのまに どうしてだろうかと不思議に思うことがあります。 暑い頃の海は白波も元気で、勇ましい。 心身ともに強い人しか相手にしないと思えるのです。 冬の寒さの中では、姿を変えます。 水平線の彼方に、そして波のまにまに、辛かった頃のこと、少しは楽しかったこと、亡くなった人...
雄 を 喰 む 音 聴 き た し や 霜 夜 酒... オスをはむ おとききたしや しもよざけ カマキリは、枯れ枝のような色になると、メスがオスを食べます。 共喰いと言いますが、オスがメスを食べることはないとのことです。 必ずメスが、オスを食べるのです。 だからおもしろいといえば、とてもおもしろい。 肉が付いてないのですから、血も出ない。 決...
寝入られず 霜の立つ音 聞き澄ます... 眠れない夜、気温が下がるのを、身に凍みて感じながら、明け方、霜の立つ音を聞く心地がすることがある。霜は音はたてない。冷えて来る感覚と、冴えていく頭が作る音かと思う。...
い つ の 間 に 淘 汰 も あ り て 夏 の 庭... いつのまに とうたもありて なつのにわ 植物は、植えたものも雑草も強いものが残り、弱いものは消えて行きます。 植えた花も、雑草同士も同じです。 小さな庭でもせめぎ合いです。 玄関先の植え込みに、昔気質の職人さんが、ツツジを植えていたのが、ずーっと気に入らなくて、思い切ってばしゃばしゃと根元から切...