汽車走る 稲穂の中を 秋の田を

煙をはいて、汽車が走ります。
黄金色の稲穂の中を、ひたすら走ります。
空は青い秋の空です。
なにも言うことはありません。
贅沢を言わなければ、いまこの瞬間は幸せだからです。

この句も読まれています。

初 蝶 の 日 を 吸 い 尽 く す 息 を す る... はつちょうの ひをすいつくす いきをする 今年初めて蝶を見ました。 モンシロチョウではなく、なんとアゲハチョウでした。 それも花にではなく、鉄製の柵にとまっているのです。 蝶はてっきり蜜を求めて、ヒラヒラと動き回るものだと思っておりましたから、驚きました。 とてもいい天気で、全身に陽を浴びることが...
秋の雨 川面を叩く 音強く 水を打つ雨をみるのが好きです。 だんだん激しくなる今ごろの雨を、欄干から飽きもせず眺めます。 寒くないようにマフラーをして、遠い記憶を呼び覚ますのです。 iPhoneからの投稿...
大村の 湾のへさきの 墓地も梅 長崎の大村湾の、先っぽに小さな墓地があります。 なんでこんなとこに墓地、海の見える一等地、 別荘に最適。 風は少し強いけど、春の風。 曇り空だけど、小さな梅が満開。...
満天の 星を見てみよ 虎落笛(もがりぶえ)... 目の前の有り様や、行き詰まったすぐそこの未来ばかりを 見ずに、ちょっとうえを見てご覧よ。 満天の星空。少し深い息をして、一歩引いてちょっと立ち止まってみよう。 景色が変わるかもしれない。渦の中にいると、いろいろ見えなくなることも あるから。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください