汽車走る 稲穂の中を 秋の田を

煙をはいて、汽車が走ります。
黄金色の稲穂の中を、ひたすら走ります。
空は青い秋の空です。
なにも言うことはありません。
贅沢を言わなければ、いまこの瞬間は幸せだからです。

この句も読まれています。

落ち葉掃き 万色の蔦(つた) 散り敷いて... 色とりどりの刺繍のように色づいて、 掃くはしはら、もう散っている。 道に散るもよし、水に落ちるものよし。...
スケッチの 菖蒲はなぜか 池に寝る... ていねいに描いても、寝たようになる。
地 卵 は あ ま り に 小 粒 秋 深 し じたまごは あまりにこつぶ あきふかし ニワトリに配合飼料ではなく、自然由来の餌を与え、さらに放し飼いで育てていることで有名な養鶏場で玉子を買いました。 玉子はすべて茶色で、とても小さく、殻もしっかりしたものでした。 これなら玉子かけご飯が食べられそうです。 ブロイラーの養鶏場では、温度もそして日...
来 世 に は お 前 と 代 は る 吊 り 鮟 鱇... らいせには おまえとかわる つりあんこう まな板に載せたところで、ぬるぬるとどうにもはかがいかないから、考案されたと思われる吊るし切り。 手際よく捌かれる。 流石だなぁと感心する。 皮も肝も、どこもかしこも美味しい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です