水 換 へ は 汲 み 置 き て の ち 金 魚 玉

みずかえは くみおきてのち きんぎょだま

むかしの人は、金魚を360度見えるようにと、まんまるいガラスの器に入れ、吊り下げて楽しんだといいます。

今ではなかなか見ることがないのですが、青い縁取りのガラスに入った金魚がイキイキと泳いでいるのを見るのは、うれしいことです。

四角い水槽で、酸素ぶくぶくは、金魚的にはいいのでしょうが、少し見飽きた感があって。

たくさん入れなくても、金魚は共食いするし、一匹を執拗にいじめるし、そんなのは見たくないのです。

金魚玉に一匹でいいのです。

この句も読まれています。

櫛 田 社 や 祭 の 後 の 湯 気 残 り 博多祇園山笠 / Pon Pon Tin(hohiyan) 山笠、クライマックス追い山は今朝。 徹夜のあとの、熱いまんまの頭をも て余し、電柱と塀に足をかけて観た。 今年じゃない。 担ぐのも大変ながら、交替要員も汗だ く。次から次だから、観る方はおもし ろい。 年に一回。 さあ、夏が来る。...
着 ぶ く れ し 毛 穴 の 見 ゆ る テ レ ビ な ど... きぶくれし けあなのみゆる てれびなど とてもキメの細かいテレビが発売され、話題になっているとか。 度々買い換えるものではなし、どうせ買い換えるなら、少しの負担増なら、この際いいものをと考えるのがふつうです。 となると、ほんの近い将来日本中のテレビが、毛穴の見えるテレビに代わることになります。 別...
花過ぎて 人はみなみな 新しき春 寒い日がとても長く続いた。いつの間にか春が来て、桜が咲いたかと思うともう満開。新しい一歩を踏み出す人が何人もいると、踏み出したくとも道の無いわたしはこのごろさっぱり元気がでない。面白くない仕事に出かける。決まったことを決まったようにやる。ときどきこっそり大きなため息をつく。なんにも考えないように努力...
放 蕩 の 血 は 受 け 継 ぎ て 霜 柱 ほうとうの ちはうけつぎて しもばしら 遺伝とは恐ろしいもので、なんということもない仕草や姿勢、時間の過ごし方、性格。 特に似てほしくはないところがそっくりという話はよく聞くことです。 遊び方も、そのタチの悪さもそう。 浪費癖、収集癖、オンナ癖、バクチののめり込みようまで。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください