水 換 へ は 汲 み 置 き て の ち 金 魚 玉

みずかえは くみおきてのち きんぎょだま

むかしの人は、金魚を360度見えるようにと、まんまるいガラスの器に入れ、吊り下げて楽しんだといいます。

今ではなかなか見ることがないのですが、青い縁取りのガラスに入った金魚がイキイキと泳いでいるのを見るのは、うれしいことです。

四角い水槽で、酸素ぶくぶくは、金魚的にはいいのでしょうが、少し見飽きた感があって。

たくさん入れなくても、金魚は共食いするし、一匹を執拗にいじめるし、そんなのは見たくないのです。

金魚玉に一匹でいいのです。

この句も読まれています。

落ち葉掃き 万色の蔦(つた) 散り敷いて... 色とりどりの刺繍のように色づいて、 掃くはしはら、もう散っている。 道に散るもよし、水に落ちるものよし。...
コーラ瓶 淡い緑の 冬日さす 昔のコーラの瓶が好きです。 格好もいいけど、何といっても、あの淡い緑色の瓶に すじが入ったところ、白い細いコカ・コーラの筆記体の 文字。 冬の冷たい日差しによく似合う。 テレビの横に、置き忘れたように、置いています。...
山笑う 運の悪さと 恨み節 随分むかしの、情けなかったことや、理不尽なこと。 忘れられない、様々なこと。 山笑う。 今が大事。これからが大切。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください