水 換 へ は 汲 み 置 き て の ち 金 魚 玉

みずかえは くみおきてのち きんぎょだま

むかしの人は、金魚を360度見えるようにと、まんまるいガラスの器に入れ、吊り下げて楽しんだといいます。

今ではなかなか見ることがないのですが、青い縁取りのガラスに入った金魚がイキイキと泳いでいるのを見るのは、うれしいことです。

四角い水槽で、酸素ぶくぶくは、金魚的にはいいのでしょうが、少し見飽きた感があって。

たくさん入れなくても、金魚は共食いするし、一匹を執拗にいじめるし、そんなのは見たくないのです。

金魚玉に一匹でいいのです。

この句も読まれています。

豆 撒 き の 勢 い 邪 鬼 の お ろ お ろ す... まめまきの いきおいじゃきの おろおろす 小学校のとき、講堂で節分の豆撒きがありました。 大豆だったと思います。 わーっと豆を撒き、みんなで拾って食べました。 上靴で踏んだ床に落ちた豆を、児童も先生も何の疑問もなしに。 今、学校では小さなセロハンに包んだ豆を撒いているようです。 衛生的です。 むか...
大 花 火 余 韻 の 闇 に 目 を 凝 ら し (こらし)... Fireworks / Takashi(aes256) 金色に近い、ただ一色の花火が好きです。 ばちばちと音をあげる、細かい工夫のものより。 いくつもいくつも重ねて上げるのも、華々しいけれど、ドンと上がって、見惚れているうちに、雫が落ちるように、静かに終わる。 しばらくは闇。 花火師さんには、次の...
秋 の 蟇 涅 槃 の あ り か 知 り て お り... あきのひき ねはんのありか しりており 涅槃、煩悩を無くした状態つまり、仏さまの世界だろうか。 鄙びた温泉の露天の風呂の草陰で、隠れたり出てきたり、まるであの世と、現世を行ったり来たり。 何も怖いものがない、仏の使いのような貌をしている。 ヒキガエル。...
ま ず 嚙 り 陽 を 浴 ぶ 金 柑 当 た り 年... まずかじり ひをあぶきんかん あたりどし 金柑は、秋の季語ですが、実際にはこの寒さのなか収穫します。 凍てつくような寒い日が続きますが、ときおりさす冬日を浴びて、塀の内側なれど、たくさんの実をつけます。 道の駅では、惜しげもなくパックに詰め込まれ安く売られています。 いかにもビタミンたっぷり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください