水 引 草 コ ン ク リ ー  ト に 咲 き し 花

みずひきそう コンクリートに さきしはな

コンクリートに花が咲くわけはないんだけれど、細いひび割れから果敢に顔を出して、一人前に育っているのを見ると、頑張ったねと思います。

この句も読まれています。

湯豆腐に ワインのありて クリスマス... クリスマスがなんだ、クリスマスがどうしたと思っている。 それでもなんかつられてワインを買った。馬鹿じゃない。 湯豆腐で乾杯。私のくりすます。...
七草を きざむ春の土の 匂いして 七草粥…雑草を食べる食感で、不味いと思いながら、何となく毎年作って、食べてしまう。 せりと、大根ぐらいが、野菜、他は草だけど、春の土の匂いがする。 庭は秋に草を取ったのに、もう新しい雑草があちこちに。 芽吹きはいつも確実。...
サ ー カ ス は 秋 に 来 し 切 な さ を 連 れ... さーかすは あきにこし せつなさをつれ 「美しき天然」 あの曲がなければ、うら悲しさは、薄らいだかもしれません。 子どもの頃、スポーツセンターというところがあって、そこで見たサーカスが心に残って消えないのです。 電線のような細いロープを歩く少女。 象もいた。 虎もいた。 どれもおとなしかった。 バ...
寂しさが 渦を捲き来る 虎落笛 冷たい風が、電線をうならせて、ヒューヒューとなんともやりきれない音を出す。 コートの襟を立てて歩く。寒さは変わらない。悲しみ寂しさが自分を真ん中にしてつむじ風を起こしているような気が する。虎落笛のなく日は、こころが凍える。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください