水 引 草 て っ ぺ ん の 一 粒 は 愛

みずひきそう てっぺんのひとつぶは あい

世の中に、「愛してる」が溢れかえっているようで、気に入らないのです。

そもそもいつの頃から、日本人は「愛してる」なんて言うようになったのでしょう。

好きとか、いつもアナタのことを考えていますとか、アナタを想うと眠れないとかと、愛してるは、別物だとおもうから。

ミズヒキソウ、秋の花です。

小さい紅いツブツブの花が縦に並ぶように咲きます。

愛してるは、一番上の一粒だけにして、あとは数々のコトバをつむいで、自分の気持ちを語ってみてはと思います。

バカのひとつ覚えみたいなアイシテルじゃなくて。

この句も読まれています。

凍 滝 の 裏 の つ ら ら の 雫 か な ときどき通る、ダムに通じる、山道と言うほどではない 春先なら緑あふれる森林浴パワー全開の細い道。 このところのあまりの寒さに、山間の、滝と言えるかどうか それでも普段は一応水の流れ落ちる涼やかな音を立てている小さな滝はつららの結集のように姿を変えた。 すべてが凍りついたわけではなく、裏側の氷柱は完全...
秋暑し 強者(つわもの)共の 献血車 この暑い中、血を抜くなどとんでもない。 それでなくとも熱中症に脱水、 死んでしまう。 福祉プラザ前の献血車には、ツワモノが数人。 あとの人は、見えないふり。...
鬼灯を 玄関に置き 厄払い はたして、ホウズキなんかで厄払いができるものか、ほんの気分 赤いし、かわいい。 わたしは、掃除したあと、何か草木を飾ります。 道端のエノコログサでも、もみじのはっぱでもなんでもいい。 ほんの2,3本...
夕 陽 浴 び 欅 ( けやき ) 紅 葉 の 降 り しき る... Japanese zelkova / Zelkova serrata / 欅(ケヤキ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 大木である。秋の夕暮れ太陽の最後の力を浴び、いちだんと大きく見える。小高い丘から、色づいた葉を落とす姿は見ていて、時間が経つのを忘れるほど感動的である。この瞬間を目に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください