水 引 草 て っ ぺ ん の 一 粒 は 愛

みずひきそう てっぺんのひとつぶは あい

世の中に、「愛してる」が溢れかえっているようで、気に入らないのです。

そもそもいつの頃から、日本人は「愛してる」なんて言うようになったのでしょう。

好きとか、いつもアナタのことを考えていますとか、アナタを想うと眠れないとかと、愛してるは、別物だとおもうから。

ミズヒキソウ、秋の花です。

小さい紅いツブツブの花が縦に並ぶように咲きます。

愛してるは、一番上の一粒だけにして、あとは数々のコトバをつむいで、自分の気持ちを語ってみてはと思います。

バカのひとつ覚えみたいなアイシテルじゃなくて。

この句も読まれています。

小 豆 炊 く 厨 は 未 だ 白 熱 灯 あずきたく くりやはいまだ はくねつとう 最近のアズキは直ぐ火にかけろと書いてあります。 少し前までは、一晩水に漬けてとあったのですが、品種改良が進んだのか、お手軽になりました? それでもイヤというほどトロトロに煮てからでないと、砂糖を入れた瞬間、アズキは煮えなくなります。 硬ければ硬いまま...
空き家(いえ)に 風通しおり 夏果てぬ... 老人ホームに移った人の家に、風を通した。 秋の風だった。
水 中 花 寂 し き ほ ど に 嘘 を つ き... すいちゅうか さむしきほどに うそをつき 現代版水中花は、水ではなく何か花をイキイキと持たせる液体に浸けてあり、本物か作り物かよくわからないほど精巧にできています。 水に造花をドボっと漬ける水中花は 昔からあり、堂々と窓辺に飾られていたものでした。 花は、紙や木片で作られ、毒々しいほど鮮やかな...
ダイヤルを 回して遠き まんじゅしゃげ... 秋の日には、遠い遠い思い出を手繰り寄せたくなります。 大胆にもネットで調べて、ダイヤルすることも。 どうせがっかりするのですけど。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください