水 仙 に 海 風 あ ん ま り 痛 過 ぎ て

すいせんに うみかぜあんまり いたすぎて

海に向かう丘一面に水仙が広がっています。

風が強いので、そろって陸側にかしいでいますが、それでも容赦ない海風には閉口気味。

ふつうの風とちがって、潮風は、さらにキツそう。

この寒風をのりこえれば、おだやかな海と風があることを知っているので、頑張っているのです。

この句も読まれています。

花 殻 を 摘 み 来 年 も シ ク ラ メ ン... シクラメンもポインセチアも、咲き終わった花や、黄色に変色した葉を小まめに茎の部分から抜き取ることが大切。 そうすることで、株はもっと花をつけ、元気になる。 長持ちする。 もらったまま、放りっぱなしの花を見ると、かわいそうにと思う。 わたしは花を買うことや植えることには熱心になれないけれど、頂いた花を...
空 き 家 な ら 凩 容 赦 な く 叩 き あきやなら こがらしようしゃ なくたたき 隣家が売りに出されました。 長く一人暮らしをなさっていたのだけれど、クルマが軽に変わり、それもいつしか消え、弁当屋や、若い、いかにもヘルパーさんらしき人が出入りするようになり、ついに引越しのトラックが横付けされました。 秋のはじめの頃だったのですが、閉...
九 十 九 島 ( つくもじま) 軍 港 隠 し 秋 高 し... 佐世保の針生無線塔、太平洋戦争勃発時、戦闘開始の電信を送ったとして、あれこれの映画にも登場した。 奥まった港には、軍艦とおぼしき船体が幾つもあり、海上自衛隊の重要基地であること歴然である。 以前佐世保出身の高齢女性が言うには、海軍さんには嫁に行くなと、言われていたと。 制服を纏った姿は雄々しいものの...
黄落の 落葉ぬかるみ 足取られ 秋の雨が一面の落葉を打つ。 雨は次第に激しくなり、落葉はずぶずぶになる。 落葉があるために、下の様子がわからず、ぬかるみにはまる。 思うようにいかない。 iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください