水 仙 に 海 風 あ ん ま り 痛 過 ぎ て

すいせんに うみかぜあんまり いたすぎて

海に向かう丘一面に水仙が広がっています。

風が強いので、そろって陸側にかしいでいますが、それでも容赦ない海風には閉口気味。

ふつうの風とちがって、潮風は、さらにキツそう。

この寒風をのりこえれば、おだやかな海と風があることを知っているので、頑張っているのです。

この句も読まれています。

根 っ か ら の 遊 び 人 な り 麦 嵐 ねっからの あそびにんなり むぎあらし 随分むかしのこと。 これはもう病気じゃないかと思う人がいた。 確かにモテる。 特徴はまず、マメで、聞き上手。 お顔は大したことはないけれど、声がいい。 たいていのイイオトコと呼ばれるオトコで、声のワルい人はあまりいない。 モテると言うより、オンナが放さないと...
終 わ ら な い 女 の 話 梅 雨 の 空 聞きたくない話が続く。どうしてこの人は、わたしがきりあげたがっていることに気がつかないのか。相槌も打つ。笑いもする。だけどなにか感じるだろうに、ふつうなら。おめでたいのか、厚かましいのか。延々と続く。...
うそ寒し 人のえにしは 猫の目の 一番危ういもの、一番あてにできないものは、人間の関係です。 同性でもそう、男と女に至っては、もうはかないものです。 でも人生にはそれを理解しない、はかなさを信じない、時期があるものです。 理解しても、やっぱり踊らされ、落ち込み、わかっていてもどうにもできない時期もあります。 まだ懲りないのか、あきれ...
百 日 紅 月 の 光 に 蒼 く 染 む さるすべり つきのひかりに あおくそむ サルスベリ。 どこにでもある庭木で、赤みがかったピンクが本流。 たまに白もあるようです。 秋の、みごとな月明かりのもとでは、ピンクがあおになるから不思議です。 見渡せば、石も道も青々としています。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください