水 仙 に 海 風 あ ん ま り 痛 過 ぎ て

すいせんに うみかぜあんまり いたすぎて

海に向かう丘一面に水仙が広がっています。

風が強いので、そろって陸側にかしいでいますが、それでも容赦ない海風には閉口気味。

ふつうの風とちがって、潮風は、さらにキツそう。

この寒風をのりこえれば、おだやかな海と風があることを知っているので、頑張っているのです。

この句も読まれています。

笹 を 引 く 音 に 付 い て 来 ( こ ) 雪 女... 笹 〜 Arrow bamboo / koziro 大きな竹を一本、山から切り出し、道路を引いている。思いのほか大きな音がする。ザーザーと、引いている本人には、ほかの音は耳に入らぬ。山の雪女も、笹に紛れて、音に紛れて、里に降りてきたかもしれぬ。...
ぶらんこの 鎖解いて(ほどいて) 春浅し... ぶらんこの鎖は、昔のまんま。 ときどきへんにつり上がって、戻すのに苦労する。 両手で、引っ張ったり、回したり。 手は冷たくなって、錆臭い。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
法 師 蝉 家 族 写 真 の セ ピ ア 色 ほうしぜみ かぞくしゃしんの セピアいろ 手軽に写真を撮れる今とちがって、わざわざ写真屋さんに赴き、言われるままに、立ったり座ったりして家族写真というものを撮っていた時代があります。 ふだんは思い出しもしないこれらの写真は、遺品整理や、リフォームや、家族構成が変わって、大きな模様替えなどが必要なと...
こ ん な 色 訝 し げ な り 枯 蟷 螂 こんないろ いぶかしげなり かれとうろう 夏場は緑色に輝いて鎌を振りかざしていたカマキリも、もうそろそろ命の終わりを迎えます。 身体は枯葉色に変わっていきます。 何気なく振り上げた鎌、ひねった胴体のあたりか、自分も此処まできたかと客観的に己を見ていそうな雰囲気があります。 まだまだ勢いのあるときに...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です