水 仙 に 海 風 あ ん ま り 痛 過 ぎ て

すいせんに うみかぜあんまり いたすぎて

海に向かう丘一面に水仙が広がっています。

風が強いので、そろって陸側にかしいでいますが、それでも容赦ない海風には閉口気味。

ふつうの風とちがって、潮風は、さらにキツそう。

この寒風をのりこえれば、おだやかな海と風があることを知っているので、頑張っているのです。

この句も読まれています。

鐘の音の 遠くにありて 春曙(しゅんしょ)かな... 明け方に、遠い鐘の音。何処かわからない のだが寺院の鐘の音。寝ていれば聞こえな いが、うつらうつらしていたり、目が覚め かかっているときは聞こえる。春の夜明け 遠い鐘、遠くを列車の行く音はなかなかい いもの。...
蛍 出 で 闇 夜 の 更 に 深 ま り ぬ ほたるいで やみよのさらに ふかまりぬ 梅雨の今ごろは、あっという間に日が落ちて、そのうえ闇がとても深い。 ホタルに目が行き、追っていれば、更にやみ夜は深くなる気がします。...
子 は 育 ち ピ ア ノ は 鳴 ら ず 水 仙 花... こはそだち ぴあのはならず すいせんか 一斉に建てられた団地は、同じような世代の両親と、小学生に溢れかえって、イキイキと活気のある町でした。 今のように、働くお母さんは少なくて、幼稚園も同じ、小学校も同じママ友は、いつもいつも仲良しではなく、派閥が出来たり、 揉め事が起きたり、PTAの役員を押...
九 州 場 所 こ れ よ り 冬 帝 統 治 な る... きゅうしゅうばしょ これより とうていとうちなる いよいよ九州場所。 11月の風物詩。 そぞろ寒い状態が、はっきり季節を変えた感じでしょうか。 大好きな11月が行くと、世間は一気にクリスマスそして年末に向けて走り出します。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください